ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

【反響続々】「あらすじだけで通勤中に涙がぽろぽろ・・・」ー発売直後から問い合わせ殺到!絵本『ちいさな天使のものがたり』が話題に

【反響続々】「あらすじだけで通勤中に涙がぽろぽろ・・・」ー発売直後から問い合わせ殺到!絵本『ちいさな天使のものがたり』が話題に
Amazonランキング – 書籍売れ筋ランキング、妊娠・出産・子育ての売れ筋ランキング部門で発売直後第1位(2017/7/1現在)7月30日(日)紀伊國屋長崎店でサイン会&原画展開催決定!!
株式会社東洋館出版社(本社:東京都文京区、 代表取締役社長:錦織圭之介)が出版する、 『ちいさな天使のものがたり』(2017年7月1日刊行)が6月30日付朝日新聞の朝刊にて紹介され、 大きな話題になっている。
「手に取り、 思わず泣いた…流産の悲しみ癒やす絵本に共感」と題された記事では、 「お空に帰った赤ちゃんは、 お母さんに会いたくて来たんだよ。 だから自分を責めないで」として本書の内容や刊行の経緯などを紹介し、 「悲しみの中にも幸せにつながるものがあると気づいて、 心からの笑顔を取り戻してもらえたら」と、 著者かわかみさんの言葉を紹介している。

―『ちいさな天使のものがたり』とは
絵本の主人公は「ちいさな天使」。 生きて生まれることができなかった赤ちゃんである。 天使は雲の上から「お母さん」になってほしい女性を探し、 長くは一緒にいられない運命を知りながらも、 そのお母さんのお腹に降りていく。 お母さんとの楽しい、 幸せな時間。 だがやがて、 神さまとの約束の時間がきて、 空に帰っていく・・・。
<内容がわかる特設サイト>  http://www.toyokan.co.jp/news/n19160.html

『ちいさな天使のものがたり』は長崎県で生まれた。 平戸に住み、 街の薬店で販売員として働きながら、 子宝カウンセラーとしても活動しているかわかみせいじさんが、 流産の悲しみを抱える知人女性のために創作した物語だ。 携帯電話を使って作られたこの物語は、 薬店店頭で配られるなどしていたが、 少しずつ話題に。 やがて「これはみんなにとって必要な物語だ。 」と気づいた、 かわかみさんの上司である満行さんの手によって監修され、 画家としくらえみさんの絵と出会うことによって、 絵本として産声を上げることになる。

最初は自費出版として、 500部印刷。 それがFacebookなどSNSや口コミなどを通じて評判をよび、 やがて西日本新聞や朝日新聞地域版、 RKB毎日放送、 長崎国際テレビなどの報道で取り上げられるまでになり、 重版分の500部もほぼ完売に至った。
そしてこのたび「長崎で生まれた奇跡の絵本」として改訂新版し、 東洋館出版社から刊行、 全国販売された。

―読者の声
冒頭の記事はyahoo!ニュースにも取り上げられ、 Twitterなどで広く拡散。 大手通販サイトAmazonでは、 妊娠・出産・子育てカテゴリで1位を獲得した。
現在、 手に取った読者の声も続々寄せられている。

(30代女性)
読んでみました
すごーく温かく優しい気持ちになりました。
これは流産、 死産のお母さんに向けて書かれた絵本ですが、
赤ちゃんを待つ全てのお母さんにとっても素敵な内容なんじゃないかな と思います!
やっぱり本当に空の上で赤ちゃん天使たちは
どのお母さんにしようかなぁ と探してくれてるのかな
そして期間が決まっていても、 ほんの少しの間とわかっていても
お母さんのお腹に行きたいって思って、 来てくれるんですね
娘は空に帰ってしまったけど、 それも約束されてることだったんだな。
だから誰も悪くない、 自分を責めなくてもいい
ありがとうの気持ちを伝えよう(ハート)と思いました。

(30代女性)
今日サプライズで届いた荷物。
送り主は大好きな友達から。
ダンボールを開けるとこの本が。
読んでみると…
それはそれはステキな本でした。
絶対このお母さんがいいと選んでくれたちいさな天使…
神様がちいさな天使に与えた少しの時間…
頑張り屋さんのママのちからを無くさないため…
赤ちゃんはこう思ってくれていたんだと思うと嬉し涙が出ました。
今、 同じ思いで辛いママにはぜひ読んでほしい、 そんな本でした。

(30代女性)
見かけてそのまま予約したらもう即売り切れ…
昨日届いたから、 さっき落ち着いて読んだ
流石に涙がぽろぽろ…
当時の自分に読んで欲しかった本かなぁ
状況や立場で色々あるから…
受け取り方は違うし
響かない人も居るんじゃないかな。
でも素敵な本だと思う
息子たちにも読んでもらおう

(50代女性)
ちいさな天使のものがたり、 拝読させて頂きました。
うるっとしたあとに、 ほっこりしました
天使を亡くした経験はありませんが、
不妊治療の末に我が家に舞い降りてくれた息子の事を想いました。
そうだった。 あれほど望んで、 やっと私の元にやって来てくれた天使だった事を、
思い出しました。 ついつい、 忘れてました。
優しい絵とお話しがすごくよかったです(^^)
めぐり合わせて頂いてありがとうございますm(__)m  

(50代女性)
喜びと悲しみってペアですよね、 大切な人には少しの悲しみも近づけたくない
と思っているのに、 なぜか悲しみを知っていると、 喜びは何倍にも感じることができる。
そして悲しみにすら感謝することができるんですよね。 そんなことを思わせてくれる本でした。
絵や文章からは優しさを感じました。 ありがとうございました。     
 
(20代女性)
感動して泣いてしまいました。 私も以前、 子どもをおろさなければいけなかった
経験があり、 悲しい思いをしました。 でも、 この絵本を読んで、 子どもがそんな風に思って
くれたら嬉しいなぁという気持ちになりました。
自分が悪い・・・と思っているお母さん方も多いと思うので、 気持ちが和らぐ絵本だなと感動しました。
ありがとうございます。  

*****

―母親の悲しみと希望に寄り添い、 心からの笑顔を願う
天使からのメッセージに、 共感の輪が広がっている。  

【書籍情報】
書名:ちいさな天使のものがたり
かわかみせいじ・作 としくらえみ・絵 満行勝・監修
判型:A5判
ページ数:32ページ
発行日:2017年7月1日
本体価格:1200円
ISBN:9784491033624
発行元:株式会社東洋館出版社
特設サイト: http://www.toyokan.co.jp/news/n19160.html
『ちいさな天使のものがたり』公式twitter: @angel_toyokan
Amazonでのお求めはこちら: http://amzn.to/2trqnU3
※7月30日(日)14時から、 紀伊國屋長崎店(長崎市・ゆめたうん夢彩都4階)にて、 著者かわかみせいじさん、 画家としくらえみさんのサイン会と原画展開催決定!
お問い合わせ・ご予約:紀伊國屋書店長崎店 095-811-4919(10:00~21:00)


【東洋館出版社 概要】1948年の創業以来、 教育書の専門出版社として教科教育の分野に注力して出版活動を続けてきました。
1975年の刊行から、 現在まで読み継がれるベストセラー『学びの構造』を皮切りに、 シリーズ累計70万部を突破した『板書 イラストで見る全単元・全時間の授業のすべて』や文部科学省刊行物など、 約1800点の書籍また雑誌が稼働しています。 また近年では『なんのために勝つのか。 』『アーセン・ヴェンゲル』『アスピーガールの心と体を守る性のルール』など読みやすさを追求した一般書の刊行にも取り組み、 好評を博しています。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です