ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ダイナムとサンスリーが共同開発した「CRAドラム海物語77DS」8月21日より導入開始

ダイナムとサンスリーが共同開発した「CRAドラム海物語77DS」8月21日より導入開始
全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(東京都荒川区代表取締役藤本達司)は、
株式会社サンスリーと共同開発した「CRAドラム海物語77DS」の合計1,000台を2017年8月21日(月)より、 ダ
イナムジャパンホールディングスグループ(以下:DYJHグループ)の店舗に順次導入致します。
当社はホールの膨大な遊技データから、 お客様視点に立った、 より楽しめるパチンコ機・パチスロ機をメーカーと共に開発し提供していきます。

1. 「CRAドラム海物語77DS」について
ダイナム導入機(DS)においては、 少額投資で大当りを楽しめる1/77.7タイプであり「大当りを多く体感したい」
「休日は朝からゆっくりと、 平日は仕事帰りに短時間で楽しみたい」など、 お客様の「生の声」を開発コンセプトに盛り込みました。

<コンセプト>
通常時の大当り確率を高めることで初当りまでの初期投資を抑え、 大当りを体感しやすい設計としました。 また、
分かりやすさを意識した演出・ゲーム性により、 初⼼者にも親しみやすく、 飽きずに何度でも楽しんでいただける遊技機を目指しています。

<特徴>
・大当りを体感しやすいよう、 通常確率が1/77.7となっています。
・本機の大きな魅力である15R大当りを体感しやすいよう、 15R⽐率を25%まで高めています。

<機種概要>
スペック ダイナム導入機(DS) ⼀般販売機(SBB)
大当り確率 低確率:1/77.7
高確率:1/19.9
低確率:1/99.9
高確率:1/16.1
確変タイプ 突入100%(ST 8回) 突入100%(ST 8回)
賞球数 4&2&3&9 4&2&3&11
カウント数 7C 7C
ラウンド(⽐率) 5R 7R 15R
37.5% 37.5% 25%
6R 8R 15R
39% 53% 8%
電サポ回数 40回 40回or100回

 

2. ダイナムのPB機開発について
当社では従前より、 パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」として提供することを目指しております。 その手段の⼀つとして、 当社がもつ膨大な遊技データをもとに、 メーカー企業と協同で遊技機の開発を進めています。 当社が開発を目指すプライベートブランド機(以下PB機)は、 少額投資でパチンコ本来の楽しさを体験でき、 結果として長く楽しめることを目的に、 大当り確率1/100~1/200タイプを中⼼としています。

今後も少額で気軽に楽しむことができる遊技機の豊富な品揃えを提供すべく、 継続してPB機の開発に取り組ん
でまいります。

3. ダイナムPB機の特徴
・1円パチンコで、 ⼀日2,000円~3,000円の少額投資で気軽に遊べること
・シンプルで分かりやすい演出・ゲーム性により、 初⼼者にも親しみやすく、 飽きずに何度でも楽しめること
・パチンコ本来の楽しさを体感できるよう大当り確率1/100~1/200タイプを中⼼としていること

<ご参考>
ダイナムPB情報: http://www.dynam.jp/amusement/pb/pb.html
パチンコ用語集: http://www.dynam.jp/guide/glossary/glossary.html

株式会社ダイナム
パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」となるよう改⾰し、 「街と生きるパチンコ。 」を目指すべく、 日本全国にチェーン型パチンコホールを展開しています。 2017年6月現在、 全国46都道府県に404店舗を展開し、 1円パチンコなどの低貸⽟営業を中⼼とした店舗展開を推進しています。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス
信頼と夢を育む百年の挑戦という企業理念を掲げ、 日本全国にチェーン型パチンコホールを展開する株式会社ダイナムを含む3社のパチンコホール経営会社およびその関連会社、 合計7社のグループ⼦会社株式を保有する持株会社で、 2012年8月、 パチンコホールオペレーター企業として初めて株式上場しました。
(⾹港証券取引所メインボード/ 証券コード:06889)
 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です