ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

タグ・ホイヤー「#おれたちホイヤー族」期間限定SNSキャンペーンを実施中

タグ・ホイヤー「#おれたちホイヤー族」期間限定SNSキャンペーンを実施中
タグ・ホイヤーでは、 直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」で開催中の「”世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ” 展」に合わせて、 SNSキャンペーン「#おれたちホイヤー族」を10月9日(月)まで実施中
スイスの高級時計ブランド、 タグ・ホイヤーは、 直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」にて、
「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展を開催しています。
それを記念したSNSキャンペーン「#おれたちホイヤー族」を10月9日(月)まで実施しています。

TAG_Heuer_SNSキャンペーンイメージ
TAG_Heuer_SNSキャンペーンイメージ

タグ・ホイヤーの公式アカウントをフォローの上、 「#おれたちホイヤー族」のハッシュタグをつけて、 愛用のタグ・ホイヤーの時計や、 お好きなタグ・ホイヤーの時計の写真にメッセージと共にご自身のSNSにて投稿して下さい。 投稿していただいた画面を「エスパス タグ・ホイヤー表参道」の店頭で見せていただいた先着100名様に、 ヴィンテージ・ホイヤー・ロゴのワッペンをプレゼントいたします。
さらに、 投稿して下さった方の中から抽選で10名様に、 特製ギフトが当たります。 この機会にぜひご参加下さい。

【参加方法】
Step 1: 以下いずれかのタグ・ホイヤー公式SNSアカウントをフォローしてください。
Facebook  https://www.facebook.com/TAGHeuerJapan/
Twitter   https://twitter.com/TAGHeuerJapan
Step 2: ご自身のSNSに写真をアップ
お気に入りのタグ・ホイヤーの写真に「#おれたちホイヤー族」 というハッシュタグをつけてSNSへアップ。
愛用の時計やこれから手に入れたい時計など、 ご自由にタグ・ホイヤーの時計をアップして下さい。
その時計を好きな理由、 購入のきっかけや思い出等のエピソード、 メッセージを併せてご記載下さい。
※参加対象のSNSはFacebook、 Twitter、 Instagramとなります。
※投稿の設定が非公開または友人限定の投稿は対象外となりますので予め御了承ください。  

【プレゼント】
1.「エスパス タグ・ホイヤー 表参道 」にて、 先着100名様にオリジナルワッペンプレゼント
「エスパス タグ・ホイヤー表参道」にご来店の上、 SNS投稿した画面を見せてくださった方に、 1860年からの歴史を誇るタグ・ホイヤーで長年使用されたヴィンテージ・ホイヤー・ロゴのワッペンをプレゼントいたします。
2.抽選で特製ギフトプレゼント
SNSキャンペーンにご参加いただいた方の中から抽選で計10名様に特製ギフトをプレゼントいたします。
・ヴィンテージ・ホイヤーロゴ入りノート 各5名様
・ヴィンテージ・ホイヤーロゴ入りパスポートケース 各5名様

 

Heuer_ Ad Heuer chrono 1941 1
Heuer_ Ad Heuer chrono 1941 1

■応募資格
・ プレゼント発送の都合により日本国内に在住の方に限らせていただきます。
・ プレゼント発送は2017年10月下旬に発送いたします。
・ 投稿の設定が非公開または友人限定の投稿は対象外となりますので予め御了承ください。
・ ご応募は1アカウントにつき1回限りとさせていただきます。
・ タグ・ホイヤージャパン関係者も投稿可能ですが、 プレゼント抽選は対象外となります。

■「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展 について


スイス本社のミュージアムに所蔵されている貴重なヒストリカルピースを世界10都市で、 それぞれの都市を代表するホイヤー・コレクターの協力のもと同時に展示する初のエキシビションです。
東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」をテーマに、 2017年9月16日(土)から10月9日(月)まで、 直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー表参道」で、 50点以上の最大規模で展示しています。

1860年創業のタグ・ホイヤーは、 150年以上にわたる時計の開発・製造の歴史を通して、 革新的なタイムピースを世に送り出してきました。 今回のエキシビションでは、 東京をはじめパリ、 ジュネーブ、 ミュンヘンなど10の都市ごとに展示テーマが設られており、 それぞれの都市のテーマに合わせて、 歴史を彩ったユニークなホイヤー・ヴィンテージ・ウォッチがスイスの時計製造の中心地、 ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社ミュージアムから世界に旅立ちました。
また、 それぞれの都市のホイヤー・コレクター所蔵品も展示される予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です