ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

8月4日(金)『小林さんちのメイドラゴン』原作マンガの担当編集者が「マンガ家は何をもとめられているか」を講義。

8月4日(金)『小林さんちのメイドラゴン』原作マンガの担当編集者が「マンガ家は何をもとめられているか」を講義。
アミューズメントメディア総合学院に来校。
「月刊アクション」で好評連載中、 2017年1月にアニメ化された人気作品『小林さんちのメイドラゴン』などを手掛けた双葉社の担当編集者が、 8月4日(金)にアミューズメントメディア総合学院(東京都渋谷区東2-29-8)で開催されるマンガイラスト学科の体験説明会スペシャルゲストとしてご登壇します。

当日は、 編者者の視点による「マンガ家は何をもとめられているか」を講義!実際の『小林さんちのメイドラゴン』の立ち上げの経緯やアニメ化までの流れなども紹介し、 マンガ家と編集者がどのように仕事をしているかをお話しします。 マンガ家を目指したい人のためのスペシャルゲストイベントです。
双葉社とは「週刊大衆」、 「漫画アクション」などの定期刊行物、 コミック、 書籍などを発行している総合出版社。 『鈴木先生』(武富健治)、 『この世界の片隅に』(こうの史代)、 『orange』(高野苺)など大ヒットマンガも多数手掛けている。

アミューズメントメディア総合学院
エンタテインメント業界の第一線で活躍できるクリエイター・タレントを輩出すべく、 1994年に開校。 グループ内にゲーム・マンガ・小説・映像などの制作機関を持ち、 それによって独自の「産学共同・現場実践教育」を実現。 第一線で活躍する多数のクリエイター・パフォーマーを輩出し続けている。

マンガイラスト学科
現役のプロマンガ家や編集者を講師に迎え、 講義と個別添削、 投稿・持ち込み指導により、 多数のマンガ家・イラストレーターを輩出。 さらに、 自社で出版物を市場に送り出す「産学共同プロジェクト」を推進し、 様々なデビューチャンスを提供している。 2017年5月現在で、 卒業生のマンガ出版・デビュー実績は300名を突破。 毎年7割近い学生が担当編集者付きになり、 デビューへの距離を縮めている。
■イベント概要
開催日:2017年8月4日(金)
12:30~ 受付開始
13:00~ 体験講義・学院説明・個別入学相談
16:30 終了予定
※アミューズメントメディア総合学院マンガイラスト学科への入学を検討されている方のための体験説明会です。
満席の場合、 入学を希望されない方のご来場をお断りする場合があります。 ご了承ください。
※要予約、 参加無料、 高校生以上 保護者の付添参加可能
■申込み方法
WEBサイトから
PC: https://www.amgakuin.co.jp/ssl/setsumeikai/detail.html?gk=cmc-list#n15328
スマホ: https://www.amgakuin.co.jp/sp/ssl/setsumeikai/prec.html?gk=cmc-list#n15328

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です