ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】9/25-10/1ウィークリーランキング 大団円を迎えた「ひよっこ」、最終回から1週間が経った「スマステ」が上位に!

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】9/25-10/1ウィークリーランキング 大団円を迎えた「ひよっこ」、最終回から1週間が経った「スマステ」が上位に!
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 webサイト「ザテレビジョン」にて、 【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=9月25日~10月1日)を発表しました。 【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、 盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。 今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標です。 【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

【人物ランキング】
1位 小池百合子/2位 嵐/3位 星野源

 第1位 小池百合子(261,615pt)
(※政治に関するトピックのため、 webサイト「ザテレビジョン」では上記のワードに解説を入れておりません。 ポイントに従ってランキングには表示いたしますが、 媒体としては解説を加えないというスタンスを取らせていただいています)

 第2位 嵐(204,450pt)…53枚目のシングル「Doors ~勇気の軌跡~」を11月8日(水)にリリース。 同曲は、 10月14日(土)にスタートする櫻井翔主演ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)の主題歌に。 また、 松本潤の主演映画「ナラタージュ」が10月7日(土)に公開されることを記念したラジオ特別番組「松本潤の回想録」が、 10月6日(金)、 13日(金)、 20日(金)の夜11時30分~11時55分にTOKYO FMとJFN38局で放送されることが決定した。

 第3位 星野源(80,512pt)…9月28日に「SONGSスペシャル 星野源」がNHK総合でオンエア。 9月10日に行われた、 全国ツアー「星野源 Live Tour 2017『Continues』」の最終公演となる埼玉・さいたまスーパーアリーナでのライブ映像を紹介。 番組ナビゲーターとして、 5月に放送された特番「おげんさんといっしょ」で星野源が扮した“おげんさん”が登場し、 ライブ構成や曲について解説した。 番組最後には、 「おげんさんといっしょ」について「やるかもしれませんわよ」と触れ、 多くのファンから第2弾を希望する声が上がった。

【ドラマランキング】
1位 ひよっこ/2位 おんな城主 直虎/3位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON

 第1位 ひよっこ(93,397pt)…9月30日にNHK総合ほかで、 最終回となる第156回がオンエア。 みね子(有村架純)ら谷田部家が洋食店「すずふり亭」を訪れ、 かつて実(沢村一樹)が感動したハヤシライスをみんなで味わう一方、 秀俊(磯村勇斗)がみね子との結婚の許しをもらい大団円となった。 魅力的なキャラクターが多く、 SNSでは続編やスピンオフの要望が盛り上がりを見せている。 また、 全話の平均視聴率は20.4%を記録した(ビデオリサーチ調べ、 関東地区)。

 第2位 おんな城主 直虎(35,454pt)…10月1日にNHK総合ほかで放送された第39回「虎松の野望」では、 龍潭寺で直親(三浦春馬)の十三回忌法要が行われ、 直虎(柴咲コウ)は成長した虎松(菅田将暉)と6年ぶりに再会。 井伊の里を見て回り、 ひそかに井伊家の再興を決心する姿が描かれた。 虎松を演じる菅田の本格的な登場となり、 野心あふれる姿に今後の展開を期待する声も。 また、 新たな出演者として明智光秀役に光石研が決定した。

 第3位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON(25,659pt)…2018年公開予定で映画化が決定している「コード・ブルー―」。 9月26日に、 浅利陽介が打ち上げ時の写真をアップして話題になり、 27日は、 戸田恵梨香が演じた緋山美穂子の誕生日ということでファンがお祝い。 また、 投票受付中のザテレビジョン「第94回ドラマアカデミー賞」読者票の途中集計結果では、 作品賞1位のほか、 主演男優賞1位に山下智久、 助演男優賞1位に浅利、 3位に有岡大貴、 助演女優賞1位に新垣結衣、 2位に戸田、 ドラマソング賞1位と各部門に名を連ねている。

【アニメランキング】
1位 けものフレンズ/2位 おそ松さん/3位 プリンセス・プリンシパル

 第1位 けものフレンズ(1,026,365pt)…9月27日、 ニコニコ生放送で「第13回けものフレンズアワー」が放送され、 キャスト陣8人が出演。 各人が近況を報告する中、 尾崎由香は「誰も私と遊んでくれない~」と嘆きながら、 愛猫ぴあとの生活を報告した。 放送後、 尾崎は自身のTwitterで「けものフレンズアワーご視聴ありがとうございました 私たちは、 ずっとフレンズです つまりは…これからもどうぞよろしくね」とコメントした。 また、 10月4日(水)から文化放送にて、 ラジオ番組「けものフレンズ presents フレンズ探検隊」がスタートすることが明らかに。

 第2位 おそ松さん(104,724pt)…第2期放送開始を目前に、 盛り上がりが加速する中、 10月13日(金)~15日(日)の期間、 新宿エリアの映画館で開催される初めてのアニメフェス「アニメフィルムフェスティバル東京2017」内での「おそ松さん」イベントの詳細が発表された。 司会は「おそ松さん」ファンで知られるハライチの岩井勇気が務める。 また、 9月30日発売の雑誌「Popteen」の表紙に、 6つ子のおそ松、 カラ松、 チョロ松、 一松、 十四松、 トド松が登場。

 第3位 プリンセス・プリンシパル(52,788pt)…19世紀末に東西に分断された架空のロンドンを舞台に、 スパイ活動を繰り広げる女子高校生たちを描く「プリンセス・プリンシパル」。 7月から9月までTOKYO MXほかで放送されたが、 そのTV放送終了記念として、 全12話が「ニコニコチャンネル」にて9月27日~10月10日(火)に期間限定で無料配信。 また、 Blu-ray&DVDの第1巻、 オリジナルサウンドトラック「Sound of Foggy London」も9月27日に発売と、 27日は“プリンセス・プリンシパルDAY”となった。

【バラエティーランキング】
1位 SmaSTATION!!/2位 ナカイの窓/3位 水曜どうでしょう

 第1位 SmaSTATION!!(32,276pt)…9月23日の最終回当日に東京タワーがスマステカラーにライトアップされたことについて、 関係各所へ感謝の言葉が続々と届いている、 と東京タワー公式キャラクター・ノッポン弟がツイッターで報告。 そのツイートに対し、 ファンからお礼のリプライがあふれている。 9月30日は番組終了後最初の土曜となったが、 「土曜の夜になると、 慎吾くんが東京タワーの前からあいさつしてくれそうな気がする」と“スマステロス”を実感する視聴者の声も多数あがった。

 第2位 ナカイの窓(18,749pt)…9月27日に日本テレビ系で「母校を愛してますSP 第5弾」が放送され、 ゲストが母校愛を語った。 でんぱ組.incの夢眠ねむは、 東京・多摩美術大学の、 縄で体を縛りアートとして写真を撮るサークル“縄研”を紹介。 縄研の学生がスタジオに登場し、 ゲストMCの山里亮太を縛り上げる一幕も。 また、 人気声優・伊波杏樹と、 中居正広、 山里でアニメのアフレコに挑戦することに。 中居の初アフレコについて聞かれた伊波が「口パクが完璧でした」と評価すると、 中居は「口パクのプロと言われていた」と返し、 スタジオは爆笑に包まれた。

 第3位 水曜どうでしょう(18,424pt)…「水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2017」の最終日となった静岡会場で、 「水曜どうでしょう」(HTB)の藤村忠寿ディレクターが「来年は新作放送します!」と発表し、 番組ファンの注目を集めた。 出演者の“ミスター”こと鈴井貴之もTwitterで「またしても藤やんのフライングか。 」「期待しないでください。 今のところ(ロケ経過)あんまり面白くありません。 」と、 この件についてつぶやいた。

【熱トピ】
「ずっとコントをやっていた」かまいたちが「キングオブコント」で2477組の頂点に!

 上記4つのランキングには入らないが、 テレビ界で注目を集めているトピック=【熱トピ】では、 かまいたち(41,688pt)をピックアップ。 かまいたちは、 濱家隆一と山内健司によるお笑いコンビ。 10月1日、 エントリー総数2477組からコント日本一を決める「キングオブコント2017」の決勝戦がTBS系で放送され、 同コンビが優勝して10代目王者の座に着いた。 濱家は「ずっとコントをやっていたのでコントの一番と言われる大会で優勝できてうれしかったです」と喜んだ。 一方、 山内は「このチャンスで全国区になりたいと思います」と宣言。

【視聴熱】とは、 SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、 世間で今注目を集めている「番組」や「人物」を発表。 視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、 ザテレビジョン独自の新指標です。 WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、 デイリー、 リアルタイムの視聴熱ランキングを紹介。 視聴率だけでは測れない、 本当に盛り上がっているテレビの話題を、 人々の“熱”から探ります。

●【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です