ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

無口な少年がアルバイトを始めたのは、花言葉を「言霊」にしてしまう、葬式専門の“魔女”の花屋だった……。第2回本のサナギ賞大賞作家・百舌涼一待望の最新作発売!!

無口な少年がアルバイトを始めたのは、花言葉を「言霊」にしてしまう、葬式専門の“魔女”の花屋だった……。第2回本のサナギ賞大賞作家・百舌涼一待望の最新作発売!!
この度『フラワード 弔い専花、 お届けします。 』が株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、 本社:東京都千代田区)より発売されました。

「あなたが死んだら、 誰が笑ってくれますか?」
花言霊屋アルバイト(18歳・男性)


大好きな祖母と、 大嫌いな母を亡くした継実(つぐみ)は、 無口すぎてどこでも働けず、 生活に困っていた。 そんなある日、 喋らなくても会話ができる“自称魔女”の琴花たま子に出会う。 彼女が店主の花屋でアルバイトをはじめた継実だが、 そこはただの花屋ではなく、 「葬式専門」の花屋。 しかも、 たま子が「花言霊」を込めた特別な花を届ける、 花言霊屋だった。

第2回本のサナギ賞で大賞に輝いた『ウンメイト』の著者、 百舌涼一氏による待望の最新刊が文庫で登場です。

■本のサナギ賞とは
「本のサナギ賞」は、 作家・書店・出版社が一丸となって取り組む、 新しいエンタメ小説新人賞として、 2014年に設立されました。 最大の特徴は、 本が大好きな「本の虫たち」=現役の書店員さんに、 「世に出したい!」と期待を込める新人作家の原稿を、 「本のサナギ」として選考してもらい、 大賞ならびに優秀賞を決めることです。

大賞は新人作家のデビュー作としては異例の初版2万部にて書籍化し、 書店員さんと営業担当、 作家が力を合わせ読者の方へ届けます。 最終的に「本のサナギ賞」はサナギからの羽化、 すなわち業界を代表するようなベストセラー新作・新人作家の輩出を目指しています。

【著者プロフィール】
百舌涼一(もず りょういち)
1980年生まれ。 大学卒業後、 広告制作会社に就職。 コピーライターを生業とする。 『ウンメイト』(旧題『アメリカンレモネード』)が第2回本のサナギ賞大賞を受賞し、 小説家デビュー。

【書籍情報】
タイトル:フラワード 弔い専花、 お届けします。
定価:800円(税抜)
発売日:2017/07/12
判型:文庫判・ソフトカバー /360ページ
ISBN:978-4-7993-2123-2
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト: http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321232

【販売サイト】
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4799321234
楽天ブックス: http://books.rakuten.co.jp/rb/15037663/
セブンネット: http://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784799321232
ディスカヴァー・トゥエンティワン: http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321232

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です