ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

発売たちまち重版決定!! 実況担当アナウンサーが綴った「カープ本」の決定版。歴代優勝監督との対談、カープ戦士たちとのマル秘エピソード…カープファン必携の書!

発売たちまち重版決定!! 実況担当アナウンサーが綴った「カープ本」の決定版。歴代優勝監督との対談、カープ戦士たちとのマル秘エピソード…カープファン必携の書!
「私が愛した広島カープ 歴代優勝監督巡礼+(秘)エピソード集」神田康秋/著 7月21日(金)発売
この度、 雑誌「TV ガイド」や「TV Bros.」を発行する、 株式会社東京ニュース通信社は、 7月21日(金)に『私が愛した広島カープ 歴代優勝監督巡礼+(秘)エピソード集』(神田康秋/著 )を発行いたします。 本書は、 地元放送局・テレビ新広島のアナウンサーとして40年にわたり広島カープを見つめてきた著者だからこそ実現した、 歴代優勝監督(古葉竹識氏、 阿南準郎氏、 山本浩二氏、 緒方孝市氏)との対談を軸にした「カープ本」の決定版ともいえる一冊です。

「私が愛した広島カープ 歴代優勝監督巡礼+(秘)エピソード集」(東京ニュース通信社刊)
「私が愛した広島カープ 歴代優勝監督巡礼+(秘)エピソード集」(東京ニュース通信社刊)

【本書の内容】
1975年に開局したテレビ新広島の第一号アナウンサーとして、 その後の社員生活の大部分をカープとともに歩んできた著者・神田康秋。 同社を退職後も、 フリーアナウンサーとしてカープ戦(ファーム)の実況などを担当。 スポーツの感動を現場から伝え続けている。

「今の若いファンにカープの伝統を伝えたい」という著者の積年の思いを形にしたのが、 本書『私が愛した広島カープ』。 今回、 著者はカープの伝統の継承者であり、 球団にたった4人しか存在しない歴代優勝監督たちを巡礼する。

その4人とは古葉竹識監督(75、 79、 80、 84年)、 阿南準郎監督(86年)、 山本浩二監督(91年)、 緒方孝市監督(2016年)の面々。 いずれも多忙の身でありながら、 「カンちゃんのためなら」(阿南監督)と時間を割いて対談に応じてくれた。 各人に、 当時の考えや思いを改めて聞いていくことで、 「カープの伝統」を浮き彫りにしていく。

この歴代優勝監督との対談のほかにも、 著者がグラウンドレベルで付き合ってきた70~90年代のカープ戦士たちとの(秘)エピソードを今回初披露。 また、 恩師と慕う故・森永勝也(広島監督ののち、 テレビ新広島の専属解説者に就任)氏との思い出、 さらにはカープひと筋の自らのアナウンサー人生についても語っていく。

本書は、 「今の強いカープ」しか知らない「カープ女子」に象徴される新世代から、 チームとともに苦難の歴史を歩んだオールドファンまで、 すべての“鯉人”に送る必携の書です。
 

古葉竹識監督(撮影:中村一昭)
古葉竹識監督(撮影:中村一昭)

阿南準郎監督(撮影:中村一昭)
阿南準郎監督(撮影:中村一昭)

 

 







 

 








 

緒方孝市監督(撮影:島袋浩)
緒方孝市監督(撮影:島袋浩)

 

 

山本浩二監督(撮影:中村一昭)
山本浩二監督(撮影:中村一昭)















 

神田康秋さん(撮影:中村一昭)
神田康秋さん(撮影:中村一昭)





【著者プロフィール】 ●神田康秋
1951年9月24日、 広島県生まれ。 東洋大学卒業後、 テレビ新広島開局の年に同社に入社。 以来、 プロ野球やサッカー、 バレーボール、 陸上競技などのスポーツ中継を担当。 同時にフジテレビ系の「プロ野球ニュース」で広島戦の担当アナとして、 その知名度は全国区に。 テレビ新広島退職後の現在もフリーのアナウンサーとして、 地元広島を中心に活躍中。 カープの監督、 選手、 フロントを含め、 公私ともに交流があり、 チームに対する愛情は誰にも負けないと自負する。






【商品概要】
「私が愛した広島カープ 歴代優勝監督巡礼+(秘)エピソード集」神田康秋/著

●発売日:2017年7月21日(金) ※一部、 発売日が異なる地域がございます。
●定価:1,620円(税込) ●仕様:四六判、 ソフトカバー
●発行:東京ニュース通信社 ●発売:徳間書店
全国の書店、 ネット書店でご購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です