ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

日本最大※1の参加型写真展7月14日より全国36会場で順次開催 「”PHOTO IS”思いをつなぐ。50,000人の写真展2017」 

日本最大※1の参加型写真展7月14日より全国36会場で順次開催 「”PHOTO IS”思いをつなぐ。50,000人の写真展2017」 
出展者の想いが込められた「50,507点」の力作が勢揃い!
 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、 写真を撮る喜び、 プリントして飾る楽しさを多くの方に感じていただくため、 「“PHOTO IS”想いをつなぐ。 50,000人の写真展2017」を7月14日から11月12日の期間に、 全国36会場で順次開催します。 まずは、 富士フイルム東京ミッドタウン本社の「フジフイルム スクエア」および東京ミッドタウンの東京会場からスタートします。 東京会場では、 7月14日より6日間にわたり開催いたします。
「“PHOTO IS”想いをつなぐ。 50,000人の写真展」は、 応募者全員の作品が“その写真に込められた出展者の想い”とともに展示される、 日本最大級の参加型写真展です。 応募された作品は、 全国36会場から応募者ご自身が選んだ会場に展示されます。 2006年に「“PHOTO IS”10,000人の写真展」としてスタートした本写真展は、 毎年応募作品数が増え続け、 12年目の今年は、 募集目標数・会場数ともに規模を拡大し「“PHOTO IS” 50,000人の写真展」として開催いたします。

 今年は、 より幅広い年齢層・趣味層の方に参加いただけるよう、 テーマやジャンルを問わずに応募できる「一般展示」部門、 「鉄道のある風景」部門、 「あの人に伝えたいフォトレター」部門の3部門に加え、 新たに「なつかしいあの頃」部門と、 人気の水族館で撮影したイルカやペンギンなどの「とっておきの一枚」等を募集した「水でくらすいきもの」部門の2つの応募部門を設け、 募集いたしました。

 その結果、 今年は0歳から96歳まで幅広い年齢層の方から過去最高となる50,507点 (前年比120%)もの作品が寄せられました。 今年は特に、 美しい夕日を捉えた写真やお子さまのふとした笑顔、 何気ない街並みをとらえた写真など日常生活のワンシーンを切り取った作品が数多く寄せられました。
 なお、 今年の応募作品のうち、 全体の約3割がスマーとフォン(スマホ)で撮影した画像によるもので、 応募枚数は昨年度に比べ約2倍増えました。 スマホが普及し、 デジタル画像の楽しみ方が多様化する中、 スマホの中の画像を「写真プリント」にして写真展という場を通じて共有し、 想いを表現する方が増えています。

 さらに今年は、 本写真展の趣旨に賛同いただいた複数企業との共同企画や特別企画展も開催します。
スマホから直接応募し、 特定の人に向けたメッセージを添えて展示する「あの人に伝えたいフォトレター」部門において、 ベネッセコーポレーション〈こどもちゃれんじ〉と共同で企画した「おやこをつなぐフォトレター」、 タカラトミー〈トミカ博in YOKOHAMA〉との共同企画「トミカのあるくらし」を実施し、 合わせて2,328点の作品が寄せられました。 また、 アニコム損害保険のペット保険契約者向け特別企画展「これが私の元気の源」では、 ペットの寝顔や玄関で迎えてくれるペットの笑顔をとらえた作品が2,855点集まりました。

 本写真展では、 来場者が、 共感した作品の出展者へ手書きのメッセージを送ることができる「絆ポスト」を設置しています。 出展者が写真に込めた想いを書き添えて展示し、 それを見た来場者が出展者に想いを返すという出展者と来場者の写真を通じたコミュニケーションが、 新たな”絆”を生み出します。 写真からあふれる想いと、 人の想いをつなぐ「写真の力」を、 ぜひ会場でご体感ください。


【「一般展示」部門】※2 テーマやジャンルを問わず自由に応募された作品 
<大伸ばしプリント>

 


<シャッフルプリント>

<チェキプリント>

 


【「なつかしいあの頃」部門】※2  
ふるさとの風景や昔熱中していたものなど、 懐かしい情景がよみがえる作品

 


【「鉄道のある風景」部門】※2
鉄道をテーマとした作品
展示会場:鉄道博物館会場(3 会場)・メイン7 会場


【「水でくらすいきもの」部門】※2 


水族館で撮影した作品や、 海や川にくらすいきものたち またそのいきものたちと一緒に写っているお子さまや家族の作品(スマホから直接応募された作品です)






【「あの人に伝えたいフォトレター」部門】※2
出展者から、 友人、 恋人、 親や子供など大切な人へのメッセージが写真に添えられた作品 (スマホから直接応募された作品です)


 富士フイルムは、 今後も多様化するお客さまのニーズにお応えし、 便利で付加価値の高い商品・サービスをご提供するとともに、 「撮る、 残す、 飾る、 そして贈る」という写真本来の価値を伝え続けていきます。

〈特別企画〉
選りすぐりの“心に響いた作品”を楽しもう!
(1)「心に響いた100選」(メイン7会場・サテライト22会場で展示)
「一般展示」部門・「よみがえるあの頃」部門の作品の中から、 著名人・プロ写真家10名が選出した合計100作品の「心に響いた作品」を特別展示します。 また、 著名人・プロ写真家ご本人の作品も展示します。
※ 著名人 小籔千豊さん、 小山薫堂さん、 佐野史郎さん、 野口健さん、 広瀬すずさん、 松任谷正隆さん
※ 写真家・ディレクター   織作峰子さん、 鶴巻育子さん、 元田敬三さん、 森井禎紹さん (50音順)

(2)「心に響いた20選」(メイン会場・3大鉄道博物館会場で展示)
「鉄道のある風景」部門の作品の中から、 鉄道写真家 中井精也さんが選出した20作品の「心に響いた作品」を特別展示します。

  (3)「心に響いた30選」(水族館会場で展示)
  「水でくらすいきもの」部門の作品の中から、 展示会場であるすみだ水族館・名古屋港水族館・京都水族館の3館が選出した30作品の「心に響いた作品」を特別展示します。

〈特別企画展〉
1.これが私の元気の源
(メイン7会場で展示)
 アニコム損害保険との共同企画。 寝顔や玄関で迎えてくれるペットの笑顔、 楽しく遊び回る姿など、 たくさんのかわいらしい作品が大集合。 思わずにっこりしてしまう作品をお楽しみください。
(スマホから直接応募された作品です)


2.三越伊勢丹主催「“日本の魅力”写真展」 (全国11店の三越伊勢丹で展示)
 写真の持つ魅力をよりたくさんの方に感じて欲しいという想いのもと、 本写真展のスピンオフ企画として、 全国の三越伊勢丹の店舗で、 日本の魅力と感じられる作品を集めたオリジナル写真展を開催いたします。 8月2日から23日の期間に各店舗にて順次開催される予定です。

3.写真で感じる日本の「食」と「農」  (東京・大阪会場で展示)
(協力:全国農業協同組合中央会、 一般社団法人家の光協会、 株式会社日本農業新聞、 株式会社農協観光
全国農協青年組織協議会、 JA全国女性組織協議会、 JA都市農村交流全国協議会)
日本の「食」と「農業」の魅力を伝えるバラエティー豊かな写真の数々や、 全国JAグループメンバーが撮影した美しい農村の暮らしの風景や、 自慢の作物や郷土料理など、 農業と日々向き合う中でとらえた、 とっておきの作品を展示します。


<写真関連商品展示コーナー> (メイン7会場で実施)
 会場では、 「体験しよう」をテーマに、 写真を使って日常をより楽しんでいただける商品をご紹介します。 「WALL DECOR」を使って写真で壁をおしゃれに飾る体験コーナーや、 来場者が会場で、 スマホからプリントした写真を飾ることで完成する「みんなでつくる『壁アルバム』」企画を実施致します。
 また、 チェキシリーズの新たなラインアップとして発売したハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」の体験コーナー、 デジタルカメラ「Xシリーズ」のカメラとレンズをお試しいただける特設ブースも設置します。

<同時開催>
みんなきっと家族に会いたくなる「“PHOTO IS”家族の絆展」 
(メイン7会場、 沖縄会場で展示)
(主催:パイオニア・グリーン・サークル、 富士フイルム株式会社、 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)
写真館の若手フォトグラファーで構成されたグループ「パイオニア・グリーン・サークル」が、 「家族がいっしょにいる幸せ」をテーマに撮影した心温まる家族写真にメッセージを添えて展示します。


「“PHOTO IS”想いをつなぐ。 50,000人の写真展2017」開催スケジュール(全国36会場)

<メイン会場=7会場>

<サテライト会場=22 会場> *サテライト会場は、 地域密着型の小規模展示会場です。

<鉄道博物館会場=3 会場> ※入館の際、 それぞれ入館料がかかります。

<水族館会場=3 会場> ※入館の際、 それぞれ入館料がかかります。

<トミカ博in YOKOHAMA会場>

 


本展は、 公益社団法人企業メセナ協議会※3 より、 応募者全員の作品を展示するユニークな仕組みづくりと、 全国のフジカラー商品取扱店と協力し写真文化の発展に大きく寄与したことが評価され、 “MECENAT AWARDS 2015”において、 優秀賞「写真伝想賞」を受賞しました。

※1 応募者全員の写真を飾る写真展において、 応募枚数が最大。 当社調べ(2017 年7 月)
※2 本展に応募された作品の一部です。
※3 企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を目的に1990 年に設立された、 日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です