ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「FUKUOKA Creators Award 2017」を開催

「FUKUOKA Creators Award 2017」を開催
今年は子どもが主役。ビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」で制作された作品を募集します。
株式会社しくみデザイン(福岡市博多区、 代表 中村俊介(芸術工学博士))は、 福岡のクリエイティブ関連産業振興に取り組む「クリエイティブ・ラボ・フクオカ」と協力し、 「FUKUOKA Creators Award 2017」(フクオカ クリエイターズ アワード 2017)を開催し、 2017年7月18日(火)から2017年8月28日(月)まで作品を募集します。 受賞作品は2017年9月9日(土)に福岡市役所西側ふれあい広場にて開催される「The Creators」( http://the-creator.jp/ )で発表されます。

本年のFUKUOKA Creators Awardでは、 株式会社しくみデザインの提供する新世代のためのビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」(スプリンギン)を使って制作されたデジタル作品が募集されます。 アクションゲームやパズル、 絵本、 楽器など、 作品のジャンルは問いません。 小学生以上であれば誰でも無料で応募が可能。 親子での共同制作作品でも応募を受け付けます。 また募集期間中は「Springin’」の有料プレミアム機能を2ヶ月無料で使用できるプランが提供されます。

Springin' スプリンギン – 自分だけのアプリをつくってみよう!
http://www.springin.org/jp/

また本アワードの開催に合わせて「Springin’」を用いたデジタル作品の作り方に関するワークショップを2017年8月1日(火)と2017年8月27日(日)に実施いたします。 ワークショップではSpringin’の使い方を講師がわかりやすく解説し、 アワードに応募する作品作りの時間も設けておりますので、 その場でアワードへの応募が可能です。 8/27(日)のワークショップのあとには、 講師に自由に質問できる自由参加の質問タイムも設け、 作品のブラッシュアップを行うことができます。

アワードやワークショップの詳細については、 下記のアワード公式サイトにて順次公開してまいります。

FUKUOKA Creators Award 2017 集まれ! 未来のクリエイター!
http://www.springin.org/jp/fca2017/

多くのみなさまからの応募をお待ちしております。

「FUKUOKA Creators Award2017」の主な応募要項

・応募・授賞式日程     
応募開始:2017年7月18日(火)
応募締切:2017年8月28日(月)
審査結果通知:2017年9月4日(月)
授賞式:2017年9月9日(土)

・応募資格
小学生以上(平成23年4月1日以前に生まれた人)

・作品の条件
ビジュアルプログラミングアプリ「Springin’」で制作された作品(ワーク)であること

「Springin’」ワークショップ 開催要項

・第1回:2017年8月1日(火)
【会場】専門学校 日本デザイナー学院 九州校
【時間】ワークショップ午前の部 10:00~13:00 / 午後の部 13:30~16:30
【定員】午前午後ともに20名

・第2回:2017年8月27日(日)
【会場】福岡市立中央児童会館あいくる 集会室
【時間】ワークショップ 13:00~16:00 / 質問タイム 16:00~17:00
【定員】ワークショップは20名。 質問タイムは自由参加。

※ワークショップへの参加は事前申し込みが必要です。

詳しい応募要項やワークショップの申し込み方法はアワード公式サイトをご覧ください。


■株式会社しくみデザインについて
「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」という企業理念の下、 2005 年に、 現代表中村俊介が設立。 ユーザー参加型コンテンツのパイオニアとして、 900 件以上の実績数を誇る。 米インテル社主催の世界的コンテストでのグランプリなど、 国内外での受賞多数。 2017年7月に世界中の子どもたちがクリエイティブになる方法と環境を研究・実践する「クリエイティブ教育ラボ(EduCreative Lab.)」を立ち上げるなど、 子供向けのクリエイティブ教育にも力を入れている。

コーポレートサイト
http://www.shikumi.co.jp/


■『Springin'』について
株式会社しくみデザインが2017年1月にリリースしたiOSアプリケーション。 自分で描いた絵や写真を使ったアイテムに、 簡単な操作で「属性(性格)」や「関係性」を持たせ、 それらを組み合わせていくことでゲームや絵本など自分だけのオリジナル作品を創りだすことができる。 作品を世界中のユーザーと共有することも可能。 子どもたちが楽しみながら「つくりたくなる」ビジュアルプログラミングアプリケーション。 自発的な創造性と、 それを形にしていく論理的な思考の両面を育み、 プログラミングに必要な「クリエイティブシンキング」の力を身につけることができる。
 
ダウンロードは無料。 全機能を使えるプレミアム版は有償(月額利用料:300 円 / 6ヶ月利用料:1,600 円 / 年間利用料 3,000 円)。 現在プレミアム版を2ヶ月無料で利用できるプランを提供中。
 
公式サイト
http://www.springin.org/
アプリのダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/id1184243692?mt=8#

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です