ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

アメリカでトップクラスの人気を誇る無線LANルーター『TL-WR940N』 9月15日(金)よりオンラインショップ限定で販売開始

アメリカでトップクラスの人気を誇る無線LANルーター『TL-WR940N』 9月15日(金)よりオンラインショップ限定で販売開始
中継器やアクセスポイントとしても利用可能
 ネットワーク製品の開発、 製造、 販売で世界No.1のシェアを誇るティーピーリンクジャパン株式会社(所在:千代田区外神田/代表:Simon Li、 以下TP-Link)は、 2017年9月15日より、 オンラインショップ(Amazon、 楽天市場、 Yahooショッピング)限定で無線LANルーター『TL-WR940N(税込2,680円)』を販売開始いたします。
 『TL-WR940N』はIEEE 802.11n規格の製品の中でも450Mbps/2.4GHzの無線通信速度を誇り、 中継器やアクセスポイントとしても使用でき、 柔軟性に優れた無線LANルーターです。 高性能で安価という特徴とそのデザインが支持され、 Amazon USで年間販売台数実績トップ3*にランクインしています。 また、 業界最長クラスの3年間保証も付いているため、 安心してご利用頂ける製品となっております。 *自社調べ(調査期間:2017年1月~8月














【製品情報】

■『TL-WR940N』 (税込2,680円)
※オンライン限定販売(Amazon、 楽天市場、 Yahooショッピング)

▶  無線通信速度450Mbps/2.4GHz
  450MbpsのワイヤレススピードはオンラインゲームやHD動画等、 無線通信速度を必要とする
  シチュエーションにおすすめ

▶  外部アンテナ×3本(無指向性、 固定式)
  3本の外部アンテナを備えているので安定したWi-Fi電波を送信

▶  WPSボタン搭載
  かんたんに無線接続設定が可能なWPSボタン搭載

▶  帯域幅制御
  IPベースのQoS を使えば、 すべての端末に必要なWi-F帯域幅を供給


【TL-WR940Nの特徴】

様々な用途に合わせて柔軟に使える
TL-WR940Nは管理画面から動作モードをかんたんに切り替えることが出来ます。

【三つの無線接続モード】


1.ルーターモード
 通常の無線LANルーターとして利用

2.中継器モード
 中継器としても利用が可能

3.ブリッジモード(APモード)
 プロバイダーから既にルーターを提供されている場合は、 アクセスポイントとしても使用することが可能

一人暮らしの方だけでなく、 一軒家や小規模のオフィスなど、 様々な環境や用途に合わせて柔軟な使い方をすることができ、 安定したワイヤレスパフォーマンスを発揮します。 また、 2.4GHz帯のみに対応していることから、 ライトユーザーの方にも使い勝手の良い製品となっています。


■  広範囲にわたって安定した無線通信速度を実現

従来の11g製品の8倍以上の速度である最大450Mbpsの無線通信速度を誇りながらも、 コンクリートや障害物などでも減衰しにくい2.4GHz帯を使っていることから、 長距離接続を可能にします。 これにより、 非常に安定したワイヤレスネットワークを実現します。

高品質なデザイン


W230mm×D144mm×H33.5mmというサイズ感に加え、
重さがわずか0.27kgという、 無線LANルーターとしては
非常に軽量化したデザインです。
また、 インテリアとしても十分に楽しむことが出来ます。




【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
代表 :Simon Li
所在地 :東京都千代田区外神田五丁目2番1号 Sビルディング6階
コーポレートサイト : http://www.tp-link.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です