ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

全国133店のリアル書店からオンラインイベントへ繋ぐ ~注目のIT評論家・尾原和啓さんを迎え、ネットがリアルを結ぶ書店連動企画~

全国133店のリアル書店からオンラインイベントへ繋ぐ ~注目のIT評論家・尾原和啓さんを迎え、ネットがリアルを結ぶ書店連動企画~
-ハイブリッド型総合書店「honto」-
 大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、 株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto( https://honto.jp/ )」は、 全国133店舗の丸善、 ジュンク堂書店、 文教堂書店、 戸田書店と連携して、 対象書籍の購入者へレシート型クーポン(POSクーポン)を発券し、 Zoomを活用したオンライン開催の読書会へ誘導する仕掛けを7月8日(水)より実施します。

  • 背景と狙い
 hontoでは「ネット社会に合う本の読み方」として、 「拾い読みが前提」「著者や読者との対話」で読書を楽しむ<ペア読書会>を都内カフェやオンライン開催で2019年から定期的に実施していました。
 今回この<ペア読書会>を、 株式会社丸善ジュンク堂書店、 株式会社文教堂と共同開催します。 読書会で読む書籍を含むフェア対象書籍を全国の対象店舗133店で購入すると、 イベント無料招待券が付いたレシート型のクーポンが発券され、 イベントへの誘導の仕掛けとして活用します。 また、 対象書籍の出版社SBクリエイティブ株式会社からは対象書店へ販促POP等で販売支援が行われ、 対象店舗は店頭でフェアを展開します。

 この取り組みによって、 hontoは非目的の購買を促すリアルの強みを活かして<ペア読書会>を想定外の客層へリーチし、 リアル書店はオンラインで著者と会えるというオプションを付けて書籍販売へ繋げます。 また出版社は新刊の販売促進と、 既刊本の売り伸ばしにも活用します。 これまで以上にリアルとオンラインが密接に繋がった取り組みと言えます。
 さらに今回の取り組みに、 IT評論家で、 リアルとオンラインが一体化する世界を説いた『アフターデジタル』著者の尾原和啓さんの賛同を得て、 尾原さんの新刊『あえて数字からおりる働き方』(SBクリエイティブ)でオンライン読書会を開催することが決定しました。 計3回実施する読書会に、 尾原さんもオンラインで参加します。

【尾原和啓さんからのコメント】

 ぼくは書店に育てられました。 書店員さんの想いの込められた棚で出逢った数々の本、 著者、 ことば。 それらで人生の冒険を拡げ、 深め、 今ぼくはここにいて、 嬉しいことにぼくの本が誰かの人生の冒険の一助となるところまで来ました。
 今ネットが全てをつなぎ、 コロナがほんの少しリアルとのつなぎを減らしました。 ネットはリアルをつなぎ魅力を引き出すと、 拙著「アフターデジタル」で書いたことです。 著者の冒険を本だけじゃなく、 Zoom、 サロン、 リアル・ネット双方で同行できる時代に、 書店の力、 書店員さんの想いと著者の冒険が読者の世界をひろげ、 その応援のお金が著者だけじゃなく書店さんやイベント運営者さんにも巡ることで持続的な仕組みになればステキだなと声がけさせていただいたところから今回の取り組みは始まりました。 これをきっかけに、 つながり、 応援の力が巡り続ける「仕組み」が進化していけばうれしいです。

尾原和啓(おばら・かずひろ)プロフィール
マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、 NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、 リクルート、 Google、 楽天など14社で事業企画、 投資、 新規事業に従事。 著書に「アフターデジタル」(日経BP)、 「モチベーション革命」(幻冬舎Newspicks books)、 「ITビジネスの原理」(NHK出版)、 「ザ・プラットフォーム」(NHK出版新書)などベストセラー多数。 2020年7月にSBクリエイティブより新刊「あえて数字からおりる働き方」を刊行。
 
  • 実施概要
■リアル書店での実施概要
詳細はこちら: https://honto.jp/cp/store/campaign/obara.html
〇参加書店:丸善、 ジュンク堂書店、 文教堂、 戸田書店の全国133店のhontoサービス実施店
〇対象書籍:


『あえて数字からおりる働き方』
著者:尾原和啓
出版社:SBクリエイティブ
価格:1,650円(税込)
honto本の通販ストア: https://honto.jp/netstore/pd-book_30221817.html



その他、 SBクリエイティブの6タイトルが対象。

〇店頭フェア開催期間:2020年7月8日(水)~8月7日(金)
・hontoカード(アプリカード含む)提示で対象書籍のhontoポイントが5倍。
・対象書籍購入者へPOSクーポン発券(レシートにイベント割引チケットを入手できるURL記載)

■オンライン読書会の実施概要
詳細はこちら: https://honto.jp/cp/hybrid/campaign/pairdoku.html
〇イベント名:「尾原和啓と考える!“意味のある存在”になる方法」
〇開催日時:2020年7月18日(土)、 7月31日(金)、 8月10日(月・祝) / 各回19時30分~21時30分
〇参加費:1,000円 ※対象店舗で対象書籍を購入すると参加無料
〇開催方法:オンラインミーティングシステム「Zoom」で開催

 


■hontoのペア読書会「ペアドク」

2人でペアになって同じ本を読んで話す「ペア読書」から発展したサービスです。 <その場で拾い読みOK>&<働き方・人間関係・お金などのテーマで対話重視>&<しばしば著者や編集者も参加>の読書会。 2019年から不定期で開催し、 これまでに計10回開催、 満足度100%の読書会です。 2020年3月よりオンラインで実施。 「ペアドク」の名称で2020年7月8日より本格展開します。
URL: https://honto.jp/pairdoku.html
 
  • 今後の展開
 今回の取り組みで一定の効果が得られれば、 参加する出版社、 店舗の拡大を目指して積極的に推進します。 2011年の創業以来hontoは、 丸善、 ジュンク堂書店、 文教堂などのリアル書店と連携した「ハイブリッドサービス」の提供を続けてきました。 今後も、 リアル書店とネット書店の連携の価値を活かして、 ユーザーの読書体験を向上するサービスを展開し、 全国の提携書店をさらに増やしていくことで、 より一層利便性を高めていきます。

 

<ハイブリッド型総合書店「honto」について>
 「honto」は、 ネット書店(本の通販ストア、 電子書籍ストア)と、 丸善、 ジュンク堂書店、 文教堂、 啓林堂書店などのリアル書店を連携させた総合書店です。 「読みたい本を、 読みたいときに、 読みたい形で」提供するサービスで、 本を愛する人をサポートします。
 2020年7月現在、 honto会員は約580万人、 hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは約180店舗で展開しています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト https://honto.jp/

<大日本印刷株式会社 会社概要>
・会社名:大日本印刷株式会社(Dai Nippon Printing Co., Ltd.)  http://www.dnp.co.jp/
・社長: 北島 義斉
・所在地:〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

<株式会社トゥ・ディファクト 会社概要>
・会社名:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)  https://www.2dfacto.co.jp/
・社長:田宮 幸彦
・株主:大日本印刷株式会社
・所在地:〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20

プレスリリース素材ダウンロード

https://prtimes.jp/im/action.php?run=html&page=releaseimage&company_id=9424&release_id=543

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です