ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

三島スカイウォークが2017年度グッドデザイン賞を「ビジネスモデル」、「土木構造物」の2部門で受賞

三島スカイウォークが2017年度グッドデザイン賞を「ビジネスモデル」、「土木構造物」の2部門で受賞
全長400m、 日本一の人道吊り橋「三島スカイウォーク(運営:株式会社フジコー、 本社:静岡県三島市、 代表:宮澤俊二)」は、 公益社団法人日本デザイン振興会主催による「2017年度グッドデザイン賞」において「ビジネスモデル(観光施設)」と「土木構造物(吊橋)」の2部門でグッドデザイン賞を受賞しました。
受賞した各部門の概要、 受賞理由について詳細は以下のとおりです。

<ビジネスモデル(観光施設)>
■概要
日本一の長さ400mを誇る人道吊橋を主とした観光施設であり、 橋上からは富士山や駿河湾などの絶景が一望できます。 観光用の長大吊橋であることと、 その立案から設計・施工や施設の運営まですべてを100%民間資本で実現していることが全国的に例を見ない事業です。 背景には、 「社業を通じて地域社会に貢献する」という企業理念のもとで、 地元三島に恩返しが出来ないかと常々考えているなか、 東名高速道路からつながる伊豆縦貫自動車道の開通により、 三島の空洞化を危惧していました。 三島に日本一のものをつくることで観光客を集め、 地域の活性化に貢献したいという想いで建設・運営を行っています。 静岡県の推進する『「内陸のフロンティア」を拓く取組』に係る事業で、 周辺を代表する特産品である「箱根西麓三島野菜」などの地場産品の販売を行う売店「スカイガーデン」や、 地域農産物を使用した食事を提供するレストランが施設内に併設されています。

■デザイナー(事業者:株式会社フジコー)の思い
この事業を開始するにあたり、 数多くの障害や制限がありました。 箱根山の西麓は法令上基本的には開発が認められていない地域であるうえに、 民間企業が施主となり大きな吊り橋を建設することは全国的に前例のないことでした。 そのため、 行政サイドも初めての試みになることが多く、 開発の許認可に際して困惑が多々ありました。 土地の取得問題や建物の制限、 環境保全や森林保護、 防災などの各方面でも様々な問題がありましたが、 「地域に貢献する」という強い想いは、 年月を経るにつれて関係者や周辺地域に伝わり、 最終的には大勢の方々の期待と後押しを得ることができました。 施工面においても支間長400mの国内最長となる人道吊り橋の建設は技術者の経験と知識を結集しての挑戦となりました。

■受賞理由(公益社団法人日本デザイン振興会によるコメント)
民間企業が行政との垣根を超えて実行したプロセスは、 困難な壁の連続だったと想像する。 問題意識が高くアイデアや技術がある民間企業は多いが、 行政との連携や役割の慣例を変えて実行・実現させることは容易ではない。 仕組みのデザインを進める上で重要なマネジメントの優れた力量がうかがえる。 地域振興が注目される昨今、 企業が持つクリエイティブなポテンシャルが活きる形で達成した新しい取り組みとして注目した。 地域活性ビジネスの魅力を持続するには、 今後もビジネスのデザインが継続的に行われることを期待している。

<土木構造物(吊橋)>
■概要
三島スカイウォークは、 事業計画・調査・設計・施工・施設運営全てを民間資本で実現した観光用吊橋です。 人道吊橋として日本一の支間400mを誇り、 橋上からは富士山や駿河湾などの絶景を一望できます。 大吊橋をきっかけに三島へ観光客を誘致することで、 地域の活性化に貢献したいという企業理念のもと建設しました。 スリルを味わえるよう、 適度に揺れる設計としている他、 景色を堪能できるよう視野の拡大を図る工夫を施しており、 主塔は技術的にも難しい鋼管を曲げる加工を入れ、 形状にもこだわりました。

■デザイナー(設計:株式会社フジコー、 株式会社長大)の思い
複雑で急峻な谷間地形に架かる支間400mの吊り橋であり、 設計・施工に高度な技術的判断を要するものであることから、 学識経験者や地元自治体等による技術評価委員会を設置し、 計画段階から完成後の維持管理まで広く意見を求め計画に反映しました。 特に風に関しては、 現地風観測に加えて複雑な地形をモデル化した数値流体解析を行い、 橋に作用する風況を適切に把握し、 結果を設計風速に反映させて、 現地に即した安全性の高い耐風設計としました。 風抜きのため開口率70%のオープングレーチング、 厚み100mmの重量負荷のプレキャストRC床版、 およびフェアリングの設置を基本案として風洞試験を行い、 試験結果からRC床版の地覆付近にスリットを設置することでねじれに対する耐風安定性が大きく向上することを確認し、 設計に採用しました。 耐震においては、 主塔と桁間に粘性ダンパーを配置し、 道路橋示方書に準拠した耐震性能を確保しました。
■受賞理由(公益社団法人日本デザイン振興会によるコメント)デザイン的にはディテールの洗練に余地があるのが惜しまれるが、 大規模土木構造物しか提供できない空間・景観体験を、 存分に提供している。

<グッドデザイン賞とは>グッドデザイン賞は、 様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、 顕彰することを通じ、 私たちのくらしを、 産業を、 そして社会全体を、 より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。

<施設概要>
◎施設名:三島スカイウォーク
◎所在地:静岡県三島市笹原新田313
◎TEL:055-972-0084
◎URL: http://mishima-skywalk.jp

◎基本スペック:全長 400m、 高さ 70.6m、 歩道幅 1.6m 、 主塔全高 44m
◎営業時間:午前9:00から午後5:00まで
◎入場料金(往復渡橋):大人1,000円、 中高生500円、 小学生200円(幼児無料)
◎駐車場:普通車 400台(障がい者用5台含む)、 大型車 最大28台
◎トイレ:男性用/小16 個室10、 女性用/個室 32、 多機能トイレ/1
◎橋梁設計:株式会社長大
◎橋梁施工:川田工業株式会社
◎総工費  :約40億円

<運営会社>
◎会社名:株式会社フジコー
◎代表者:宮澤 俊二
◎設立年月:1974年6月
◎資本金:1,000万円
◎従業員数:327人(2014年12月現在)
◎事業内容  :アミューズメント事業・飲食事業・観光開発事業・ネットカフェ事業
◎本社所在地:静岡県三島市壱町田6-1
◎TEL:055-986-2235(本社代表)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です