ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

現役の修道士が飲むワインはどんな味? 世界遺産のパンノンハルマ修道院で造られるワインを飲みながら、日本の伝統芸能の落語をオンラインで楽しむ会を開催します!!

現役の修道士が飲むワインはどんな味? 世界遺産のパンノンハルマ修道院で造られるワインを飲みながら、日本の伝統芸能の落語をオンラインで楽しむ会を開催します!!
3回目を迎える「オンラインワイン寄席」。今回は世界遺産のパンノンハルマ修道院(ハンガリー )が修道士のために造るワインを飲みながらお家で落語を堪能できます。ワイナリーからの中継も予定しています。
金原亭馬生一門の協力で行われる、 2020年7月16日(木)開催の「第3回ヴィノテラスワイン寄席」。 今回は金原亭馬玉氏と金原亭馬太郎氏が出演します。 世界遺産のパンノンハルマ修道院のワインとハンガリー 伝統のトカイ種で造られるワインを飲みながらゆっくりと落語を楽しめます。
https://vnts.jp/event/live/1193/
  • パンノンハルマ修道院


 上空からみたパンノンハルマ修道院、 丘の頂上に修道院があり、 中腹に修道院が運営するワイナリーがあります。 ここで造られるワインは普段修道士が飲んだり、 ミサに使われます。
 
  • 出演者

金原亭馬玉氏

金原亭馬太郎氏
 
  • ワイナリーから生中継
今回は生産者のタマシュ氏 が中継で登場し、 修道院で造られるワインについて店長のダニエルと解説します。
ワインを造っている現場をみながら、 ワインを楽しみましょう。
 
  • パンノンハルマ修道院(ハンガリー )について
葡萄畑にかこまれた丘の上の修道院。 1000年もの間、 ぶどうを収穫してワイン作りに力を注いできた派修道士たちの住が今も生活しています。 現存するハンガリー最古の修道院は今でも学校や修道院として使われており、 葡萄畑のある丘と森も含めて1996年に世界遺産に登録されました。
 
  • イベント開催要項
主催:ヴィノテラス
開催日時:2020年7月16日(木) 19:30~
開催場所:Web会議システムZoom

◆木戸銭(参加料):500円(税込み)
◆落語家に合わせたワインのみ比べ セット:
寄席を観ながら楽しめる
世界遺産の修道院で作るワインとハンガリー伝統のトカイ4種類飲み比べセット■35セット限定■
ワイン100ml×4本(白3・赤1)+木戸銭(参加料)
¥3,700(税込)

お申し込みはこちら
https://vnts.jp/event/live/1193/

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=56527&release_id=9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です