ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

六甲オルゴールミュージアム 鮮やかな“六甲ブルー”に囲まれるミュージアム ~アジサイが見頃を迎えています!~

六甲オルゴールミュージアム 鮮やかな“六甲ブルー”に囲まれるミュージアム ~アジサイが見頃を迎えています!~
阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦 雅夫)のグループ会社である、 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が、 六甲山上で運営する六甲オルゴールミュージアム(博物館相当施設)では、 現在、 アジサイが見頃を迎え、 大きな球状の花を咲かせて、 ミュージアムガーデン(※)を彩っています。
市街地のアジサイの見頃が終盤にさしかかる中、 六甲山頂付近に位置する当館のアジサイは、 7月上旬に色付き始め、 7月中旬に見頃を迎え、 8月上旬頃までお楽しみいただけます。
(※)ミュージアムガーデンとは、 六甲山の自然と調和した庭をコンセプトに植栽を行い、 約300種類の四季折々の木々や花々を観賞できる庭園です。

ミュージアムガーデンのヤマアジサイの様子(7月12日撮影)
ミュージアムガーデンのヤマアジサイの様子(7月12日撮影)



■アジサイ(アジサイ科、 アジサイ属)
標高約800mに位置する当館は、 神戸の市街地に比べ年間の平均気温が5~6℃低いため、 1ヶ月ほど遅く見頃を迎えます。 ミュージアムガーデン内ではセイヨウアジサイ、 ヤマアジサイなど様々な種類のアジサイを、 8月上旬まで楽しめます。
六甲山の酸性土壌の影響による、 特に鮮やかなアジサイの青色は“六甲ブルー”と呼ばれ、 目にも涼しげな発色が、 晴れた日はもちろん、 霧の中でも幻想的に浮かび上がり、 来館者の目を楽しませています。

ミュージアムガーデンのセイヨウアジサイの様子(7月12日撮影)
ミュージアムガーデンのセイヨウアジサイの様子(7月12日撮影)

 



<営業概要>
【入館料】
 大人(中学生以上)1,030円、 小人(4歳~小学生)510円
【営業時間】
  10:00~17:00(16:20受付終了)
【休館日】
  9/7、 11/30~3/15の木曜日、 12/31、 1/1
【所在地】
  神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

飛んできたシオカラトンボも“ブルー”
飛んできたシオカラトンボも“ブルー”

 

 

 

 

<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム
TEL:078-891-1284
HP: https://www.rokkosan.com/museum/

リリース: http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5217.pdf

 


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です