ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

10月2日(月)、ブラック・サバス涙のラスト・ライヴを疑似体験!東京・名古屋・大阪のライヴハウスZeppにて大音量上映!!!全世界で日本だけ!全曲完全ノーカット版独占上映!『最初が最後!』

10月2日(月)、ブラック・サバス涙のラスト・ライヴを疑似体験!東京・名古屋・大阪のライヴハウスZeppにて大音量上映!!!全世界で日本だけ!全曲完全ノーカット版独占上映!『最初が最後!』
ライヴ絶響上映1周年記念!第二弾はブラック・サバス!10月2日(月)、音楽史に残るラスト・ライヴを疑似体験!!世界のミュージシャンが認めるライヴハウスZeppのPAシステムを駆して、ライヴ絶響上映!
2017年2月4日、 ブラック・サバスの地元であり、 『ヘヴィ・メタルの聖地』英バーミンガムのゲンティン・アリーナでパフォーマンスし、 2016年1月20日からスタートした北米、 豪州、 欧州、 南米を廻った『ジ・エンド』ツアー全81公演を終了し、 この日をもって世界最狂のヘヴィ・メタルバンド、 ブラック・サバスの活動に終止符を打った
 

[メインビジュアル]10.2(月) Bサバス映画
[メインビジュアル]10.2(月) Bサバス映画

 ブラック・サバスは、 1968年にバーミンガムで結成。 ヘヴィ・メタルの開拓者であり礎を築いた、 まさしくヘヴィ・メタルの歴史を作ったバンドすなわち、 音楽史のイチ・ページを作ったバンドである。 ヘヴィ・メタルの創造主であるサバスは、 約50年間で19枚のアルバムを生み出し、 メタリカやスリップノット等々数々の世界的ミュージシャンは勿論のこと、 全世界の音楽シーンに影響を与え続けた。 2017年2月4日、 ソールドアウトとなったゲンティン・アリーナは、 ヘヴィメタルの伝説であり、 最高峰であるブラック・サバスの最後の雄姿を目撃すべく、 1万5千人以上のファンでで埋め尽くされた。 ヘヴィ・メタルのクラシックで、 全ヘヴィ・メタルの根源である名曲「Black Sabbath」「War Pigs」、 「Iron Man」等約2時間に及んだセット(オジー在籍時の楽曲のみ)は、 ブラック・サバスの華々しい歴史の終焉に相応しい全16曲が演奏され、 アンコールでサバスの代表曲でありメタル・アンセムの「Paranoid」で約50年の歴史に幕を閉じた。

 そのドキュメンタリー映像『Black Sabbath: The End Of The End』の海外での劇場公開が決定しており、 9月28日に世界中の映画館1500館以上で上映が行われることが先日発表されたが、 日本はドキュメンタリー映像の上映ではなく、 世界で唯一、 その『ジ・エンド』ツアーの最終公演を全曲ノーカットで完全収録したライヴ映像を10月2日(月)1夜限定で東京/名古屋/大阪の3Zepp(Zepp DiverCity/Zepp Nagoya/Zepp Namba)でライヴ絶響上映することになりました。 日本独占上映となります。

 『ジ・エンド』ツアーは、 ここ日本で行われることはなくバンドは最後を迎えてしまったのですが、 バンドにとって地元凱旋公演であり、 <THE END>ツアーの最終公演であり、 ブラック・サバスとしての大団円となった歴史的ライヴを疑似体験できる最後の機会となる。 2013年オジーが復帰してのアルバムとしては35年ぶり、 サバスとしては18年ぶりの19枚目のアルバム『13』をリリース。 デビューから43年目にして、 初めて全米ビルボードチャート1位を獲得。 数多くのアルバムを全英・全米チャートのトップ10に送り込み、 2000年と2014年にはグラミー賞を受賞し、 2006年にロックの殿堂入りしたまさしく世界の音楽シーンが認めた“ロックの生き証人”であるブラック・サバス。 オリジナル・メンバーのビル・ワードは今回のツアーには不参加だったが、 オジー・オズボーン(69歳)/トニー・アイオミ(69歳)/ギーザー・バトラー(68歳)がいてのオリジナル・ラインナップでライヴをやることは奇跡的で、 メンバーの年齢的に考えてもコレが本当にサバスとしては最後のライヴで、 活動に終止符を打ったライヴという意味では、 『散会ライヴ』と言っても過言ではない。 世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZepp規模のPAシステムを利用して、 『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で上映するのは、 世界で唯一ここ日本だけで、 これを逃すと2度と体感することができない『最初が最後』のライヴ絶響上映となっている。 まさしく、 今回の1夜限定上映が、 バンドの有終の美を目に焼き付ける世界的ラスト・チャンス。 即完必至のチケット販売は、 本日8月17日(木)15時より、 e+にてプレオーダー開始!!
『最後の目撃者は、 アナタだ!』

============================================
『ワールド・ツアーをやってこうして地元に戻って来れたのは、 本当に凄いことだ。 長い間応援してくれたファンにサヨナラを言うのはやはり辛いね。 駆け出しの頃、 49年後に自分たちの故郷バーミンガムでバンドの最後のライヴをやるなんて夢にも思わなかったょ』  ―ブラック・サバス

『バーミンガムのパブでプレイしていて、 「酒呑んでジャムして、 数年は食えそうかな」と思ったのを覚えている。 でも、 それは信じられないほど素晴らしい冒険の始まりだった。 おかげで最高の人生が送れたよ』 
-トニー・アイオミ

『「なんとも信じられない旅だった。 クソ最高だ。 」これが、 史上最強のメタルバンドからの最後の言葉だ。 』 -オジー・オズボーン


【上映予定楽曲】
1.Black Sabbath                 /『BLACK SABBATH/黒い安息日』(1st/70年)収録 ★
2.Fairies Wear Boots          /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録 ★
3.Under the Sun/Every Day Comes and Goes  
              /『BLACK SABBATH Vol.4/ブラック・サバス4』(4th/72年)収録 ★
4.After Forever                  /『MASTER OF REALITY/マスター・オブ・リアリティ』(3rd/71年)収録
5.Into the Void                  /『MASTER OF REALITY/マスター・オブ・リアリティ』(3rd/71年)収録 ★
6.Snowblind                      /『BLACK SABBATH Vol.4/ブラック・サバス4』(4th/72年)収録 ★
7.War Pigs                        /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録 ★
8.Behind the Wall of Sleep     /『BLACK SABBATH/黒い安息日』(1st/70年)収録 ★
9.N.I.B.                                /『BLACK SABBATH/黒い安息日』(1st/70年)収録    ★
10.Hand of Doom                  /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録
11.Supernaut                        /『BLACK SABBATH Vol.4/ブラック・サバス4』(4th/72年)収録
  Sabbath Bloody Sabbath  /『SABBATH BLOODY SABBATH/血まみれの安息日』(5th/73年)収録
  Megalomania                   /『SABOTAGE/サボタージ』(6th/75年)収録
12.Rat Salad                         /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録
13.Iron Man                          /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録 ★
14.Dirty Women                    /『TECHNICAL ECSTASY/テクニカル・エクスタシー』(7st/76年)収録
15.Children of the Grave        /『MASTER OF REALITY/マスター・オブ・リアリティ』(3rd/71年)収録 ★
16.Paranoid                           /『PARANOID/パラノイド』(2nd/70年)収録 ★
★印|(オジー在籍時代の初来日公演)2013.05.12 Ozzfest Japan 2013@幕張メッセ国際展示場 出演時のセットで重なる楽曲。

[ロゴ]10.2上映 Bサバス映画
[ロゴ]10.2上映 Bサバス映画
日本独占!ラスト・ライヴ・フィルム『ブラック・サバス ジ・エンド』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪
原題|BLACK SABBATH THE END
日程|2017年10月2日(月) Monday.2nd.October.2017
時間|18:30開場/19:30開演 |6:30pm door/7:30pm start
会場|Zepp DiverCity(TOKYO)/Zepp Nagoya/Zepp Namba(OSAKA)

券種|1.センターエリア・シート|2.一般自由席|3.スタンディング (いずれも1Fのみの販売になります)         
2017年/英国/BD/16:9/2ch/2K
公式ホームページ|www.110107.com/zepp-de-zekk ♯絶響上映
 

[ロゴ]ライヴ絶響上映
[ロゴ]ライヴ絶響上映

『ダイナミックな音圧』、 『ライヴ級の大音量』、 『迫力の大画面』でブラック・サバスのコンサート・フィルムを存分にご堪能頂けます。
『まるでライヴを観るみたいだ!』等々、 ZEPP DiverCity[東京]/Zepp Nagoya/Zepp Namba[大阪]の3会場で、 ライヴを疑似体感できる上映イベント。 “絶叫OKのライヴ音響による上映”ということで、 スタンディングで絶唱しながらヘドバンしたりとライヴを観てる様な醍醐味を味わうことができる。 またライヴハウスZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、 4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーンは、 『ご家庭では絶対味わうことはできません』
===============================================
[チケット]
本日8月17日(木)15時より、 販売受付開始
前売券|センターエリア・シート(全席指定):4,000円(税込) |4,000JPY(tax incl)
   /一般自由席(全席自由):3,000円(税込)|3,000JPY(tax incl)
   /スタンディング:2,000円(税込)|2,000JPY(tax incl)

当日券|センターエリア・シート(全席指定):4,500円(税込) |4,500JPY(tax incl)
   /一般自由席(全席自由):3,500円(税込)|3,500JPY(tax incl)
   /スタンディング:2,500円(税込)|2,500JPY(tax incl)

※入場者特典付(先着での配布になります。 配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
※ご入場時に、 別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※1Fの座席のみの販売になります。
※センターエリア・シート|会場中・後方の座席で、 より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

企画・主催|(株)Zeppホールネットワーク、 (株)ソニー・ミュージックダイレクト  
協力|ヤマハミュージックメディア (C) 2017 Trafalgar Releasing Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.  
*ご紹介いただく際、 上記の表記をお願いいたします。
===================================================
≪チケット≫
【プレオーダー(抽選)】2017年8月17日(木)15:00~8月29日(火)23:59
◎イープラス:・席種|センターエリア・シート、 一般自由席及びスタンディングの販売。
http://eplus.jp/zepp-de-sabbath/ (PC、 モバイル共通)

———————————————————————————————————–
【一般発売(先着)】 2017年9月4日(月)15:00~2017年10月1日(日)  23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、 予定枚数に達し次第受付終了となります。

◎イープラス: ・席種|センターエリア・シート、 一般自由席及びスタンディングの販売。
http://eplus.jp/zepp-de-sabbath/ (PC、 モバイル共通)WEBからお申込みの上、 ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。
または、 全国のファミリーマート店内のFamiポートから、 直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎チケットぴあ:・席種|一般自由席及びスタンディングの販売。
http://w.pia.jp/t/sabbath/ (PC、 モバイル共通)Pコード:557-485[東京・大阪共通] WEBからお申込みの上、 全国のセブン-イレブン、 サークルK・サンクス、 チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。
または全国のセブン-イレブン、 サークルK・サンクス、 チケットぴあの店舗にて、 直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

—————————————————————————————————-
【 当日券(先着)】2017年10月2日(火)~時間未定
※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

公演の詳細は、 イベント公式サイトにて御確認ください。
www.110107.com/zepp-de-zekk  
twitter| ♯絶響上映

[ロゴ]black sabath
[ロゴ]black sabath

【本上映の特徴1.】『ヘヴィ・メタルの創造主、 ブラック・サバス。 音楽シーンを創った“生き証人”』
ヘヴィ・メタルの開拓者であり礎を築いた、 まさしくヘヴィ・メタルの歴史を作ったバンドすなわち、 音楽史のイチ・ページを作ったバンドである。 ヘヴィ・メタルの創造主であるサバスは、 約50年間で19枚のアルバムを生み出し、 メタリカやスリップノット等々数々の世界的ミュージシャンは勿論のこと、 全世界の音楽シーンに影響を与え続けた。
数多くのアルバムを全英・全米チャートのトップ10に送り込み、 2013年、 オジーが復帰してのアルバムとしては35年ぶり、 サバスとしては18年ぶりの19枚目のアルバム『13』をリリース。 デビューから43年目にして、 初めて全米ビルボードチャート1位を獲得。 2000年と20014年にはグラミー賞を受賞し、 2006年にロックの殿堂入りするまさしく世界の音楽シーンが認めた“ロックの生き証人”であるブラック・サバス。 ヘヴィ・メタルのクラシックで、 全ヘヴィ・メタルの根源である名曲「Black Sabbath」「War Pigs」、 「Iron Man」、 そしてサバスの代表曲でありメタル・アンセム「Paranoid」等々を本作で披露。

【本上映の特徴2.】『ブラック・サバス約50年の歴史の幕を閉じた、 本当に最後のコンサート』
ブラック・サバスは、 今年の2月2、 4日の2日間、 地元英バーミンガムのゲンティン・アリーナでパフォーマンスし、 2016年1月20日からスタートした北米、 豪州、 欧州、 南米を廻った『ジ・エンド』ツアー全81公演を終了し、 この日をもって世界最強のヘヴィ・メタルバンド、 ブラック・サバスの活動に終止符を打った。 2017年2月4日、 ソールドアウトとなったゲンティン・アリーナは、 ヘヴィメタルの伝説であり、 最高峰であるブラック・サバスの最後の雄姿を目撃すべく、 1万5千人以上のファンでで埋め尽くされた。 オリジナル・メンバーのビル・ワードは今回のツアーには不参加だったが、 オジー・オズボーン(69歳)/トニー・アイオミ(69歳)/ギーザー・バトラー(68歳)がいてのラインナップでライヴをやることは奇跡的で、 メンバーの年齢を考えてもコレが本当にサバスとしては最後のライヴで、 活動に終止符を打ったライヴという意味では、 『散会ライヴ』と言っても過言ではない。

【本上映の特徴3.】日本独占企画。  音楽史に残るサバスのラスト・ライヴを全曲完全ノーカット上映!!
 ブラック・サバスのドキュメンタリー映像『Black Sabbath: The End Of The End』の海外での劇場公開が決定しており、 9月28日に世界中の映画館1500館以上で上映が行われることが先日発表されたが、 日本はドキュメンタリーの上映ではなく、 全世界で唯一、 その『ジ・エンド』ツアーの最終公演を全曲ノーカットで完全収録したライヴ映像を10月2日(月)1夜限定で東京/名古屋/大阪のZeppでライヴ絶響上映することになりました。 『ジ・エンド』ツアーは、 ここ日本で行われることはなくバンドは最後を迎えてしまったのですが、 バンドにとって地元凱旋公演であり、 <THE END>ツアーの最終公演であり、 ブラック・サバスとしての大団円となった音楽の歴史に残るライヴを目撃する最後の機会となる。

【本上映の特徴4.】日本屈指のライヴ・ハウスZeppのPAシステムで、 ラスト・ライヴを疑似体験!!
 世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZepp DiverCity/Zepp Nagoya/Zepp Nambaでサバスのラスト・ライヴを疑似体験できる最後の機会となる。 Zepp規模のライヴハウスのPAシステムを利用して、 『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で上映するのは、 世界で唯一ここ日本だけで、 これを逃すと2度と体感することができないライヴ絶響上映となっている。 まさしく、 今回の1夜限定上映が、 バンドの有終の美を目に焼き付ける世界的ラスト・チャンス。

【本上映の特徴5.】ライヴ絶響上映は、 9月で1周年を迎えます! 記念上映の第二弾!
         9/25・10/2の初の2週連続上映&東名阪3Zeppにて上映!

世界のミュージシャンが認めた日本屈指のライヴハウスZeppのライヴハウスのPAシステムを利用して、 『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で上映し、 ご好評を得た『ライヴ絶響上映』。 超不定期上映ながらみなさまに支えられて、 今年の9月で満1歳を迎えることができました。 第一弾上映の“Led Zeppelin”を皮切りに、 “Metallica”“Prince”“Rolling Stones”“Paul McCartney&Wings”“Pink Floyd”と世界最高峰クラスのミュージシャンの音楽映画や、 『Purple Rain』や『セッション/原題WHIPLASH』等、 音楽要素が重要な劇映画も上映してまいりました。 日ごろのみなさまのご愛顧に感謝の気持ちを込めましてライヴ絶響上映1周年企画を考えました。
ライヴ絶響上映の1周年記念第一弾では、 ピンク・フロイドのDavid Gilmourの世界遺産で行われたライヴを9月25日にZepp DiverCity/Zepp Nambaで上映。 1周年記念第二弾は、 ライヴ絶響上映初の2週連続上映ということで、 ブラック・サバスとしては、 本当に最後となる音楽史に残るライヴを10月2日に、 Zepp DiverCity/Zepp Nambaそして、 Zepp Nagoyaにてライヴ絶響上映することになりました。 Zepp Nagoyaでの上映は、 ライヴ絶響上映としては、 第一弾上映作品Led Zeppelin以来1年ぶりに東名阪の3Zeppで上映いたします。 Zepp規模のライヴハウスのPAシステムを利用して、 大音量・大画面での上映するのは、 世界で唯一ここ日本だけで、 世界初の試みに全世界の注目が集まる様になりました。 上映を見逃すと2度と体験することができないまさしく【最初が最後!】のライヴ絶響上映!皆様のご期待に沿えるよう、 これからも邁進してまいりますので、 これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です