ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

パーソナルメディアを使ったマーケティングサービス「drip」 雑誌メディアと連動したクロスメディア施策を展開

パーソナルメディアを使ったマーケティングサービス「drip」 雑誌メディアと連動したクロスメディア施策を展開
メディアを超えて製品を興味あるユーザーに届けるPR施策
パーソナルメディアを活用したマーケティングサービス「drip」は、 宝島社発行の人気雑誌『MonoMax』と連動し、 紙とWebを組み合わせたクロスメディアの広告施策を実施しました。


個人が企画・運営するパーソナルメディアを活用したマーケティングサービス「drip」を運営する株式会社ドリップ(東京都目黒区、 代表取締役社長:堀口英剛)は、 2017年9月発行の人気モノ系雑誌『MonoMax』と連動した広告施策を展開。 『MonoMax 2017年10月号』紙面とドリップが保有する各パーソナルメディアのWeb上で同一商品を取り上げ、 相互に導線を設けることでメディアを超えて読者に製品をPRする試みです。

■紙面で認知、 Webで長期的に購買喚起
 



雑誌広告はブランドの世界観をビジュアル的に表現でき商品認知に強い一方、 読者に対しての継続的なコミュニケーションが苦手でした。 対して個人の運営するメディアはコアな読者に深い共感を与えることが可能です。

今回の取り組みでは銀座に直営店舗を構える老舗革メーカー「プレリーギンザ(PRAIRIE GINZA)」の新作革財布・パスケースを紙面とWebで同時期に紹介。 雑誌からWeb媒体への導線を作ることで通常比1.5倍ほどの読者がパーソナルメディアのWebサイトに訪れました。

さらにWeb媒体では今後半年に渡り継続的に製品の使い込みの様子などを記事にて紹介する予定。 雑誌を読んでブランドに興味を持ったユーザーに対してWeb上で継続的にアプローチし、 ブランドの認知や商品購買に繋げていきます。

■実施媒体
<紙面>
『MonoMax 2017年10月号』 http://tkj.jp/max/201710/
<Web>
monograph( https://number333.org/2017/08/07/prairies-card-case/
DRESS CODE.( http://www.fukulow.info/prairieginza-wallet1/

■株式会社ドリップ 会社概要
代表者:代表取締役 堀口英剛 平岡雄太
設立:2017年1月17日
所在地:東京都目黒区上目黒4-35-12 ラフィーヌ上目黒210
URL: https://drip.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です