ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「怖い絵」展 アニメ『紙兎ロペ』とのコラボグッズ販売決定

「怖い絵」展 アニメ『紙兎ロペ』とのコラボグッズ販売決定
JR上野駅構内「上野ランド」で10月1日から先行発売
産経新聞社などが主催する「怖い絵」展・東京展(10月7日~12月17日)が上野の森美術館で開催されるのを前に、 アニメ『紙兎ロペ』とのコラボレーションが決定。 コラボ企画第1弾として、 10月1日(日)よりJR東日本上野駅構内の「上野ランド」で、 アートフレームガチャ(サイズ縦53ミリ、 横46ミリで台座付き、 400円・税込み)を7種類、 先行販売します。 「怖い絵」展の“怖さ”に加え、 “かわいさ”と“面白さ”が融合した世界をお楽しみいただけます。

アートフレームガチャ
アートフレームガチャ

■紙兎(かみうさぎ)ロペ
下町を舞台に、 紙兎「ロペ」と紙リス「アキラ先輩」の2人の、 なにもないようでいて、 それなりに楽しい日常を描くショートアニメーション。 シュールでゆるい会話による独特の世界観が人気を呼んでいます。
フジテレビ系「めざましテレビ」で月曜から金曜の毎日放送中。
公式サイト  https://kamiusagi.jp

■上野ランド produced by KENELEPHANT エキュート上野店
住所:東京都台東区上野7-1-1、 JR東日本上野駅構内3階
問い合わせ:株式会社ケンエレファント(Tel:03・5259・5371)

■「怖い絵」展とは
絵画をただ見るだけではなく、 モチーフや時代背景などをひもときながら秘められたエピソードを紹介し、 斬新な美術解説書としてブームを巻き起こしたドイツ文学者、 中野京子氏による『怖い絵』シリーズ。 本展は2007年の第一作刊行10周年を記念して企画されました。
中野氏自らが特別監修を務める本展では、 シリーズにも登場した大作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」が初来日。 「9日間の女王」の異名を持ち、 権力争いの果てにわずか16歳で断頭台の露と消えたイングランド初の女王、 レディ・ジェーン・グレイ。 その最期をドラマティック、 かつ超絶技巧で描いた本作は、 ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する作品の一つです。 その貴重さ、 またタテ2.5メートル、 ヨコ3メートルという巨大さからヨーロッパでも数回しか貸し出されることのなかった作品ですが、 度重なる交渉の末に、 今回奇跡的に来日を実現させました。 シリーズ登場作以外にも、 セザンヌやターナーなどの巨匠の作品をはじめ、 本展のためにセレクトした西洋名画が登場。 国内外25を超える美術館などから約80点が結集します。
「怖い絵」シリーズの世界観を美術展でも楽しめるように、 絵画鑑賞のヒントも併せて展示。 かつてない知的好奇心に満ちた内容となっています。 兵庫県立美術館で開催された同展(7月22日~9月18日)では約27万人の来場者を記録しました。

■「怖い絵」展 東京会場
会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
会期:10月7日(土)~12月17日(日)※会期中無休
料金:一般1600円(前売り券・団体券1400円)、 大学・高校生1200円(同1000円)、 中学・小学生600円(同500円)、 小学生未満無料
主催:産経新聞社、 フジテレビジョン、 上野の森美術館
問い合わせ:ハローダイヤル(Tel:03・5777・8600)
公式サイト: http://www.kowaie.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です