ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

世界初のCSR特化型・廃棄書類サービス「e-Pod」料金プランを公開。

世界初のCSR特化型・廃棄書類サービス「e-Pod」料金プランを公開。
e-Pod(イーポッド)
法人版 e-Pod ¥29,800より。

概要
TAAS合同会社(神奈川県横浜市港北区大豆戸町1200-5-401、 ファウンダー兼CEO 大越隆行)は、   e-Pod(世界初となるCSRに特化した「ユーザー参加体験還元型・社会貢献事業)の法人版サービスである「e-Pod for Business」の料金プランをローンチに先立ち、 初めて一般公開した。

サービスの特徴

単に書類などの廃棄物の処理、 というだけではなく「 回収→処理→再資源化→還元→CSR社会貢献 」という各フローをワンストップで行い、 ウェブ上で管理・閲覧・処理ができるウェブサービスであり、 可視化できる世界初のサービス。


企業・団体・自治体側のメリット

1.廃棄書類の処分
2.出した廃棄物が資源として還元
3.CSR社会貢献
4.売上の一部は慈善団体への寄付

5.自社PR効果

 

利用料金(月額:全て税込み)
BASIC   ¥29,800(中小事業者)
GOLD    ¥59,800(中規模事業者)
PREMIUM  ¥98,000 (大規模事業者)

(※詳細はお問合せください)


本サービスを活用するだけで、 企業や団体・自治体など、 CSR活動としての社会貢献活動へ参加・貢献できる。

また日常的にシュレッダーに書類をかける前に、 活用するというシンプルな手法も手軽さの1つでもある。

 

e-Pod for Business
主にオフィス内の廃棄書類・機密書類などの処理を、 企業から一定の月額料金で処理を引き受ける。 またe-Pod(イーポッド)のビジネススキームをフル活用し、 自社ででた廃棄書類・不要な書類などで再処理化させ、 再びオフィスで使える資源へと再生させ、 ユーザー企業へ還元する。 特に企業として、 日常的に出している廃棄物からCSR活動へ繋がるため、 企業価値を高め、 自社のマーケティングやPRの一環としても活用を見込める。 e-Podを運営するTAASとしては、 2018年8月までに導入社数 200社を目指す。

URL
https://www.epod.jp

サービスローンチ時期
2017年9月29日
 

お問合わせ先(取材・提携など)
ファウンダー兼CEO
大越 隆行
ogoshi@taas2016.com

運営事業者
TAAS合同会社(TAAS,LLC.)
https://www.taas.jp

※e-Podサイトまたは、 弊社TAASサイトよりお問合せください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です