ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

スパイスボックス副社長 物延×ショートショート フィルムフェスティバル 諏訪氏 特別対談実施「生活者に“語られる”ブランディング動画のつくり方」

スパイスボックス副社長 物延×ショートショート フィルムフェスティバル 諏訪氏 特別対談実施「生活者に“語られる”ブランディング動画のつくり方」
日時:2017年8月9日(水) 場所:東京都港区 (株)宣伝会議セミナールーム
株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、 代表取締役社長 田村栄治)は、 2017年8月9日(水)に、 事業主・広告主のマーケティング担当者様および広報・PR担当者様向け無料セミナー「生活者に“語られる”ブランディング動画のつくり方」を開催いたします。
現在では、 SNSの台頭やスマホの浸透など、 生活者を取り巻く情報環境の変化により、 マスメディアを通した企業の一方的な情報発信が生活者に届きにくくなっています。 こうした時代に、 企業が生活者にメッセージを届けるためには、 SNSなどを通して生活者の間で企業のメッセージが自然と“語られる”環境をつくることが必要です。

スパイスボックスの強みは、 SNSをはじめとしたソーシャルメディアを活用した企業やブランドの認知・好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」施策支援のオリジナルメソッドを持つこと。 今回のセミナーでは、 ソーシャルリスニングを使ったコミュニケーション戦略設計から、 クリエイティブ制作、 ディストリビューション、 相関分析を活用した各施策のKGIへの貢献度(ROI)分析まで、 当社ソリューションの全容をお話しします。

また、 セミナー内では、 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア チーフ・プロデューサーの諏訪慶氏とスパイスボックス副社長 物延秀との対談も実施。 映画祭でありながら、 “語られる”コミュニケーションが必要とされはじめた広告動画の変化に映画との親和性を見出し、 企業のブランディング動画を評価する「ブランデッドショート」部門を立ち上げた経緯や、 映画づくりのプロの立場から企業のブランドストーリーを伝えるために必要な視点などについて、 事例を交えてお話ししていただきます。


  ■開催概要
・タイトル

スパイスボックス 物延×ショートショート フィルムフェスティバル 諏訪氏 特別対談実施
「生活者に“語られる”ブランディング動画のつくり方」

・日時
8月9日(水)13:30 ~ 16:30 (開場13:00)

・プログラム
13:30~14:30
第1部:ティーチセッション
「マーケティングファネルから考える動画プロモーション戦略とKPI設計」

 動画を活用した企業のブランディング・プロモーションは、 生活者とブランドとの距離や関係値を見定め、 それぞれの段階における最適なコミュニケーションを念頭において設計することが大切です。 今回のセミナーでは、 マーケティングファネルを使って動画プロモーションの構造を整理し、 その成果を規定する手法について徹底的に解説します。 また、 生活者に共感され、 支持されるためのブランドストーリー設計とコンテンツ流通手法について、 多くの企業のブランド動画を手がけるスパイスボックスが独自ノウハウを事例とともに紹介します。

 (スピーカー)株式会社スパイスボックス 副社長 物延秀

14:30~14:45
休憩

14:45~15:45
第2部:トークセッション
「生活者とブランドを繋ぐブランデッドムービーのクリエイティブノウハウ」

 企業のブランド動画を評する「ブランデッドショート(BRANDED SHORTS)」部門を昨年立ち上げた「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)の取り組みから、 企業が伝えたいブランドの理念や哲学が、 多彩なクリエイティブや表現に落としこまれているブランド動画の数々を紹介します。 また、 映画づくりの立場でブランド動画に取り組む諏訪氏とスパイスボックス物延との対談を通してブランドストーリーを伝える手法や仕掛け方のポイントを明らかにします。

(スピーカー)
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア チーフ・プロデューサー 株式会社FROGLOUD 代表取締役 諏訪慶 氏
株式会社スパイスボックス 副社長 物延秀

(モデレーター)
月刊『宣伝会議』編集長 谷口優

15:45~16:05
第3部:クロージングスピーチ
「PRやSNS上でのブランディング施策の『売上』への効果を可視化する、 ROI分析プラットフォーム『THINK』のご紹介」

統計解析を活用することで、 これまで不明瞭だったPRやSNSでのマーケティング施策のKGI(売上など)への貢献度を可視化するROI分析プラットフォーム「THINK」をご紹介します。 企業は「THINK」を活用することで、 各広告施策の予算配分最適化やKPI設計、 PDCA管理を実現することが可能です。

(スピーカー)株式会社スパイスボックス 副社長 物延秀

16:05~16:30
質疑応答、 アンケート記入、 個別相談

 ※プログラム内容、 スケジュール、 講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。 あらかじめご了承ください。


・会場     宣伝会議セミナールーム(東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル8F)

アクセス :表参道駅より徒歩3分( https://www.sendenkaigi.com/class/venue-list/map-tokyo2.php

・定員     120名様  ※参加希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
・参加費  無料 [事前登録制]
・対象    事業主・広告主のマーケティング担当者様および広報・PR担当者様

※本セミナーはビジネスセミナーのため、 学生の方のご参加はご遠慮いただいております。
※主催者・講演者の競合関係にあたる企業のご参加はお断りする場合がございます。 あらかじめご了承ください。

・主催    株式会社スパイスボックス

【お申込みはこちら(無料)】  https://www.sendenkaigi.com/event/spicebox2017-08/


■登壇者紹介

株式会社スパイスボックス 副社長
物延秀

2006年スパイスボックス入社。 プロデューサーとして博報堂および自社にて大手飲料、 化粧品会社などのデジタル・コミュニケーション施策、 各種キャンペーン施策の戦略設計、 企画、 運用、 メディア運用等をワンストップで支援。 2012年以降はソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコンテンツのプランニングとプロデュース、 自社ソリューション開発を統括。 2016年に事業統括責任者および執行役員に就任。 2017年より現職。
※現在、 MarkeZineにて「シェア拡散されるブランドストーリー」連載執筆中、 デジタルマーケティングの専門家としてNHKクローズアップ現代+に出演。
 

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア チーフ・プロデューサー
株式会社FROGLOUD 代表取締役
諏訪慶

2005年「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を企画運営する株式会社パシフィックボイスに入社。 映像事業部 部長 兼 映画祭のチーフ・プロデューサーとして、 映画祭協賛営業や企業・行政団体とのショートフィルム製作、 ショートフィルムを活用したビジネス周りを統括。 2015年1月、 同社執行役員に就任。 10年目を期に、 代表の別所哲也と共にブランデッドムービーの企画・プロデュースに特化した株式会社FROGLOUDを設立。 同社代表取締役として現在に至る。
 

月刊『宣伝会議』編集長
谷口優


■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。 クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、 顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。

【会社概要】
社名       : 株式会社スパイスボックス
設立       : 2003年12月15日
資本金    : 2億7143万円
出資者    : 株式会社博報堂、 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地    : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者    : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL        :   http://www.spicebox.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス
セミナー運営事務局
担当        : 川村 伸之 / 山下 麻由美
TEL        : 03-3583-5364
E-Mail     : entry@spicebox.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です