ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ガイドブック「水俣堂々」をプレゼント!

ガイドブック「水俣堂々」をプレゼント!
熊本県水俣市は、 水俣の風土を紹介したガイドブック「水俣堂々」を発行し、 その記念として抽選でこのガイドブックを100名にプレゼントいたします。
【URL】 http://www.city.minamata.lg.jp/3081.html

 

水俣の風土を紹介したガイドブック「水俣堂々」。

山から川を伝って海へのつながる水俣の物語です。
たくさんの方に読んでいただきたいので、 抽選でこのガイドブックを100名にプレゼントいたします。

 

【応募方法】

ガイドブック中のページ
ガイドブック中のページ

応募方法:ハガキに以下の6項目を記入しご応募ください。

 1.「日本語版」または「英語版」
 2.住所
 3.氏名
 4.年齢
 5.職業
 6.電話番号を明記のうえ
応募先:
 〒867-8555 水俣市陣内1-1-53
   水俣市役所 経済観光課 「水俣堂々」プレゼント事務局
締め切り:7月31日(月)消印有効

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。 また発送をもって発表にかえさせていただきます。
なお、 発送はクリエイティブハウスクリップ(株)(東京都渋谷区)からとなるため、 発送に必要な情報が提供されます。
関連サイト: http://www.city.minamata.lg.jp/3081.html
 

【水俣堂々について】
縄文の時代から恵まれた風土のなか、 祖先が暮らしてきた地、 水俣。
激動の中世・近世を過ごし、 明治時代の終わりからは工業都市として発展しました。
そのなかで大きな苦難を経験し、 平成23 年に「日本の環境首都」の称号を得るに至りました。
遠いむかしから変わらずあった山の、 川の、 里の、 海の、 その美しさ、 豊かさは変わりません。
「水俣だからこそ」の、 産物や文化にあらわれる知恵とこころざしも変わりません。
「水俣堂々」の四文字には、 そうした想いが熱くこめられています。

 

【水俣市について】
水俣市は、 熊本県の南端、 鹿児島県との県境に位置しています。 不知火海を望むリアス式海岸の湯の児温泉や、 新緑に囲まれた湯出七滝、 歴史情緒あふれる温泉街、 デコポンを始めとした山海の恵みや、 水俣独自のスウィーツ、 環境をテーマにした施設など、 観て、 学んで、 食べて、 泊って、 温泉で癒される、 水俣は見どころいっぱいです。
水俣市
所在地:867-8555 熊本県水俣市陣内1丁目1番53号
代表者:市長 西田弘志
URL: http://www.city.minamata.lg.jp/
事業内容:地方公共団体

【お客様からのお問い合わせ先】
水俣市 経済観光課観光振興室
住所:〒867-0051 熊本県水俣市陣内1-1-53
Tel:0966-61-1629
Fax:0966-63-5547

e-mail:shoko@city.minamata.lg.jp

URL: http://www.city.minamata.lg.jp/3081.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です