ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

スリップノット初のライヴ映画『DAY OF THE GUSANO』9月6日(水)、世界同時一夜限りのジャパン・プレミア上映決定!

スリップノット初のライヴ映画『DAY OF THE GUSANO』9月6日(水)、世界同時一夜限りのジャパン・プレミア上映決定!
本日7月14日(金)正午より、チケット先行発売開始!
 9月6日(水)に、 全世界1,000スクリーンを超える映画館で一夜限りの上映イベントが行われ、 ここ日本でも東京で同時上映されることが発表となった。
 本日7月14日(金)正午より、 チケット先行発売が開始される。 座席数限定の為、 プレミア・シートになるのは確実!!ご購入はお早めに!!!
 

1995年9月にアメリカ合衆国アイオワ州デモインで結成された世界的人気を誇る9人組ヘヴィロックバンド、 スリップノット(SLIPKNOT)。 バンド初のドキュメント・フィルム『DAY OF THE GUSANO/読み:デイ・オブ・ザ・グサノ』が完成し、 そのティザー映像が全世界で一斉公開された。 バンドが結成されてから20年以上経過しているが、 2015年にKNOTFESTでメキシコシティを訪れたのが初めてでバンドの夢のひとつが実現した。 そのメキシコシティでのライヴを記録したドキュメンタリー映画である。 監督はバンドのコンセプトを握る中心メンバーのショーン“クラウン”クラハン(#6)。 猟奇的ライヴ・パフォーマンスや炎等巨大スタジアムでしか体感できないパイロの演出に加えて、 バンド・メンバーの独占インタビューは勿論ですが、 タイトルにも込められてる様にメキシコのマゴット(Maggot:スリップノットのファンの総称)の熱狂ぶりも収録。 ライヴ会場にいるような劇場サラウンドをお楽しみください。 この作品は9月6日(水)に、 全世界1,000スクリーンを超える映画館で一夜限りの上映イベントが行われ、 ここ日本でも東京で同時上映されることが発表となった。 本日7月14日(金)正午より、 チケット先行発売が開始される。 座席数限定の為、 プレミア・シートになるのは確実!!ご購入はお早めに!!!

 あらゆる音楽スタイルを融合させたヘヴィミュージックを得意とし、 2000年代から世界各地で人気拡大し、 この25年間で影響力があるミュージシャンの一つとしてあげられている。 各メンバーが、 それぞれ異なったユニークなマスクを被ってパフォーマンスをすることで有名で、 グラミー賞には何度もノミネートされ、 2006年に行われた第48回グラミー賞では、 シングル『Before I Forget』が『Best Metal Performance』賞を受賞。 14年発売の最新アルバム『.5: The Grey Chapter』はアメリカで1位、 イギリスで2位、 日本で1位、 オーストラリアで1位、 ロシアで1位、 ドイツで2位など19ヶ国のトップ5チャートにランクインした。 1999年のデビュー以来5枚のアルバムをリリース、 日本には2000年以来9度の来日公演を成功させている。

 2012年8月、 自ら主催の『KNOTFEST』を開催。 ここ日本でも2014年、 2016年とSLIPKNOT主催フェス『KNOTFEST JAPAN』が2回開催され、 SLIPKNOTは勿論のこと、 国内勢はSiM、 MAN WITH A MISSION、 Crossfaithなど国内のラウド・シーンを牽引している強豪バンドが軒を連ねた。 マゴット は勿論のこと、 音楽ファンもSLIPKNOT未体験の方も、 楽しめる音楽映画となってる『ご家庭では絶対味わえない』劇場空間で、 SLIPKNOTのライヴを体感しよう!!


■SLIPKNOTドキュメント・フィルム『Day Of The Gusano』ティザー| http://dayofthegusano.com/

■監督|ショーン・クラハン (Shawn "Clown" Crahan #6)

 1969年9月24日生まれ。 1995年加入。 オリジナルメンバーの一人。 バンド・コンセプトにおける中心人物でリーダー。 インタビューなどでは妻や娘への愛情を示したり、 知的な雰囲気を醸し出すなど、 激しいライブパフォーマンスとは違う面を見せている。 マスクは1stアルバムから一貫してピエロをモチーフにしている。 またこのマスクから「クラウン」のニックネームで呼ばれている。 曲中では「Duality」などの曲で金属バットを振り回してドラム缶を叩く事をパーカッションの一部とすることがある。
2016年公開された長編映画『Officer Downe』は、 ショーン・クラハン初監督・脚本を手掛けた。
——————————————————————————————————————–

『SLIPKNOTには叶わぬ夢があった。 そのひとつが、 メキシコ公演をやることだった。 俺たちはいろいろ経験してきたが、 まだ夢があるって素晴らしいことだ。 』

ショーン・クラハン (Shawn "Clown" Crahan #6)

『KNOTFEST Mexicoは、 本当に素晴らしかった。 友だちと他のバンドは勿論だけど、 マゴット(ファンの総称)と一緒にいたのは楽しかった。 それを世界みんなと共有できるんだ。 』

ジェイムズ・ルート (James "Jim" Root #4)

——————————————————————————————————————–

 


スリップノット『デイ・オブ・ザ・グサノ』ジャパン・プレミア上映
原題|DAY OF THE GUSANO

日時|9月6日(水) 19:00開映
劇場| 新宿バルト9
チケット|2,800円(税込)
2017年/アメリカ/DCP/16:9/5.1ch/90分/日本語字幕

 


ワードレコーズ 日本上映公式サイト| https://wardrecords.com/special/Slipknot.php
映画公式サイト: http://dayofthegusano.com/

《主催・企画》 ワードレコーズ  《配給》 ソニー・ミュージックダイレクト
(C)2017 KNOT PRODUCTIONS, LLC         *ご紹介いただく際、 上記の表記をお願いいたします。

≪チケット≫
【先行発売】
2017年7月14日(金)12:00~8月6日(日)23:59

◎ワードレコーズ(先着): https://wardrecords.com/products/detail4035.html
◎イープラス(抽選): http://eplus.jp/gusano/ (PC、 モバイル共通)

【一般発売(先着)】
2017年8月24日(木)12:00~9月5日(火)12:00

◎イープラス: http://eplus.jp/gusano /(PC、 モバイル共通)
 または、 全国のファミリーマート店内のFamiポートにて
※一般発売は先着順での受付となりますので、 予定枚数に達し次第受付終了となります。
◎チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:557-310  http://w.pia.jp/t/slipknot-p/ (PC、 モバイル共通)
または全国のセブン-イレブン、 サークルK・サンクス、 チケットぴあの店舗にて販売。

【slipknotのヴォーカルコリィ・テイラー (Corey Taylor #8)のソロバンドSTONE SOURが
      9月4日(月)よりジャパン・ツアーを実施】


9月4日 月 &5日 火 |
STONE SOUR Japan Tour with very special guest MAN WITH A MISSION
@Zepp Divercity

9月7日 木          |
STONE SOUR Japan Tour with very special guest MAN WITH A MISSION
@Zepp Nagoya

9月8日 金          |
STONE SOUR Japan Tour with very special guest MAN WITH A MISSION
@Zepp Osaka Bayside

http://www.stonesour.com/
https://www.hipjpn.co.jp/live/ss/

 


 スリップノットはヘヴィ・ロック界の“異端”でありながら、 その鮮烈なインパクトと圧倒的なサウンドで“王道”の定義を変えてしまったバンドだ。 1995年にヘヴィ・ロック不毛の地アイオワ州デモインで結成。 パーカッションやターンテーブルDJを含む総勢9人の大所帯、 全員がホラー調のマスクを被って繰り広げる爆発的なライヴ・パフォーマンスが話題を呼び、 アルバム『スリップノット』(1999)で一躍ブレイクを果たす。 2000年2月には早くも初来日公演が行われ、 メンバーがステージからはみ出さんばかりの過剰な密度のショーは、 阿鼻叫喚の熱狂の渦となった。 早くも同年夏にはアメリカ『Tattoo The Earth』フェスティバル・ツアーでヘッドライナーを務めるという大抜擢も受けている。

『アイオワ』(2001)、 『Vol.3:ザ・サブリミナル・ヴァーシズ』(2004)、 『オール・ホープ・イズ・ゴーン』(2008)と作品を追うごとに凶暴度とスケール感を増していく彼らは、 ヘヴィ・ロックを代表するカリスマへと成長していく。 メンバー達の殺気すら漂う個性のぶつかり合いは何度もバンドの存続を危機に陥れるが、 その刹那的なまでのサウンドの破壊力は世界のヘヴィ・ロック/メタル・リスナーに支持された。

2010年にベーシストのポール・グレイが急死、 2013年にはドラマーのジョーイ・ジョーディソンが脱退するなどの事件に見舞われながらも、 バンドは揺らぐことなく前進を続ける。 2012年に開始した自らの名を冠するフェス『Knotfest』は拡大していき、 2014年・2016年には『Knotfest Japan』も実現。 そのモンスター化は止まることを知らない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です