ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

初の3都市周遊となった「アドテック京都、大阪、神戸」が閉幕。3会場合計で1,338人が来場

初の3都市周遊となった「アドテック京都、大阪、神戸」が閉幕。3会場合計で1,338人が来場
初開催となった京都、神戸。新たな形式での実施となった大阪。AIやIoT、BtoB、ブロックチェーンなど多彩なテーマでセッションが行われ、伝統と革新・創造を実感しつつ、ネットワークを広げる機会に。
マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長: 武富正人)は、 2017年7月18日(火)に「アドテック京都」(みやこめっせ)、 19日(水)に「アドテック大阪」(堂島リバーフォーラム)、 20日(木)に「アドテック神戸」(KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸)を開催。 3会場合計で、 1,338人(京都:609人、 大阪:215人、 神戸:514人)が来場したことを発表します。  

今回、 多くの方からの要望に応え、 京都、 神戸でアドテックを初開催。 過去3年にわたって「アドテック関西」の会場だった大阪では、 完全招待制の新たな形式で開催しました。 それぞれの開催地にかかわりのあるスピーカー、 来場者が集まったことはもちろん、 各地からも来場者が集まりました。

「アドテック京都」は、 AIやIoT、 BtoBなどがセッションのテーマに盛り込まれ、 キーノートには、 米P&G バイスプレジデント、 ダイソン日本支社 社長、 日本トイザらス社長などを歴任してきたマーケター 和田浩子氏、 ワコール 執行役員 総合企画室広報・宣伝部部長 猪熊敏博氏とスクリイム・ラウダア 代表 ナカヤマン。 氏が登壇しました。
「アドテック大阪」は、 完全招待制で実施。 デジタルマーケティングの基礎を振り返りつつ、 最近の取り組み事例も多数紹介されました。 少人数でテーブルを囲んでディスカッションすることでそれぞれが本音を語り、 より深いネットワーキングの機会となりました。

 

初開催となった神戸。  キーノートにはネスレ日本専務執行役員 CMOの石橋昌文氏が登壇。
初開催となった神戸。 キーノートにはネスレ日本専務執行役員 CMOの石橋昌文氏が登壇。

アドテック神戸の会場はかつて生糸検査所だった建物を利用した、  デザイン・クリエイティブセンター神戸。
アドテック神戸の会場はかつて生糸検査所だった建物を利用した、 デザイン・クリエイティブセンター神戸。

「アドテック神戸」には、 辰馬本家酒造 代表取締役社長の辰馬健仁氏とネスレ日本 専務執行役員 CMOの石橋昌文氏がキーノートに登壇。 日本の産業を支えた歴史ある建物でありながら、 同時にクリエイティブあふれる空間でもある「KIITO」の雰囲気に合致した、 「歴史・伝統」と「革新・創造」が掛け合わされたセッションが多数行われました。
それぞれ異なるテーマで行われた3日間のカンファレンスを通じて、 動画活用、 コンテンツ・オウンドメディア、 メディア施策など、 あらゆるマーケティング領域においてこれから求められるスキル、 知識が得られ今後の方向性が見えるとともに、 ネットワークを広げる機会となりました。
今年は、 10月17日(火)、 18日(水)にアドテック東京が東京国際フォーラムで開催され、 キーノートセッションにほぼ日の糸井重里氏、 JR九州 会長の唐池恒二氏が登壇します。

■アドテック京都

「アドテック京都」のキーノートには、  米P&G バイスプレジデントを務めたこともある、  和田浩子氏。
「アドテック京都」のキーノートには、 米P&G バイスプレジデントを務めたこともある、 和田浩子氏。

展示会場には、  各社のブースで新たなサービス・ソリューションが紹介されていた。
展示会場には、 各社のブースで新たなサービス・ソリューションが紹介されていた。

■アドテック大阪

「アドテック大阪」のオープニングディスカッションには、  近畿大学 世耕石弘氏、  東洋ゴム工業 森国良征氏、  森下仁丹 磯部美季氏、  ダイキン工業 片山義丈氏が登壇。
「アドテック大阪」のオープニングディスカッションには、 近畿大学 世耕石弘氏、 東洋ゴム工業 森国良征氏、 森下仁丹 磯部美季氏、 ダイキン工業 片山義丈氏が登壇。

少人数、  招待制で行ったことで、  より深いネットワーキングができた。
少人数、 招待制で行ったことで、 より深いネットワーキングができた。

<アドテック京都、 大阪、 神戸 来場者>

■    総来場者数
1,338人(京都:609人、 大阪:215人、 神戸:514人)

 <アドテック 京都 大阪 神戸 概要 >
■京都
日時 2017年7月18日(火)
会場 みやこめっせ
住所 〒606-8343 京都府京都市 左京区岡崎成勝寺町9−1

■大阪
日時 2017年7月19日(水)
会場 堂島リバーフォーラム
住所 〒553-0003 大阪市福島区福島1-1-17

■神戸
日時 2017年7月20日(木)
会場 KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
住所 〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸

公式セッションスピーカー 147人(3会場合計)
 日本アイ・ビー・エム/ライオン/ネスレ日本/アシックス/スリーエムジャパン/フェリシモ/グーグル/フェイスブック/ヤフー/Twitter/楽天/日本経済新聞社/小学館/電通/角川アスキー総合研究所/トランスコスモス/サイバーエージェント/GMO NIKKO/AR 三兄弟/セプテーニ/オプトホールディング など(同不順)
スポンサー:9 出展:13 パートナ/メディアパートナー:16
主催:コムエクスポジアム・ジャパン株式会社
公式サイト: http://adtech-kansai.com/

 ■Comexposium(コムエクスポジアム)について
Comexposiumは、 世界で130を越えるBtoC/BtoBイベントをプロデュースしています。 食品、 農業、 ファッション、 建設、 ハイテク、 など 11の分野をカバーしており、 世界23 カ国で300 万人以上の来場者を記録しています。
ウェブサイト: http://comexposium-jp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です