ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

オプト、「Criteo Certified Partners(スター代理店制度)」にて国内最高ランクのファイブスター代理店に認定

オプト、「Criteo Certified Partners(スター代理店制度)」にて国内最高ランクのファイブスター代理店に認定
オプトグループの株式会社オプト(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、 以下オプト)は、 パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCRITEO株式会社(本社:フランス NASDAQ:CRTO 以下、 Criteo)が提供する広告商品の継続的な販売実績と運用実績を有する代理店に与えられる「Criteo Certified Partners(スター代理店制度)(※1)」において、 国内最高ランクであるファイブスター代理店に認定されました。


「Criteo Certified Partner(スター代理店制度)」とは、 Criteo製品を継続的に販売し、 認定テストをクリアした代理店が認定される制度で、 半期の売上高に応じてスターターからファイブスターまでのランクがあり、 スターが増えるほど、 高い販売実績と運用実績を有していることを意味します。

オプトは、 Criteoの提供する広告商品を含めたレコメンド広告において、 国内でもトップレベルの販売実績と運用クオリティを有するパートナーとして、 この度ファイブスター代理店として認定されました。 なお、 2015年7月より施行されたスター代理店制度ですが、 オプトではこれまで4期連続でフォースター認定を獲得してきており、 今期より最高ランク獲得となります。

これまでもオプトでは、 Criteoの提供する広告商品を含めたレコメンド広告の販売に注力し、 レコメンド広告専任のコンサルティングチームや、 レコメンド特有のシステム導入(タグ設置、 データフィード作成)を行うサポートチームの設置、 さらには、 データフィードマネジメントの工数を大幅に削減し高速PDCAを実現する独自ツール「Feed Terminal」(※2)を開発するなど、 運用支援を行ってまいりました。

今後は、 さらにCriteoとの協力体制を強化し、 これまでに蓄積した豊富な運用知見をもとに、 企業のデジタルマーケティングを支援し、 データフィード広告市場のさらなる成長に寄与してまいります。


※1 Criteo Certified Partners(スター代理店制度)について
http://www.criteo.com/jp/criteo-certified-partners/

※2 「Feed Terminal」について
フィード広告に活用するデータ作成・設定を一括管理するためのツール。
Feed Terminalを活用しレコメンド広告のフィード作成を行うことで、 データファイルの生成に加え、 アカウント設計やクリエイティブ設計の基盤となるデータフィードを作成することが可能です。
https://feed-terminal.jp/

【株式会社オプトについて】
オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。 「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。  

設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億円 (2016 年 12月末現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:eマーケティング事業
URL: http://www.opt.ne.jp/

【Criteo(クリテオ)について】
Criteo(NASDAQ: CRTO)は一人ひとりの興味、 関心に合わせたメッセージをオンライン広告を通じて届けるマーケティングソリューションを提供しています。 広告をクリックすることで発生した売上を明確にすることで、 ROI(投資利益率)の透明性を確保し、 投資判断を容易にしています。 Criteoは南北アメリカ、 ヨーロッパ、 アジア太平洋に30カ所以上のオフィスを展開し、 2,500名の従業員を擁して、 世界各国 の多くのパブリッシャーと直接取引関係を結び、 14,000の広告主の広告を生成・配信しています。
※詳細は http://www.criteo.com をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です