ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

―暑い夏がやってきた!プロレス・格闘技を見るなら「J:COM TV」が熱い―“真夏の最強戦士決定戦”『G1 CLIMAX 27』を7月20日、生中継!

―暑い夏がやってきた!プロレス・格闘技を見るなら「J:COM TV」が熱い―“真夏の最強戦士決定戦”『G1 CLIMAX 27』を7月20日、生中継!
「J:COMプレミアチャンネル」にて4大会をテレビ独占生中継決定~オカダ・カズチカ選手から“プ女子”へオリジナルメッセージ~
株式会社ジュピターテレコム(J:COM、 本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:井村 公彦)は、 新日本プロレス『G1 CLIMAX 27』の東京での初戦となる7月20日(木)後楽園ホールでの試合を皮切りに全4試合、 スポーツや音楽など選りすぐりの番組をお届けする「J:COMプレミアチャンネル」(299ch)でテレビ独占生中継*1いたします。

     <「ざっくぅ」*2を手に乗せ、 「レインメーカー」ポーズを決めるオカダ・カズチカ選手>

◆『G1 CLIMAX 27』 J:COM特設サイト:
http://www2.myjcom.jp/special/tv/sports/g1climax/
オカダ・カズチカ選手のフォトインタビューは、 7月20日(木)公開予定
※特設サイトからリンク

『G1 CLIMAX』は、 新日本プロレスが主催する大会の中で年間最大級のシリーズ。 現・IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手や棚橋弘至選手など新日本プロレスを代表する人気レスラーが大集結し、 新日本最強のレスラーを決定する“真夏の最強戦士決定戦”として大変注目を集めている大会です。

J:COMでは「J:COMプレミアチャンネル」で独占生中継を行う4試合をはじめ、 「テレ朝チャンネル2」「FIGHTING TV サムライ」での放送をあわせ、 全19大会のうち、 14大会を生中継でお楽しみいただけます。 また、 放送に先駆け、 端正な顔立ち、 唯一無二の存在感で、 プロレスに興味のなかった女性層の心をつかみ、 “プ女子”ブームの立役者であるオカダ・カズチカ選手から大会を前に、 “プ女子”に向けてメッセージをいただきました。

「テレビ画面から目をそらさないでください!細かい技術、 選手の息遣い、 ちょっとした表情など、 見逃さないでほしい。 僕たちもテレビの前の皆さんが自然と声が出てしまうような試合をやりますので、 選手のツラい表情、 喜怒哀楽を見て、 熱くなって欲しいです。 ちなみに僕のお気に入りの筋肉は、 太もも。 いつもは隠れてるけど、 たまに見える筋肉のライン、 キレは僕の“絶対領域”なので注目して(笑)。 プロレス漬けの夏にしてください!」

東京で開催される初戦となる7月20日(木)後楽園ホールでの大会にオカダ・カズチカ選手が出場する予定ですので、 会場に行けない方はぜひ、 テレビの前で応援しましょう!また、 J:COMのTVサービス「J:COM TV」では、 さまざまなプロレス・格闘技をご覧いただくことができます。 夏本番となるこれからの季節、 “暑い”夏には選手たちの“熱い”戦いを「J:COM TV」でお楽しみください。

*1 新日本プロレス公式動画サイト「新日本プロレスワールド」(有料)では全試合ライブ配信
*2 ケーブルテレビのインターネットサービス「ZAQ」のキャラクター。 2003年に関西エリアに登場し、 J:COM各局をはじめ多くの提携ケーブルテレビ局でご利用いただいております。

◆『G1 CLIMAX 27』 -「J:COMプレミアチャンネル」で4大会独占生中継
<放送スケジュール:「J:COMプレミアチャンネル」>
7月20日(木) 18:30~ 東京・後楽園ホール
7月23日(日) 18:00~ 東京・町田市立総合体育館
7月25日(火) 18:30~ 福島・ビッグパレットふくしま
7月27日(木) 18:30~ 新潟・アオーレ長岡

*「J:COMプレミアチャンネル」について
スポーツや音楽など選りすぐりの番組をお届けするチャンネルです。 J:COMのTVサービスで「J:COM TV スタンダードプラス」と「J:COM TV スタンダード」のご加入者さまが無料でご視聴いただけます。
※放送作品によって、 視聴方法、 ご視聴いただける方が異なる場合がございます。

◆オカダ・カズチカ選手への大会直前インタビュー


■J:COMがテレビ独占生中継する東京での大会初戦、 7月20日(木)東京・後楽園ホールで開催される試合は、 オカダ選手にとって『G1 CLIMAX 27』Bブロック公式戦の初戦。 試合への意気込みを教えてください。

「長丁場のシリーズなので、 スタートダッシュが全てという訳ではありませんが、 IWGPのチャンピオンが初戦でつまずく訳にはいかないですからね。 しっかりとチャンピオンの存在感を見せつけたい。 G1は気を抜いたらダメなシリーズですから、 1回負けることがあとに大きなダメージになってくる。 矢野さんの戦法に惑わされないようにして、 しっかり勝ちたいと思います」

■『G1 CLIMAX』ならではの見どころを教えてください。

「普段は“かっこいい”技を選んでいますが、 G1なんで逆にみんなのブサイクなところを見て欲しいですね。 ボロボロなところも。 見ちゃいけないもの見ちゃった、 みたいな(笑)色んな選手が必死に闘っているところが見られるのもG1の一つの要素なので。 そして、 何より皆さんの記憶に残るG1にしたい。 誰が見ても“あのときのあの試合ね”と覚えているような、 記憶に刻まれる闘いをしたいですね」

■取材時の裏話
どんな質問にも真摯に応じてくれたオカダ選手。
取材に立ち会ったスタッフ全員(男性も女性も)をその人柄で魅了、
さらに真剣な表情の合間に見せる笑顔に、 立ち会った女性スタッフたちは釘づけ。
撮影時に「ざっくぅ」を手に持ってポーズして欲しいとリクエストすると、 はにかみな
がら、 やさしく「ざっくぅ」を扱う姿がまた女子たちの心をくすぐっていた。

 


◆J:COMで見られるプロレス・格闘技コンテンツ(7-9月)
詳細はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=c-7676-2017071217-00cd9c07b6c5de272978edcde83bf90a.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です