ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ASOBI SYSTEM 中川氏、ネイキッド代表 村松を筆頭に東京の未来を創るトークショー

ASOBI SYSTEM 中川氏、ネイキッド代表 村松を筆頭に東京の未来を創るトークショー
イベントサロン with TOKYO ART CITY by NAKED、 8/4に開催
株式会社ネイキッド(所在地:東京都渋谷区 代表:村松亮太郎)Peatix Japan株式会社(所在地:東京都渋谷区)は、 8月4日(金)、 東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリーアーモ)にて開催中の「TOKYOARTCITY by NAKED」にて都市で様々なプロジェクト展開するイベンターを集結させトークショーを開催いたします。

  • ネイキッド×アソビシステム×渋谷観光協会×VATES/#BCTION

東京ドームシティギャラリーアーモにて同時期に開催される『TOKYO ART CITY by NAKED』は、 ”東京”のあらゆるランドマークやそこに生きる多様な人の営みが集積して形成される“都市”を題材にプロジェクションマッピングと巨大模型で演出しています。 本展覧会は「都市とはアートである。 」をテーマに東京で活躍している、 様々な形で都市を盛り上げる方々を迎えてトークショーを行います。 2020年に向けて様々な企業、 団体は今後どのように東京を盛り上げていくのか、 どんなことを大事にプロジェクトに起こしていくべきなのか、 様々な切り口でトークを展開していきます。

登壇者はネイキッド代表、 村松亮太郎を始め、 アソビシステム株式会社 代表取締役 中川悠介氏、 渋谷区観光協会 理事長 金山淳吾氏、 BCTION 主宰 嶋本丈士氏が登壇いたします。

 

【概要】

イベントサロン with TOKYOARTCITY by NAKED

時間:20:10~22:30(通常展示終了後に開催)

 料金:¥3,000(ワンドリンク及び観覧券付き)

主催:Peatix Japan株式会社

共催:NAKED Inc.
http://eventsalontac.peatix.com/
  • <『TOKYO ART CITY by NAKED』 とは>

新宿の高層ビル群や渋谷のスクランブル交差点、 秋葉原の雑踏やお台場のレインボーブリッジ、 それらの街を駆け巡る首都高に、 幾重にも重なり合う地下鉄など、 “TOKYO”をテーマに、 東京を象徴する8スポットを、 巨大模型をはじめとする約250もの模型でコラージュし、 約100台のプロジェクターを駆使したプロジェクションマッピングなど、 最新テクノロジーによる光と映像の演出で多彩に表現。 730m2の広さを誇る会場全体が、 光に散りばめられたひとつのアート空間として、 360゜ダイナミックに迫ります。

動画リンク: https://youtu.be/E6ycXZxk19Q

 



【概要】
TOKYO ART CITY by NAKED
日程:2017年6月16日(金)~9月3日(日) ※会期中無休
時間:11:00~18:00 (6/16~7/21)、 10:00~20:00 (7/22~9/3) ※最終入場は閉館30分前
場所:東京ドームシティ「ギャラリー アーモ」
住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い
入場料:
<前売券>大人1,400円、 中人(中高大学生) 1,200円、 小人(小学生) 700円
<当日券>大人1,600円、 中人(中高大学生) 1,400円、 小人(小学生) 900円
※税込価格、 未就学児無料 (単独入場不可)
チケット: ペアチケット、 ファミリーチケットなど各種前売券は各プレイガイド(Peatix、 チケットぴあ、 ローソンチケット、 セブンイレブン、 e-plus、 Pass Me!他)で発売中。 6月16日(金)より当日料金となる。

【問い合わせ先】
東京ドームシティわくわくダイヤル
TEL:03-5800-9999

 

 
<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について> 公式サイト: http://naked-inc.com
 


1997年、 村松亮太郎を中心に、 映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。 メディアやジャンルを問わず、 映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。 近年は  プロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、 演出を組み合わせ、 光を使った空間の総合演出を手がけている。 現在、 自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算150万人以上を動員している。

 



<村松亮太郎(NAKED Inc.)について> 公式Facebook: https://www.facebook.com/MuramatsuRyotaro
 


クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。 大阪芸術大学客員教授。

1971年5月5日生まれ、 大阪府堺市出身。

代表作として、 東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、 東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」内『KARAKURI』演出、 NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、 『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』企画・演出、 花の体験型イベント『FLOWERS by NAKED』(日本橋三井ホール他)や『SWEETS by NAKED』(表参道ヒルズ)など、 これまでのイベント通算動員数は140万人を超える。 アーティスト本&作品集『村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED』がKADOKAWAより発売中。 環境省が認定した日本一の 星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクターも務める。

 

<中川 悠介 (アソビシステム 代表取締役社長)について>


◆  1981年、 東京生まれ。

イベント運営を経て、 07年にアソビシステムを設立。 「青文字系カルチャー」の生みの親であり、 原宿を拠点に地域と密着しながら、 ファッション・音楽・ライフスタイルといった、 原宿の街が生み出す“HARAJUKU CULTURE”を、 国内はもとより世界に向けて発信し続けている。 自主イベント『HARAJUKU KAWAii!!』を2011年~全国各地で開催し、 近年は、 KAWAIIのアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅのワールドツアーを成功させた。 新プロジェクト「もしもしにっぽん」を発表し、 日本のポップカルチャーを世界へ向け発信すると同時に、 国内におけるインバウンド施策も精力的に行っている。 また、 きゃりーのプロデューサーでもある中田ヤスタカと共に未成年でも楽しめるクラブイベントを神社、 世界遺産等様々な異色のロケーションで開催するなど、 地方創生にも力を入れている。

 


<金山淳吾(渋谷区観光協会 理事長)について>


2001~2010年
電通にてテレビ番組、 書籍、 イベントなどのコンテンツプロデューサーとして企画立案~制作までを番組プロダクション、 マネジメントオフィスなどと連携して担当。

2010~2015年
音楽プロデューサー小林武史の下で音楽・映像・環境事業・空間プロデュース・他企業との事業提携など全般的に担当。

2015年に独立し、 クリエイティブアトリエTNZQを設立。 渋谷区の観光都市化のプロデューサーとして2016年より現職。
[役職]一般財団法人渋谷区観光協会代表理事

 

<嶋本 丈士(VATES/#BCTION 主宰)について>


 1983年生まれ。 千葉県出身。 2007年Academy of Art University, San Francisco, CA 写真科卒業。 写真家、 クリエイティブディレクター。 在米中にアメリカで数々の写真展を開催、 企画する。 2008年に帰国後は新宿のThe Artcomplex Center of Tokyoで大規模な写真展を開催。 2009年にSTUDIO VOICEの別冊として発行された「日本の100人の写真家」にも選ばれ、 近年ではラフォーレ原宿やBLUE NOTE TOKYOでの写真展示、 ニューヨークで開催されたNEW CITY ART FAIRのメインイメージ写真に使われる等、 自身のアート活動も精力的にこなす。 2014年、 麹町で約2週間開催し来場者1万3千人を記録したビル一棟を美術館に変貌させたアートイベント#BCTIONを主宰。 作品はその場の匂いや、 音、 湿気までも感じさせる。 まるでLPレコードの針のノイズのように、 安らぎと懐かしさを感じさせてくれる。 また一瞬を切り取った写真は、 前後のストーリーが映画のように想像できる。 観る者の感性が呼び覚まされるような希有なフォトグラファーである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です