ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

お江戸の夜は「手筒花火」でええじゃないか!豊橋発祥の手筒花火をららぽーと豊洲で放揚

お江戸の夜は「手筒花火」でええじゃないか!豊橋発祥の手筒花火をららぽーと豊洲で放揚
豊橋発祥の「三河伝統手筒花火」を都内で見ることができる唯一の特別イベント。10メートル以上立ち上る火柱と、突然訪れる「ハネ」は大迫力。
豊橋市は7月15日(土曜日)の夜、 東京都江東区の「アーバンドック ららぽーと豊洲」で豊橋発祥の手筒花火を放揚します。 勇壮な手筒花火の迫力を体感してもらい、 その魅力を発信するとともに、 9月に豊橋市で開催される手筒花火の一大イベント「炎の祭典」への誘客を図ります。
【手筒花火プロモーション in 豊洲について】
日時 平成29年7月15日(土曜日)19:00~20:00
会場 アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区豊洲2-4-9)
内容 手筒花火放揚、 和太鼓演奏「大崎文化保存会 しおかぜ太鼓」(鑑賞無料)

【450年以上の歴史を持つ、 伝統の手筒花火】
竹筒に火薬を詰めた花火を人が抱えて揚げ、 10m以上の炎を吹き上げる手筒花火。 この手筒花火の発祥は豊橋市の吉田神社であると言われ、 450年以上の歴史があります。 本来祭礼時に神前で奉納されるもので、 豊橋市内では多くの地域で放揚されおり、 年間4,000人以上が手筒花火を揚げています。

夜空に吹き上がる火柱は10メートル以上にも
夜空に吹き上がる火柱は10メートル以上にも


【自らの手筒に魂を込める、 準備1か月】
手筒花火は「自分の手筒は自分で作る」という昔からの風習に習い、 揚げ手が約1か月を費やして自らの手筒を作っています。 竹林へ手筒花火に適した竹を取りに行くところから、 竹の節を取り除く「節抜き」、 噴出口を作る「鏡入れ」、 筒に荒縄を巻く「繩巻」、 そして火薬を詰める「手筒込み」まで、 すべての工程を自分の手で仕上げていきます。

繩巻きは手間がかかり、  根気のいる作業
繩巻きは手間がかかり、 根気のいる作業


【観る人々の心を魅了する、 燃焼30秒】
火が付いた手筒を揚げ手が抱えると、 筒から吹き上がる火柱が夜空をめがけて舞い上がります。 その高さは10メートル以上にも及び、 豪快な火柱が一瞬で夜空を彩ります。 手筒から吹き上がった火柱は、 火の粉となって滝のように流れ落ち、 無数の火の粉が揚げ手に降り注く様には、 他の花火にはない迫力と美しさがあります。

火の粉は中空で勢いをなくして落ち、  身体に当たります
火の粉は中空で勢いをなくして落ち、 身体に当たります


【突然訪れる、 驚きのクライマックス】
手筒花火の火薬が強さを増しながら燃焼していき、 筒の中の圧力が最大となったとき、 「はね粉」と呼ばれる火薬に火が付き、 豪快なさく裂音を轟かせながら、 筒の底が抜けて揚げ手の足元で爆発します。 その時の轟音と揚げ手の足元に広がる炎が、 手筒花火の最大の特徴です。

一瞬の轟音の後で訪れる静寂
一瞬の轟音の後で訪れる静寂


【圧巻の23本同時放揚!「炎の祭典」】
豊橋市では、 9月9日(土曜日)に手筒花火の観光イベント「炎の祭典」が開催されます。 最大23本の手筒花火一斉放揚やプロ和太鼓集団「志多ら」による迫力ある演奏のほか、 打ち上げ花火や仕掛け花火など、 花火を存分に楽しめるイベントです。

■第22回 炎の祭典
  http://www.toyohashi-cci.or.jp/event/honoo/

23本の同時放揚は圧倒的な存在感!
23本の同時放揚は圧倒的な存在感!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です