ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

人気写真家・吉村和敏が、「フランスの最も美しい村」最新認定10村を撮影!!『増補版「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』刊行!

人気写真家・吉村和敏が、「フランスの最も美しい村」最新認定10村を撮影!!『増補版「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』刊行!
「最も美しい村」発祥の国、 フランスがさらにパワーアップ!
2009年に刊行され、 好評を博した『「フランスの美しい村」全踏破の旅』から8年、 人気の風景写真家・吉村和敏が新登録された10村と、 人気の村を新たに撮り下ろしたガイド写真集。
さらに魅力あふれる「フランスの最も美しい村」をまとめて見ることができる貴重な一冊!

■書名:『増補版「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』
■発売日:2017年7月20日
■価格:2800円(税別)
■体裁:A5(148×210mm)272ページ オールカラー ソフトカバー
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062206907

著者プロフィール
吉村和敏
Kazutoshi Yoshimura
1967年、 長野県松本市で生まれる。 県立田川高校卒業後、 東京の印刷会社で働く。 退社後、 1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。 以後、 東京を拠点に世界各国、 国内各地を巡る旅を続けながら、 意欲的な撮影活動を行っている。 自ら決めたテーマを長い年月を費やしながら、 丹念に取材し、 作品集として発表する。 光・影・風を繊細にとらえた叙情的な風景写真、 人の感情や息づかいが伝わってくるような人物写真は人気が高く、 定期的に全国各地で開催している個展は、 年々来場者が増え続けている。 2003年 カナダメディア賞大賞受賞、 2007年 日本写真協会賞新人賞受賞、 2015年 東川賞特別作家賞受賞。
本書は、 出版後大きな反響を呼んだ『「フランスの美しい村」全踏破の旅』に最新の村情報を加えた増補版。 『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』『「ベルギーの最も美しい村」全踏破の旅』(ともに講談社)もロングセラーになっている。
2017年7月15日、 山梨県北杜市「清里の森」に「吉村和敏 清里フォトギャラリー」をオープンした。
http://www.kaz-yoshimura.com/
office-mail@kaz-yoshimura.com

著者撮影/齋藤康一

新登録の村

サン・タントワーヌ・ラベイ(ローヌ・アルプ)
傑出したゴシック建築、 サン・タントワーヌ修道院に見守られる村
 

カプドナック・ル・オー(ミディ・ピレネー)
中世の要塞都市の面影を残し、 水に恵まれた村
 

ラヴァルダン(ミディ・ピレネー)
緑の丘の上に位置し、 タチアオイで彩られた美しい村
 

モンクリュ(ラングドック・ルシヨン)
ラヴェンダーとブドウ畑に囲まれ、 美しい植栽に彩られた小さな村
 

リュッサン(ラングドック・ルシヨン)
2つの城を擁し、 中世都市の特徴を色濃く残す村
 

 

カステルノー・ラ・シャペル(アキテーヌ&ポワトゥー・シャラント)
ブロンドの外壁と茶褐色の屋根で美しい街並みを誇る村
 

サン・ジャン・ピエ・ド・ポール(アキテーヌ&ポワトゥー・シャラント)
ユネスコ世界遺産のサンジャック門とバスクの街並みを楽しめる村
 

ナヴァランクス(アキテーヌ&ポワトゥー・シャラント)
スペインとの国境に近いピレネー山中に位置する村
 

サント・シュザンヌ(アキテーヌ&ポワトゥー・シャラント)
古い城壁に囲まれて、 中世の面影を残す村
 

モンコントゥール(ブルターニュ&ノルマンディ)
花崗岩の建物と、 木骨組みの民家が並ぶブルターニュの小さな村


吉村和敏「最も美しい村」シリーズ、 好評既刊!!

『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』定価3800円(税別)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062192156


『「ベルギーの最も美しい村」全踏破の旅』定価2400円(税別)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062200592

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です