ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】7/3-7/9ウィークリーランキング 18thシングル選抜メンバーが発表された乃木坂46と、彼女たちの冠番組が上位に!

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】7/3-7/9ウィークリーランキング 18thシングル選抜メンバーが発表された乃木坂46と、彼女たちの冠番組が上位に!
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 webサイト「ザテレビジョン」にて、 【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=7月3日~7月9日)を発表しました。 【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、 盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。 今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標です。 【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

【人物ランキング】
 1位 乃木坂46/2位 嵐/3位 藤井聡太

 第1位 乃木坂46(1,587,628pt)…7月9日に放送された「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、 8月9日(水)発売の18thシングルの選抜メンバーを発表。 昨年9月に加入した3期生の大園桃子と与田祐希が初選抜ながらWセンターに抜てきされ、 ファンから驚きと喜びの声が寄せられた。 また、 同日にニコニコ生放送の「内場勝則・相良樹・松村沙友理・千菅春香ほか生出演!舞台『FILL-IN~娘のバンドに親がでる~』稽古場から生中継」に松村沙友理が出演。 7月13日(木)~23日(日)に行われる舞台をPRし、 ベースの生演奏を披露した。

 第2位 嵐(235,601pt)…7月6日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)では、 櫻井翔が長瀬智也から、 たびたびネットなどでも話題になっている嵐のメンバー・松本潤との仲を問われ、 「仲悪くない」と断言。 また、 8日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)では、 二宮和也が誕生日を迎える瞬間、 嵐のメンバー5人で飲んでいたが、 二宮の携帯電話が一切鳴らなかったことを大野智が暴露した。

 第3位 藤井聡太(118,405pt)…最年少プロ棋士の藤井聡太四段が、 7月6日に行われた第76期 順位戦 C級2組2回戦で中田功七段に勝利。 プロデビュー後初の黒星で連勝記録が29でストップした7月2日以来の対局だった。 途中、 劣勢だったが、 見事に逆転勝利を果たし、 ファンからさらなる活躍への応援コメントが寄せられた。 また、 7月8日には「NHKスペシャル 徹底解剖 藤井聡太~“進化”する14歳~」が放送された。

【ドラマランキング】
 1位 ひよっこ/2位 貴族探偵/3位 おんな城主 直虎

 第1位 ひよっこ(62,787pt)…7月8日に第84回が放送。 省吾(佐々木蔵之介)の心遣いで、 乙女寮の同窓会をすずふり亭で行うことに。 楽しみにするみね子(有村架純)の様子が描かれ、 久々に乙女寮メンバーが顔をそろえたことに視聴者からも喜びの声が上がった。 女優・川本世津子役で菅野美穂が登場したほか、 冒頭で大河ドラマ「おんな城主 直虎」とコラボしたアニメーションで、 すずふり亭がある場所の由縁を紹介されたことも話題に。 あかね荘の漫画家コンビの漫画も描いている、 海老原優が作画を担当した。

 第2位 貴族探偵(20,990pt)…6月26日の最終回で放送は終了したが、 依然話題を集めている。 最終回は、 貴族探偵と喜多見切子(井川遥)との関係や、 使用人・鈴木(仲間由紀恵)の存在も明らかになり、 全ての謎が解明されたラストに、 視聴者も「感動」の声で盛り上がった。 最終回の平均視聴率が、 関東地区は9.8%だったが、 北海道地区は16.5%(共にビデオリサーチ調べ)と高かったことも話題に。 また、 11月29日にDVD&Blu-ray BOXが発売されることが決定している。

 第3位 おんな城主 直虎(20,032pt)…7月9日に第27回「気賀を我が手に」を放送。 直虎(柴咲コウ)を気賀の城主にするため、 方久(ムロツヨシ)が駆け引きを始める。 だが、 武田・今川の同盟の要である武田義信自害の報せが入り、 中断に。 その後、 直虎は城の普請を請け負うことになった龍雲丸(柳楽優弥)の話にヒントを得て、 ついに井伊が気賀を治めることになった。 公式HP&Twitterでは、 井伊家の家臣・直之(矢本悠馬)と六左衛門(田中美央)のコンビ名募集がスタート。 視聴者からは「何が始まる?」と、 疑問と共に楽しみにする声が上がっている。

【アニメランキング】
 1位 仮面ライダー/2位 ワンピース/3位 キラキラ☆プリキュアアラモード

 第1位 仮面ライダー(87,856pt)…7月9日に「仮面ライダーエグゼイド」の第38話「涙のperiod」がOA。 グラファイト(町井祥真)との戦いで重傷を負った大我(松本享恭)が救急搬送され、 危機を感じた灰馬(博多華丸)は、 飛彩(瀬戸利樹)に力を借りようと連絡を取る。 それを見た正宗(貴水博之)は、 手術にわざと失敗して大我の命を奪えと指令を与えるが、 飛彩は正宗の命令に背き、 大我の命を救った。  

 第2位 ワンピース(77,185pt)…連載20周年を記念したムック第1弾「ONE PIECE magazine Vol.1」が7月7日に発売。 尾田栄一郎による描き下ろしイラストや漫画、 寺田克也とのコラボ企画、 付録のモンキー・D・ルフィ手配書といった充実した内容で、 早速購入したファンからの感想ツイートが寄せられている。 なお、 Vol.2は8月4日(金)、 Vol.3は9月1日(金)に発売。 また、 8月6日(日)には、 人気バラエティーとコラボした「『逃走中』ワンピースコラボスペシャル~海賊ルフィと恐怖のハンター~」(フジテレビ系)が放送決定。 吉田沙保里選手、 橋本環奈、 千鳥ら参戦者を相手に、 麦わらの一味はどんな仕掛けで待ち構えるのか注目が集まる。  

 第3位 キラキラ☆プリキュアアラモード(61,301pt)…7月9日に、 第22話「やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!」を放送。 ホイップらの前に現れたジュリオを見たキラリンは、 彼がフランスで行方不明になった双子の弟・ピカリオだと気づく。 だが、 ジュリオは“ピカリオ”という名前を捨て、 ノワールのしもべになっていた。 また、 番組では7月23日(日)、 30日(日)、 8月6日(日)の放送の最後に発表されるキーワードを集めると、 豪華賞品がプレゼントされるキャンペーンを実施。

【バラエティーランキング】
 1位 マツコの知らない世界/2位 ホンマでっか!?TV/3位 乃木坂工事中

 第1位 マツコの知らない世界(51,040pt)…7月4日、 2週連続企画2時間スペシャル第1弾としてOAされた“パスタソースの世界”“ジェットコースターの世界”“アニソンの世界”が話題に。 アニメソングの魅力に迫る“アニソンの世界”では、 「鉄腕アトム」「新世紀エヴァンゲリオン」「君の名は。 」などの主題歌を取り上げ、 歴代のヒット曲や伝説のアニメを、 音楽評論家・冨田明宏氏が解説。 さらにマツコ・デラックスも憧れたゴダイゴがゲストで登場し、 「銀河鉄道999」の主題歌を熱唱し、 盛り上がりをみせた。

 第2位 ホンマでっか!?TV(22,103pt)…7月5日の放送は、 夏の新ドラマの出演者を迎えた2時間スペシャル。 「ホンマでっか!?人間性診断」のコーナーには、 月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)から山下智久、 新垣結衣、 戸田恵梨香、 比嘉愛未、 浅利陽介が登場。 老けて見られないかどうかの実験では、 山下や新垣がウインクを披露。 SNS上は「ヤバイ!」「カワイイ!」の声で埋め尽くされた。

 第3位 乃木坂工事中(21,463pt)…7月9日の放送では、 乃木坂46の18thシングルの選抜メンバーが発表された。 結果は、 Wセンターとして昨年9月に加入したばかりの3期生メンバー・大園桃子と与田祐希が大抜てきされ、 ファンの間に激震が走った。 信じられない様子の大園は「すごいびっくりしているんですけど、 迷惑掛けないように頑張っていきたいです」と涙目で語った。 一方、 与田も「私は3期生の中でも特に何かできるわけではなくて、 むしろみんなよりできないことばっかで…。 すごい不安なんですけど、 成長できるように頑張ります」と涙した。

【熱トピ】時代を先取りしていた名作特撮ドラマが、 新作アニメーションで復活

 上記4つのランキングには入らないが、 テレビ界で注目を集めているトピック=【熱トピ】では、 グリッドマン(8,966pt)をピックアップ。 アメリカ・ロサンゼルスで開催された「AnimeEXPO2017」で、 1993~1994年にTBS系で放送された特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」のアニメーション版が製作されることが発表され、 話題となった。 手掛けるのは、 「キルラキル」(2013年)や「リトルウィッチアカデミア」(2017年)などを制作したアニメ制作会社「TRIGGER」。

【視聴熱】とは、 SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、 世間で今注目を集めている「番組」や「人物」を発表。 視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、 ザテレビジョン独自の新指標です。 WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、 デイリー、 リアルタイムの視聴熱ランキングを紹介。 視聴率だけでは測れない、 本当に盛り上がっているテレビの話題を、 人々の“熱”から探ります。

●【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

 

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です