ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ベタッと開脚してはいけない! からだは柔らかくなくていい! 必要なのは、「正しく」歩くこと!!

ベタッと開脚してはいけない! からだは柔らかくなくていい! 必要なのは、「正しく」歩くこと!!
家の中でもOK。とにかく、毎日たった1分正しく歩くだけで心身ともに健康に!『ベタッと開脚してはいけない。どんなにからだが固い人でも、痛みがなくなり心が整う「1分ウォーキング」』発売

「からだが柔らかいことと、 健康は関係ないのです。 さらに言うと、 ベタッと開脚しようとがんばることで、 からだに負担をかけてしまい、 なにかしらの不調が出ることも少なくありません。 そして実際に、 からだを柔らかくしようとストレッチを必死に続けたばかりに、 あちこちに痛みが出てしまった人に何人も出会ってきました」


そう語るのは、 延べ13万人を超える患者の足を診てきたフットマスターの新保泰秀さん。
人間のからだに、 ベタッと開脚する必要性はなく、 むしろ日本人は股関節のはまりが浅い人が多いため、 必要以上の開脚はあらゆるトラブルのもと。 歩くという動作ができるのであれば、 からだは固くてもいいと断言します。

ストレッチ不要、 筋トレ不要

「私の治療院をおとずれるクライアントさんのなかには、 からだに不調が現れるのは『柔軟性がないから』『筋力がないから』と思い込んでいる人がとても多い気がします。 でも、 治療院まで歩いてたどり着けるのであれば、 柔軟性や筋力よりも、 からだの使い方とバランスを変えることが、 もっとも大切です。
からだの柔軟性を高めても、 日常生活で使わなければ意味がありません。 筋力をつけても日常で使わないのであれば、 筋肉は落ちていきます。 からだの機能を最大限に使いきること。 これが健康や美容への近道というわけです。
今のからだの状態は、 普段のからだの使い方からつくられています。 つまり、 いつものからだの使い方を正すことができれば、 健康になっていきます。 その基本は『正しく立つこと』『正しく歩くこと』です。 そのことによってからだは変化していき、 本来のからだになっていくのです」

◆肩こり ◆腰痛 ◆冷え ◆むくみ ◆便秘 ◆生理痛 ◆眼精疲労や視力低下 ◆イライラ ◆がんや認知症まで!

正しい歩き方を覚えれば、 不調が消えていく。 美肌やダイエット効果も期待できると言います。
「歩くことは、 私たち人間にとって欠かせない動作であり、 からだを動かすことの基本の動作です。 それゆえ、 正しく歩けさえすれば、 からだが本来あるべき状態に戻って、 これまでなかなか改善しなかった慢性的な不調まで、 解消されうるのです。 つまり、 なによりも『正しく歩く』ことを意識しなければいけないということです。

今、 日本人の女性の平均寿命は87歳にもなりましたが、 健康寿命は74歳。 その差の13年間は介護が必要ということです。 そして、 平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)のデータから、 要介護になるおもな原因の77%近くが、 骨折・転倒はもちろん認知症も含めて、 もとは『足腰の機能低下』が関わっている、 と私は考えています。 つまり、 足腰が丈夫であること、 しっかり歩けることが大切であり、 男女問わずそういうからだを保つことができれば、 介護を必要とするような寝たきりにはならず、 生涯、 健康的に暮らすことができるということです」

足首は回してはいけない。 1日1万歩、 歩いてはいけない。

必要なのは、 ただ「正しく」歩くこと。
「でも、 実際には正しく歩くことができている人はほとんどいません。 私たち人間はこの世に産声をあげて1歳前後で歩き始めますが、 おそらく一度たりとも正しい歩き方を習う機会がないままにこれまで年を重ねています。 ということは、 歩き方が正しいかどうかを考えることなく、 自分オリジナルの歩き方を、 何年、 何十年も続けているということ。 しかも、 よかれと思って1日1万歩を目標にウォーキングしたり、 エスカレーターではなく階段を必死に使ったりしている人も珍しくないでしょう。 でもそれこそ、 腰痛などの不調をまねく大きな要因のひとつになっているのです。 間違った歩き方をすればするほど、 からだに負担をかけてしまうためです」

1日1分でOK!

「わざわざウォーキングの時間をつくる必要はありません。 駅まで歩くわずかな距離でもいいですし、 雨の日なら自宅で行ってもかまいません。 とにかく、 毎日たった1分だけ正しい歩き方を意識しましょう。 この『1分ウォーキング』こそが、 健康なからだへと近づくための方法なのです。
たった1分でいいなんて、 驚く人も多いことでしょう。 でも、 私の治療院では、 実際に多くの人が長時間のウォーキングをすることなく、 ほんのちょっとした時間、 正しい歩き方を意識しただけで心身ともに健康を取り戻しています。 さらに、 期待していなかった思わぬ効果を実感している人もいて、 私自身もびっくりするほどです。
正しい歩き方は一度マスターすれば一生ものとなりますから、 まさに今実感している不調だけでなく、 将来も元気よく過ごすためにきっと役に立つことでしょう。 ぜひ、 正しく歩けるようになってください。 今すぐ、 誰にでもできます。 あとは行動するのみです」

☆解説動画☆公開中!
著者本人による「1分ウォーキング」徹底指南
http://foot-master.net/
 

【NG!】前脚の膝が曲がっている。
 

【GOOD!】前脚の膝が伸びて、 かかとから着地。
 

【NG!】後ろ脚の足首が曲がったまま。 脚のつけ根も伸びていない。
 

【GOOD!】後ろ脚のつけ根を伸ばすように意識。 腰、 鼠径部、 ひざ、 足首までが一直線になるようなイメージで。
 


■書名:『ベタッと開脚してはいけない。 どんなにからだが固い人でも、 痛みがなくなり心が整う「1分ウォーキング」』
■出来日:2017年7月26日
■定価:本体1200円(税別)
■体裁:四六判 160 ページ
◆ISBN:978-4-06-220624-2
■講談社刊






 

 


【著者紹介】
新保 泰秀(しんぼ・やすひで)
延べ13万人を超える患者の足を診てきた柔道整復師・フットマスター。
1967年生まれ。 1989年、 東海大学工学部卒業。 大手食品会社勤務を経て、 2002年、 日本柔道整復専門学校卒業。 2004年、 埼玉県越谷市に新保整骨院を開業し、 2014年に南青山『足から治療院』Creare(クレアーレ)をオープン。
「健康は足から」をコンセプトに、 足から全身を診るプロとして、 正しい歩き方を追求し、 新保式ボールウォーキングを確立。 各地でウォーキング教室も実施している。 骨盤矯正、 背骨矯正、 頸椎矯正、 頭蓋骨小顔矯正など全身の調整も行う。 世界に一足のオーダーメイド矯正インソール作製数No.1。 著書に『正しく歩けば不調が消える! 1日300歩ウォーキング』(日本文芸社)、 『靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える』(主婦の友社)。
■南青山『足から治療院』Creare http://minamiaoyama-foot.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です