ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「孫ブルー」にサヨナラ。娘・息子夫婦や孫といい距離を取り、お互いに自立した生活を送るための痛快エッセイ&アドバイス集登場!!

「孫ブルー」にサヨナラ。娘・息子夫婦や孫といい距離を取り、お互いに自立した生活を送るための痛快エッセイ&アドバイス集登場!!
『子や孫にしばられない生き方』(河村 都/著)7/13(木)発売!!
株式会社産業編集センター(東京都文京区、 代表取締役:清永安雄)は、 2017年7月13日(木)に『子や孫にしばられない生き方』(河村 都/著)を刊行いたしました。

 

『子や孫にしばられない生き方』(河村 都著 本体1,300円+税)
『子や孫にしばられない生き方』(河村 都著 本体1,300円+税)

■ある日突然「おばあちゃん」になることへの違和感
  「おぎゃあ!」と誕生した初孫の顔を見ても、 不思議なくらい感動できない。 孫の面倒も見てあげたいけれど、 自分の時間も大事にしたいし、 体力的にもつらい・ ・・。 孫を持つシルバー世代のこうした本音は、 あまり知られていないかもしれません。

 本書著者であり、 都内で子育てコンサルタントを行う河村 都氏も、 初孫が生まれてからは戸惑いの連続 だったそうです。 娘の子育てを手伝う 体力の限界 に加えて、 自分が ある日突然「おばあちゃん」になることへの違和感 。 初めての子育てに奮闘する娘を助けたい気持ちはあるけれど、 自分の時間も大切したい。

■そして、 「孫ブルー」に…
  そんな整理のつかない気持ちを河村氏は 「孫ブルー」と命名 。 孫ブルーに陥っているのは私だけ?と疑問に思った河村氏は、 孫を持つ60~70代の女性と本音を語り合う座談会を実施 。 すると、 孫の世話で体力を奪われる不満、 止まらない孫への支出への不満、 そして孫と過ごすことに時間を奪われ、 好きなことができない不満がどんどん噴出 したといいます。 そして、 そんな不満を抱くこと自体に、 罪悪感を感じていたそうです。 「そこにいる皆さんが孫との関係に満足していれば、 私はこの本を出そうとは思わなかったでしょう。 」と、 河村氏は本書が生まれたきっかけを話します。

■お互いに自立した生活を送るために
  本書は、 そんな著者が「孫ブルー」に陥った理由と、 試行錯誤を経て辿り着いた「子(娘・息子夫婦)や孫といい距離をとり、 お互いに自立した生活を送る」ための生き方についてまとめたもの。 娘・息子家族、 孫とのかかわり方だけでなく、 これからの家族の形についても考えさせられる一冊です。

■本書を読まれた社会学者の上野千鶴子さんは、 帯に次のような言葉を寄せてくださいました。
「孫より子が大事、 それよりもっと自分が大事。
おひとりさまの自由を手放さない新世代の祖母たちが登場した!!」


 


書 名:『子や孫にしばられない生き方』
著 者:河村 都
総 頁:176ページ
定 価:1,300円+税
発 売:産業編集センター
発売日:2017年7月13日
http://www.shc.co.jp/book/detail/001013.html  


【概要】
孫が生まれても、 私は「おばあちゃん」じゃない。 私は私だ!!「孫育てこそ余生の幸せ」なんて世間がつくりあげたキレイゴト。 イクバア?イクジイ?そんなお役目、 勝手に決められたくありません!「いいおばあちゃん」ではなく、 誰にも依存せず自分の幸せを追求する人生を歩むべし!!孫ブルーにサヨナラ。 子どもや孫といい距離をとり、 お互いに自立した生活を送るための痛快エッセイ&アドバイス集が登場!!

【目次】
序章 この本が誕生したきっかけ
1章 孫ができても“ワガママ主義”で生きていこう! ――私が決断した理由
2章 娘家族と暮らしても“私らしく”! ――都流・二世帯同居の「孫育て」実践ルール
3章 「孫ブルー」のお悩みにお答えします
4章 子や孫にしばられない生き方とは
5章 人生の宝は出会い ――私という人間を形づくった5人の言葉



【著者プロフィール】
河村 都(Miyako Kawamura)1947年生まれ。 東京都出身。 NHK番組「お母さんといっしょ」のお姉さんとしてレギュラー出演後、 洗足学園短期大学にて『表現教育』 の非常勤講師を務める。 2007 年 4 月、 オフィスカワムラを設立し、 幼稚園・保育園の教員研修、 幼児教育現場において幅広く活動。 著書に『子どもを伸ばす「いいね!」の言葉「ダメ!」な言葉』(講談社)などがある。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です