ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

プリンセス・クルーズのプロジェクト・アンバサダーを務める山本侑貴子さんダイヤモンド・プリンセスに二十歳を迎えた息子さんと初乗船

プリンセス・クルーズのプロジェクト・アンバサダーを務める山本侑貴子さんダイヤモンド・プリンセスに二十歳を迎えた息子さんと初乗船
~クルーズならではの『親子水入らずのゆったりとした時間』を満喫~

 

 

キャプテン主催のウェルカム・パーティにて
キャプテン主催のウェルカム・パーティにて

プリンセス・クルーズの2017年日本発着クルーズ プロジェクト・アンバサダーを務める食空間プロデューサーの山本侑貴子さんが、 ダイヤモンド・プリンセスで行く2017年6月13日(火)神戸発 『グランド北海道周遊と知床クルージング・サハリン11日間』に乗船し、 プリンセス・クルーズを初体験しました。

2016年12月のアンバサダー就任時から、 「二十歳を迎えた息子と船上でワインを味わうのが楽しみ」と息子さんとの旅を心待ちにしていた山本さん。 初日には、 さっそくお部屋のバルコニーで、 息子さんの誕生日を祝って、 シャンパンで乾杯。 小樽や函館、 コルサコフ(ロシア)などの寄港地観光や、 船内では、 日本式大浴場『泉の湯』やスパ、 寿司レストランの「海寿司」、 また、 息子さんと共に船内すべてのバーの制覇を目指してバーホッピングを楽しむなど、 様々な体験をされました。 バーでは海外からのゲストと盛り上がり、 毎晩同じテーブルを囲んだ二組のご夫婦とは、 お互いの一日の過ごし方を報告し合うなど、 親子水入らずのゆっくりとした時間を過ごすと同時に、 出会いもあり、 充実した11日間のクルーズを満喫されました。

■船内で印象に残った体験は?
毎回楽しみにしていたのは、 プロダクション・ショーをはじめとする船内プログラム、 と話す山本さん。 12月のアンバサダー就任時は、 本格的なショーが船内で観られるとは想像もしていませんでした。 歌やダンスのパフォーマンスは素晴らしく、 『アイ・ガット・ザ・ミュージック』、 『ブラボー』、 『アレックス&マグダレーナの社交ダンスショー』をはじめ、 毎晩どんなショーが見られるかわくわくしていました。
また、 キャプテン主催の『ウェルカム・パーティー』では、 フォーマルのドレスコードに合わせて親子でドレスアップ。 参加されている方も皆、 とても素敵で、 まさに映画で見たような客船の雰囲気を味わえました。

▲ウェルカム・パーティーにてジャパニーズ・エンターテイメント・ディレクターのミキコさんとデュプティ・クルーズ・ディレクターのリンさんと一緒に記念撮影。
▲ウェルカム・パーティーにてジャパニーズ・エンターテイメント・ディレクターのミキコさんとデュプティ・クルーズ・ディレクターのリンさんと一緒に記念撮影。

 


■息子さんの二十歳のお祝いはいかがでしたか?
初日に、 お部屋のバルコニーで、 息子の二十歳の誕生日を祝ってシャンパンで乾杯しました。 さらにディナーでは、 特別にバースデーケーキを用意して頂き、 同じテーブルの皆さまにも祝って頂いたのがも嬉しかったです。 二十歳のお祝いをはじめ、 何かの節目をクルーズでお祝いするのは最高の思い出になると思います。 お酒を飲める年齢になったということもあり、 息子と二人で「船内のバーを全制覇しよう!」と『カリプソ・バー』、 『ホイールハウス・バー』、 『エクスプローラーズ・ラウンジ』など船内の様々なバーを満喫しました。

 

  ▲ディナーでのケーキサプライズ ▲7デッキのホイールハウス・バー▲14デッキのカリプソ・バーにて
                   で仲良くなったフランシスさんと

■山本さんにとっての「COME BACK NEW=人生を新体験しよう」とは?
プリンセス・クルーズでは、 「COME BACK NEW=人生を新体験しよう」というメッセージを展開していますが、 山本さんにとっての船上での“人生の新体験”について伺うと、 「成人した息子との親子水入らずの時間」と回答。 普段は同じ屋根の下で暮らしていても、 お互いに忙しく、 ゆっくりと話す時間もありませんでした。 今回クルーズという非日常的な空間にいることで、 お互いの気持ちもほぐれ、 またお酒を飲み交わせるようになり、 いつもは話さないような話もしてくれたので、 これまでにない息子との貴重な時間を過ごすことが出来ました。

▲メイン・ダイニングにて息子さんとお食事前に
▲メイン・ダイニングにて息子さんとお食事前に

 

山本侑貴子さんの乗船レポートはこちら:
http://www.princesscruises.jp/why/ambassador2017/

ご本人のブログでも、 今回のクルーズの詳細をご覧いただけます:
https://ameblo.jp/diningandstyle/entrylist-4.html

プリンセス・クルーズについて
世界最大の国際的なプレミアムクルーズラインであるプリンセス・クルーズは、 現在 17 隻の近代的な客船を運航する、 世界的なクルーズ会社。 革新的なデザインの客船で、 食事やエンターテイメント、 施設の豊富な選択肢を、 上質なカスタマーサービスとともに提供。 世界的なクルーズ会社のリーダーとして、 年間200万人のゲストを世界の360以上の目的地に向けて、 3泊から 111泊の日程でバラエティ豊かな150以上のクルーズを運航。
プリンセス・クルーズは、 カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社。

プリンセス・クルーズの主な受賞歴
  • 米国のトラベル関連のウエブサイト「USAトゥデイズ10ベスト.com」リーダーズ・チョイス・アワード2016においてベスト・オーシャンクルーズライン賞第1位、 ベスト・クルーズシップ ダイニング部門にてロイヤル・プリンセスが第1位、 ベスト・クルーズシップ エンターテイメント部門にてリーガル・プリンセスが第一位、 ベスト・クルーズシップファミリー向け客船部門にクラウン・プリンセスが第2位、 リーガル・プリンセスが第3位、 ロイヤル・プリンセスが第6位を受賞
  • 米国クルーズ誌大手「ポートフォール・クルーズ・マガジン」リーダーズ・チョイス・アワード2016にて、 ベスト・中米コース、 ベスト・南太平洋コース、 ベスト・オンボード・ショッピング、 ベスト・シグネチャー・カクテルを受賞
  • 英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2016」において、 「ベスト・クルーズ・ライン賞」を三年連続で受賞
  • 米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」の「トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて「ベスト・クルーズ・ライン・イン・アラスカ」を2015年12月に受賞。 (9年連続の受賞)。 米国でのベストクルーズラインであることが評価され「ベスト・ドメスティック・クルーズ・ライン」を同時に受賞
  • 米国のトラベル関連のウエブサイト「レコメンド」が主催する「リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて、 ベストクルーズライン クルーズコース部門賞を2014年に引き続き2015年12月に受賞
  • 「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、 2015年10月に受賞

【国内での受賞】
  • 日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において2014年度、 2015年度、 2016年度と、 プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、 客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」、 「総合部門第3位」を三年連続で受賞
  • 神戸市におけるクルーズ振興に貢献した功績が評価され、 神戸市より「Cruise Line of Excellence」を2016年11月に受賞
  • 第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、 観光関連産業部門の部門賞を、 2015年8月に受賞
  • 日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、 2015年6月に受賞 日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、 プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です