ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

海岸で誰より肌の危険にさらされているのは安全を守るライフガードだった!ライフガードの肌を守るため 男たちが日焼け止めを塗るサービス「LIFEGUARD GUARD」を海の日から逗子海岸で開始!

海岸で誰より肌の危険にさらされているのは安全を守るライフガードだった!ライフガードの肌を守るため 男たちが日焼け止めを塗るサービス「LIFEGUARD GUARD」を海の日から逗子海岸で開始!
ビーチで1時間受ける紫外線量は日常生活1日分に匹敵、 さらに紫外線量は2年連続上昇中。そんな中で日本人男性のスキンケア意識を改革!
 メンズコスメブランドBULK HOMME (運営:TSUMO・JP株式会社BULK HOMME事業部 責任者:野口卓也)は、 日本一安全なビーチを目指す逗子海岸営業協同組合の協力のもと、 強い紫外線の影響を受け続けるライフガードの肌を守るため、 一定値を超えた紫外線量を察知すると、 彼らを監視する男たちが日焼け止めを塗りに出動するサービス「ライフガードガード」を2017年7月17日(月・祝)海の日から7月19日(水)までの期間限定で実施致します。

BULK HOMME(以下、 バルクオム)は、 男性美容に対する偏見を打破するべく、 ビーチの安全を守るため日常的に紫外線による危険に晒され続け、 強烈な肌ダメージを受けてしまっているであろうライフガードの男性達に着目。 日焼けした肉体美が賞賛される象徴的な存在のライフガードに、 日焼け止めを塗るというサービスを通し、 彼らとビーチの来場者に紫外線から肌を守ることの重要性を訴えます。

気象庁は、 2015年から2年連続でUVインデックス(紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、 紫外線の強さを指標化したもの)が上昇しており、 今年もさらに高くなると発表をしています。 これから紫外線が高くなる時期において、 ビーチは紫外線を遮るものがないため特に紫外線の影響を受けやすい場所といえます。

ライフガードガードは、 ライフガードを監視するための物見やぐらを逗子海岸に設置し、 UVセンサーによってビーチの紫外線量を常時測定。 紫外線量が一定の数値を越えるとサイレンが点灯し、 それを合図にライフガードガードが出動。 肌への負担が少ない日焼け止め「THE SUNSCREEN(ザ サンスクリーン)」をライフガードたちに直接塗りたくる、 というユニークなサービスです。 また、 来場者には「THE SUNSCREEN」を配布し日焼け防止を促す活動も実施。 日本一安全なビーチを目指す逗子海岸と、 日本人男性のスキンケア意識改革を図るバルクオムならではの取り組みとなっています。 また本施策のコンセプトムービーを本日より公式YouTubeチャンネルにて、 また、 特設WEBサイトも公開いたします( https://bulk.co.jp/lifeguard-guard/ )。

 

 

海岸営業協同組合は、 海岸関係者、 関係機関、 市民団体及び市民とともに安全・安心で快適な海水浴場の運営に取り組んでいます。 日本一安全なビーチを目指す逗子海岸のサポートのもと、 バルクオムはTHE SUNSCREENを逗子海岸の来場者へ配布することで、 より安心して楽しむことができるビーチの実現、 および日焼け防止の重要性を啓蒙することを目的に本プロジェクトを実施しています。



<サービス概要>


<製品概要>

 



■製品説明
紫外線ダメージは肌にとって大きな負担となり、 様々な肌トラブルの原因に繋がります。  夏だけでなく、 365日降り注いでいる紫外線から肌を守りアクティブな毎日を過ごすために、 男性にも日焼け止めを使う習慣を提案するべく、 男性にとっての使いやすさを考え抜いて作られた、 低刺激処方、 且つ、 豊富な美容成分を配合したスキンケア発想の日焼け止めです。

■製品について
製品名:THE SUNSCREEN(ザ サンスクリーン)
内容量:40g価格:2,000円(税別)



■特徴
【6つのフリー】
石油系界面活性剤、 合成着色料、 鉱物油、 シリコン、
紫外線吸収剤、 パラペン 不使用

【石けんで落とせる】
汗皮脂に強いのに、 石けん成分で落とせる独自処方。 クレンジングが不要なので肌への負担も少なく、 男性の毎日のスキンケアにも違和感なく取り入れることができる。

【スキンケア発想】
BULK HOMMEのスキンケアと同様の美容成分を配合し、 紫外線による乾燥を防ぎながら、 アーチチチョーク葉エキスが紫外線による炎症から来る皮膚トラブルの原因を防ぐ。 ※乾燥トラブル


<購入場所について>
BULK HOMME取り扱い店舗: https://bulk.co.jp/shop/
※THE SUNSCREENのお取り扱いの有無は店舗により異なりますので、 各店舗にお問い合わせください。  

<BULK HOMMEについて>
「Simple Luxury」という製品開発コンセプトのもと誕生した男性用のスキンケアブランド゙。 バルクとは、 美容業界で製品の“中身” そのものを指します。 できうる限り上質な素材を使用し、 あくまで製品の中身(バルク)でお客さまの期待に応えます。
BULK HOMME は、 男性のライフスタイルをより充実させるために、 これからも機能的で本質的な製品を提案し続けます。
URL: https://bulk.co.jp



<本企画監修:しのぶ皮膚科 院長 蘇原しのぶ>

医師
東海大学医学部卒業後、 北里大学皮膚科、 獨協大学皮膚科を経て、 白斑専門の新宿皮フ科副院長。 2016年にしのぶ皮膚科開業。
皮膚科・皮膚外科歴13年。
ヒアルロン酸、 ボトックス治療に造詣が深い。
オールアバウト美と健康のガイドでもあり、 執筆、 テレビ、 ラジオ、 などのメディア活動も精力的にこなしている。 日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。 アトピー性皮膚炎治療を専門とし、 アトピーチャンネルの総監修などもしている。


<紫外線が肌に与える影響>
紫外線は細胞を傷つけ、 皮膚トラブルの原因となります。 皮膚トラブルには大きく二つあり、 日射によって皮膚が焼ける「やけど」、 「免疫低下」の二つがあげられます。 免疫力低下は、 風邪を引きやすくなるだけでなく皮膚ガンなどを引き起こす要因でもあります。

<男女における紫外線リスクの違い>
一概には言えませんが男性の方が肌が黒い傾向があり、 黒は光を集めやすく、 その結果、 日焼けしやすいと考えられます。 それに比べ女性は紫外線ケアをきちんと行う傾向があるので、 男性よりリスクが少ないと言えます。

<紫外線を受けやすい場所>
人々は日常生活の中で常に紫外線を浴びていますが、 ビル街や森林に比べ紫外線を吸収してくれるものが何もない海岸は特に紫外線量が多く、 沖や白い砂浜からの反射で、 全方向から紫外線を浴びるため、 注意が必要です。 また、 2015年の調査では、 海で1時間に浴びる紫外線の量は、 日常生活の1日に浴びる紫外線の量とほぼ同じであるとも言われています。 このことから特に日差しの強い日照時間の10時 ~ 15時は特に注意する必要があると言えます。



<逗子海岸について>



■会場
神奈川県逗子市新宿二丁目付近逗子海岸中央海岸組合事務所前

■アクセス
JR横須賀線逗子駅 より徒歩15分
京浜急行逗子線新逗子駅 より徒歩15分




逗子海水浴場は、 「日本一安全・安心で快適なファミリービーチ」を目指しています。 ファミリーを中心とした来場者の皆様に楽しんでいただけるよう海岸関係者、 関係機関、 市民団体及び市民とともに課題や施策を検討協議し、 運営に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です