ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

~感謝やお祝いの気持ちを素直に伝える~消しゴムはんこで仏様を彫って、身に付けたり、贈ったり。

~感謝やお祝いの気持ちを素直に伝える~消しゴムはんこで仏様を彫って、身に付けたり、贈ったり。
株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、 2017年10月5日(木)に、 『消しゴム仏はんこ。 でごあいさつ』を刊行いたしました。

仏像などの仏様や仏教モチーフを消しゴムはんこに彫り、 そして法話をたのしむのが、 「消しゴム仏はんこ。 」。

今回は 「ごあいさつ」をテーマ に、 作品を身近なグッズに押したさまざまな実例、 生活シーンをお見せします。
シーン別に思いを伝える絵柄、 アイテムで 唯一無二の気持ち を贈ります。
誰かにごあいさつの言葉や気持ちを伝えるとき、 それは必ず自分の感覚を通したものになります。 まずは自分の気持ちにごあいさつをして、 自分を知ることからはじめてみるのもいいかもしれません。

仏様に触れ、 自分を見つめたとき、 多くの人、 もの、 現象によって生かされていることに気がつけば、 おかげさまという心で 感謝やお祝いの気持ちを素直に伝えられます

本書ではまずはじめに第一章で「自分へのごあいさつ」として、 自分の気持ちにごあいさつし、 自分を知ることからはじめます。 つくるものは日記や仏ふくろ、 スマホケースなど 日々身に付けたいものばかり
第二章では「周りの方々にごあいさつ」として、 おかげさまの心から生じる感謝の気持ちやお祝いの気持ちを込めてごあいさつ。 一筆線やラッピンググッズ、 年賀状などを作成します。
消しゴムはんこのはじめ方、 道具、 彫り方、 押し方も網羅し、 誰もがはじめやすい一冊なのはもちろん、 オリジナル作り、 応用もできるようポイントやヒント も紹介。

それぞれの「ごあいさつ」ごとに、 僧侶・麻田さんによる、 ゆるくて心がほぐれる法話 も掲載。
消しゴムはんこの世界を手軽に楽しみながら、 仏教の教え も一緒に体験できます。

【目次抜粋】
第一章:まずは自分の気持ちにごあいさつ
「はじめまして」/ダイアリー
「合掌」/スマートフォンケース
「大丈夫?」/冷え予防ソックス、 腹巻

第二章:おかげさまの心でごあいさつ
「ありがとう」/一筆線、 色紙、 手ぬぐい・熨斗、 シール、 ふせん
「また会いましょう」/匂い袋、 和ろうそく、 線香
「おめでとう」/年賀状、 ぽち袋

第三章:消しゴム仏はんこを彫って、 押しましょう
図案集


【著者プロフィール】
消しゴムはんこ作家・津久井智子と、 消しゴムはんこのお坊さん・麻田弘潤による仏教×消しゴムはんこ法話ユニット「諸行無常ズ」。  津久井智子/1980年、 埼玉県生まれ。 消しゴムはんこ作家。 中学生のときに趣味で消しゴムはんこ作りをはじめ、 2003年から職業として制作を開始。 書籍出版やワークショップ、 商品デザインのほか、 消しゴムはんこアートの作品展や、 壁画制作なども手掛ける。  麻田弘潤/1976年、 新潟県小千谷市の浄土真宗本願寺派寺院、 極楽寺に生まれる。 2006年中越地震で被災したことをきっかけにエコをテーマとした復興イベント「極楽パンチ」をスタート。 2011年東日本大震災のボランティアで津久井と出会い、 消しゴムはんこづくりを楽しんでもらいながら体験的に仏教思想を学ぶことの出来るワークショップを全国各地で行っている。

【書籍概要】
書 名:『消しゴム仏はんこ。 でごあいさつ』
著 者:津久井智子、 麻田弘潤 [諸行無常ズ]
仕 様:B5変形判、 96ページ
定 価:1,400円+税
配本日:2017年10月5日(木)
ISBN:978-4-416-61797-7

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416617977
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15072565/
ヨドバシ.com: http://www.yodobashi.com/product/100000009002835918/
Amazon: https://www.amazon.co.jp//dp/4416617976/
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_28625227.html
オムニ7: http://7net.omni7.jp/detail/1106812152

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です