ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

Salesforceに対応した「GEMBA Note for Business」を発表

Salesforceに対応した「GEMBA Note for Business」を発表
2017年09月21日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiがSalesforceに対応した「GEMBA Note for Business」を発表
~Salesforceオフライン時の利用環境を改善、 ビデオ・写真・音声等のマルチメディア情報の容易な記録・活用環境を実現~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、 代表取締役社長:浮川 和宣)は、 Salesforce に対応した現場業務向け超機能デジタルノート・アプリ「GEMBA Note」の法人向け製品「GEMBA Note for Business」を発表します。

本製品は、 2017年8月に発表された「GEMBA Note for Business Enterprise Edition」の上で構築され、 SalesforceのAppExchange上で連携モジュールが提供される予定です。 出荷開始はiOS版が2017年12月、 Windows 版が2018年3月を予定しています。 運用環境は、 お客様ごとに柔軟に構築することが可能で、 1ユーザーあたりの月間利用料は5,000円を予定しています。


「GEMBA Note for Business」は、 MetaMoJiが培ってきたモバイル端末用のアプリケーション・ノウハウを結集した、 現場のIT化の切り札です。 これまでIT化がなかなか進んでいなかった現場の多種多様なニーズに対応した使いやすいアプリとして、 現場の目線で開発し、 2016年5月より製品を提供してきました。

セールスフォース・ドットコムは世界No.1 のCRM(顧客関係管理)プラットフォームを提供しています。 営業管理のみならず、 カスタマーサービスやマーケティング支援、 AIプラットフォームであるEinstein を提供し、 企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。

フィールドサービス、 営業担当者の活動支援、 店舗での接客支援等、 様々な場面において、 Salesforce とGEMBA Noteの連携が考えられます。

「GEMBA Note for Business」のSalesforce版は、 Salesforce内に蓄積されたデータを取り込んでの帳票の作成や、 GEMBA Noteに書かれた内容をSalesforceに書き出す機能を持っています。 書き出されたノートのページへのリンクも自動生成されるため、 利用者はSalesforceとGEMBA Noteの間の情報のやりとりをシームレスに行うことができます。

GEMBA Noteの豊富な編集機能は、 ネットワークが繋がらないオフラインでも利用できます。 利用の一例は以下の通りで、 オフライン時の利用環境を大きく改善します。

1. 朝、 フィールドエンジニアがオンラインの状態で、 その日に行く先の複数件の情報をSalesforceから読み込んで帳票を作成
2. 日中はネットワークに繋がらないオフラインの状態で記録表を作成
3. 夕方、 帰社してネットワークに繋げてまとめてアップロード

また、 GEMBA Note には、 写真、 動画、 音声をページ内で張り込んで編集する機能があるので、 営業情報のコアな定型情報は、 Salesforceで管理します。 紙のノートに記録されている非定型の種々な情報は、 写真、 動画、 音声に、 手書きアノテーションを加えて記録していき、 該当ページをSalesforce内のリンクで登録することで、 SalesforceとGEMBA Note間のシームレスな連携が可能になります。

なお、 「GEMBA Note for Business」 のSalesforce対応版は、 9月26日(火)・27日(水)に、 ザ・プリンスパークタワー東京にて開催される「Salesforce World Tour Tokyo 2017」に参考出品されます。 https://www.salesforce.com/jp/swtt

MetaMoJi では、 今後も現場のIT化に貢献するアプリケーションとソリューションの開発を進めてまいります。

<利用料>
1ユーザーあたりの月間利用料:5,000円を予定
※初期手数料、 Salesforceとの連携環境の構築費用は除いたアプリケーション利用料金です。

<「GEMBA Note for Business」Salesforce版の出荷開始時期>
iOS版:2017年12月(予定)
Windows版:2018年3月(予定)

<エンドースコメント>
今回の「GEMBA Note for Business」のSalesforce対応版発表について、 3,000件以上のSalesforce案件の実績を持つ株式会社ウフル様より、 以下のエンドースコメントをいただいています。
 
このたびの「GEMBA Note for Business」のSalesforce対応版の提供開始を心より歓迎いたします。
株式会社ウフルが提供するIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」と連携する事で、 様々なフィールドのデジタル化が進み、 お客様の業務を刷新し、 新しい働き方が実現すると確信します。
 
株式会社ウフル 常務 執行役員
千葉 友範 氏

【GEMBA Noteの主要機能】
「GEMBA Note」では、 刻々と変化する現場の瞬間を、 待ったなしで確実に記録、 処理する豊富な機能を搭載しています。 事務所に戻ることなく現場で完了する業務を増やし、 作業効率の改善、 現場での業務品質の向上、 ミスの削減に大きく貢献します。

・紙とペンのようにスイスイ書ける「ノート編集機能」
・ページに日付が自動的に付加され、 あとからの検索、 再利用が容易になる「日付管理機能」
・写真を直接撮影、 ノートに貼って、 手書きでメモも可能な「写真機能」
・見積書や業務テンプレートを計算できるノートに埋め込めるスプレッドシート「表計算ユニット」
・1ページに複数のカレンダーを置き、 イベントの読み込み・書き込みができる「カレンダーユニット」
・書いた文字、 写真、 PDF にあとから、 タグをつけることで、 期限管理もできる「ToDo」管理
・使うシーンごとに、 利用するコマンド、 テンプレートをカスタマイズできる「ツールボックス」
・1ページに複数のPDFを置いて、 大量の文書の処理を可能にする「PDFユニット」
・プログラミング無しでビジネスの定型フォームを、 定義することができる「フォームデザイン」
・現場の「今」を聞き逃さない「音声録音」
・作成したノートや報告書を瞬時にチームで共有できる「共有ドライブ」
・カスタマイズしたテンプレートやアイテム、 ツールボックスをチームで共有できる「コンテンツ配信」
・チームワークを支援するリアルタイム情報共有「Share」機能
など

※「GEMBA Note」の詳細については、 下記のホームページをご覧ください。
http://product.metamoji.com/gemba/gembanote_biz/

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、 研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。 先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、 さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、 その成果を事業化することを目指します。 http://www.metamoji.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です