ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

パリ・JAPAN EXPO 2017 大盛況のうちに終幕

パリ・JAPAN EXPO 2017 大盛況のうちに終幕
映画「We Are X」の上映ではYOSHIKIが登場し会場を沸かせ、「SAIKO! JAPAN」エリアでは「虹のコンキスタドール」「舞台『弱虫ペダル』」がステージを盛り上げる。
株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、 藤井武彦社長)は、 JAPAN EXPO(パリ)のメインパートナーとして、 2017年7月6日(木)~7月9日(日)の4日間、 パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で開催される「第18回 JAPAN EXPO」の会場中央に位置する日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」の運営・管理に当たりました。
9日、 JAPAN EXPOは最終日を無事に終え、 4日間の会期中に総計570時間以上(トーハン調べ)のオフィシャルプログラムを実施、 多くの来場者が最先端の日本のコンテンツ・文化に親しみました。 また、 「SAIKO! JAPAN」エリアもエリアステージにて33のオリジナルプログラムを実施。 アイドルライブや着ぐるみショーをはじめ、 多くの反響を得ました。 4日間の概要をご報告致します。

会場エントランス
会場エントランス

オフィシャルステージでの「虹のコンキスタドール」ライブ
オフィシャルステージでの「虹のコンキスタドール」ライブ

「We Are X」の上映にゲスト登場したYOSHIKI
「We Are X」の上映にゲスト登場したYOSHIKI

「SAIKO! JAPAN」エリアの動員数は18万人以上。 ステージプログラム数は33。 「虹のコンキスタドール」「わーすた」ライブ、 「舞台『弱虫ペダル』」パフォーマンスが注目を集める。
「SAIKO! JAPAN」エリアでは4日間で延べ18万人以上の動員数があり、 エリア内の「SAIKO! STAGE」ではアイドルやミュージシャンによるライブや、 俳優によるトークショー、 ゆるキャラによる特別観光PRイベントなど、 合計33のステージプログラムを実施しました。
中でも人気が高かったのは、 アイドルグループ「虹のコンキスタドール」と「わーすた」のミニライブ、 また大人気コミックを原作とした2.5次元舞台「弱虫ペダル」のキャストたちによるトーク&パフォーマンスで、 ステージ前には多くのファンが集まり大歓声を上げました。
トーハンでは昨年から「SAIKO! JAPAN」エリア公式SNSを活用した事前のプロモーション活動にも力を入れており、 SNSの情報を見てエリアを訪れたという来場者も多数見受けられました。

「SAIKO! STAGE」での「虹のコンキスタドール」ミニライブにも多くの観客が押し寄せた
「SAIKO! STAGE」での「虹のコンキスタドール」ミニライブにも多くの観客が押し寄せた

同「わーすた」ミニライブ
同「わーすた」ミニライブ

イベント前に舞台をPRする「舞台『弱虫ペダル』」キャストたち。
イベント前に舞台をPRする「舞台『弱虫ペダル』」キャストたち。

その他、 ポケモンストア関西空港店ブースにはパイロット姿のピカチュウが現われ、 一緒に写真を撮ろうと多くの人々が列を作り、 7月4日に現地でリリースされたばかりの「シャドウバース」フランス語版の展示・体験プレイを実施するCygamesのブースは初日に引き続き多くの人々で賑わいました。
最新の日本コンテンツを直接体験できるこれらのブースは来場者に非常に好評で、 来場者に実施したインタビューでは以下のようなコメントも得られました。
「ピカチュウと写真を撮ることができてとても嬉しい。 こんな体験はフランスではなかなかできないから、 またJAPAN EXPOに遊びに来たい」(女性・20代)
イベントでコンテンツを楽しむことができる希少な体験、 というコメントは多く、 現地のブースは軒並み高評価で来場者に受け入れられていたことが伺えます。
————————————-
JAPAN EXPOオフィシャルステージではYOSHIKIが登場し、 会場に「We Are X!」の大合唱が響き渡る。 映画「鋼の錬金術師」の予告編上映では主演の山田涼介さん、 本田翼さんがゲストに。 日本アニメ100周年を祝う「Anime100」企画には日本を代表するアニメ制作者たちが集合。
JAPAN EXPOオフィシャルステージでは、 『ポケットモンスター キミにきめた!』の世界に先駆けた先行試写会など、 多くのプレミアムなイベントが行われました。
中でも注目を集めたのは、 7月7日(金)に上映されたドキュメンタリー映画「We Are X」とYOSHIKIの登場でしたYOSHIKIは2010年の第11回JAPAN EXPOではTOSHIと共に登場し、 4曲の演奏を披露したほか、 翌2011年にはX JAPANとしての公式記者会見を行うなど、 これまでも来場者を感動の渦に巻き込むイベントを多数実施してきました。 JAPAN EXPOへの登場は2年ぶりで、 「We Are X」の本編の上映が終わると会場からは「YOSHIKI」コールが起こり始め、 大合唱の中YOSHIKIが登場。 さらにYOSHIKIが「We Are X!」の掛け声とともに両手で「X」のポーズを作ると、 会場中が「We Are X!」のコールとXポーズに包まれました。

また、 同じく7月7日(金)に行われた『鋼の錬金術師』の実写版映画の予告編上映では、 曽利文彦監督ほか主演の山田涼介さんと本田翼さんが登場し、 フランスへの想いを語ると観客からは熱い声援が飛びました。

その他、 「SAIKO! STAGE」でも活躍したアイドル「虹のコンキスタドール」が今回初めてオフィシャルステージでもライブを行い、 大規模なステージでさらに多くの観客を沸かせ、 「舞台『弱虫ペダル』」は自転車を漕ぐ舞台演出のワークショップを行い、 現地の人々との交流を深めました。

さらにオフィシャルプログラムでは日本人ゲストのイベント以外にも、 ECG (ヨーロピアン・コスプレ・ギャザリング) の決勝大会が行われたり、 たこ焼きや焼きそばなどの屋台に大行列ができるなど、 現地ならではの催しが注目を集めました。

例年同じくコスプレして参加する者も多く、 人気アニメ「進撃の巨人」「Re:ゼロから始める異世界生活」や、 昨年大ヒットした「君の名は。 」等、 さらには日本アニメに限らず、 洋画「スーサイド・スクワット」等のコスプレも見られた。

「X」ポーズを取る観客たち
「X」ポーズを取る観客たち

映画のPRのため来仏した本田翼さん
映画のPRのため来仏した本田翼さん

JAPAN EXPO最大の大きさのオフィシャルステージで行われる「虹のコンキスタドール」ライブ
JAPAN EXPO最大の大きさのオフィシャルステージで行われる「虹のコンキスタドール」ライブ

「舞台『弱虫ペダル』は指名された観客を相手に自転車を漕ぐ演技のワークショップを行い、  会場は大いに盛り上がった
「舞台『弱虫ペダル』は指名された観客を相手に自転車を漕ぐ演技のワークショップを行い、 会場は大いに盛り上がった

集団で「弱虫ペダル」のコスプレを行う参加者
集団で「弱虫ペダル」のコスプレを行う参加者

たこ焼を買うために行列を作る参加者
たこ焼を買うために行列を作る参加者

コスプレを楽しむ参加者
コスプレを楽しむ参加者
コスプレを楽しむ参加者
コスプレを楽しむ参加者

コスプレを楽しむ参加者
コスプレを楽しむ参加者

コスプレを楽しむ参加者
コスプレを楽しむ参加者

4日間の会期を終え、 JAPAN EXPOは閉幕。 今後は8月上旬に主催者からの開催報告が予定されています。 また、 トーハンからも今後「SAIKO! JAPAN」エリアを中心とした、 より詳細な実施報告レポートをリリース予定しております。 来年度の出展に向けたご相談、 質問受付の開始予定も告知いたしますので、 合わせて発表をお待ちいただくようよろしくお願いいたします。


「SAIKO! JAPAN」エリア 出展企業一覧
アソビシステム株式会社、 株式会社アニメイト、 有限会社アランジアロンゾ、 学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学、 株式会社OTOGINO、 株式会社カワダ、 関西エアポート株式会社、 一般社団法人吉報道協会、 株式会社グラウンドワークス:、 株式会社Cygames、 株式会社シムサム・メディア、 一般社団法人ジャパンプロモーション、 株式会社セキグチ、 ティ・アール・エイ株式会社、 一般財団法人日本アートビジネス協会、 日本出版貿易株式会社、 ピクシブ株式会社、 株式会社フジクリエイティブコーポレーション、 株式会社ポケモンセンター、 株式会社マーベラス、 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー
——————————-
《JAPAN EXPOとは / 「SAIKO! JAPAN」エリアについて》
JAPAN EXPOは2000年よりフランス・パリで始まり、 2012年からは毎年の入場者が20万人(昨年度実績:234,852人)出展社が600を超える、 世界最大の日本イベントの一つであり、 漫画、 アニメ、 ゲーム、 アイドルなどのPOPコンテンツをはじめ、 伝統工芸、 文化芸能、 日本食、 先端テクノロジーなど、 幅広いジャンルの文化を紹介し、 その多様性を発信する日本カルチャーの祭典です。 昨年度は11のステージで合計500時間を超えるオフィシャルプログラムを実施、 中でも漫画家の真島ヒロ氏、 ゲームクリエイターの増田順一氏など日本の有名クリエイターがゲストとして登場したイベントは、 欧州中から集まる来場者を熱狂させました。
今年度は、 日本のアニメ100周年を祝う特別企画、 『Anime100(アニメ・サン)』と題した大規模展示や、 『鋼の錬金術師』の実写版映画の予告編上映、 『ポケットモンスター キミにきめた!』の世界に先駆けた先行試写会などの開催が発表されており、 今後も続々と豪華なイベントが発表予定です。
株式会社トーハンはJAPAN EXPOの公式メインパートナーとして2011年より日本企業の出展窓口をつとめ、 会場中央に位置する、 日本企業の出展ブースを集めたエリア『SAIKO! JAPAN』の運営・管理に当たります。 昨年のエリア内ブース数は44ブースと、 2011年当初の2倍となっており、 日本コンテンツの「今」が集まるエリアとして、 毎年会場内でも大きな注目を集めています。 また、 『SAIKO! JAPAN』エリアの中心には、 『SAIKO! STAGE』を設置、 来場者とのコミュニケーションを楽しめるステージとして、 アーティストライブやサイン会、 撮影会、 映像放映など、 様々なイベントを実施、 出展企業の現地プロモーション支援をしています。
今年度はエリア内に過去最大級となる21社、 55ブース規模の展開が決定しており、 多くの来場者を感動させるオールジャパンコンテンツエリアとして、 更なる飛躍が期待されます。

SAIKO! JAPAN  公式SNS》 ※本年度は5月20日よりスタートしました!
Facebook  https://www.facebook.com/saikojp/
Twitter  https://twitter.com/SAIKOJAPAN2017
——————————-
(資料)
JAPAN EXPO イベント概要》
名称:第18回JAPAN EXPO
会期:2017年7月6日(木)~7月9日(日)
会場:パリ・ノール・ヴィルパント展示会場
主催:SEFA EVENT(JTS GROUP)
規模:来場者24万人(予測)、 135,000平米、 出展社648社(2016年実績)
——————————-
《昨年実績》
会期:2016年7月7日(木)~2016年7月10日(日)4日間
会場:パリ・ノール・ヴィルパント展示会場
主催:SEFA EVENT(JTS GROUP)
入場者数:234,852人
出展ブース数:648
日本からの出展ブース数:109

「SAIKO! JAPAN」エリア
出展ブース数:44ブース
ステージプログラム数:30プログラム(4日間)
参考URL: http://tohan.jp/works/oversea/event.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です