ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『ウォーキング・デッド』シーズン8、日本最速!独占放送記念 「鳥取砂丘 砂の美術館」『ウォーキング・デッド』の砂像完成お披露目式を開催!

『ウォーキング・デッド』シーズン8、日本最速!独占放送記念 「鳥取砂丘 砂の美術館」『ウォーキング・デッド』の砂像完成お披露目式を開催!
日時:2017年10月4日(水)11:00~11:30 会場:鳥取砂丘 砂の美術館駐車場
FOXネットワークス株式会社は、 『ウォーキング・デッド』シーズン8を2017年10月23日(月)午後10時より日本最速!独占放送することを記念して、 鳥取砂丘 砂の美術館にて『ウォーキング・デッド』の砂像を展示することとなり、 その完成お披露目式を2017年10月4日(水)に開催いたしました。
本企画は砂の美術館の10周年を記念して開催する「鳥取砂のルネッサンス2017」シンボル砂像の第1弾として、 砂の美術館駐車場内にて公開砂像制作し、 第10期「アメリカ編」展示の一部として展開するものです。 今回は、 ニューズウィーク誌で「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた砂像彫刻家の茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)氏がデザインから彫刻まで、 総合プロデュースを行い、 『ウォーキング・デッド』に登場するゾンビを忠実に再現。 番組の世界観を、 約145トンもの砂を使用し、 高さ3.4m ×幅6.9m×奥行4.2mの巨大ゾンビ砂像で表現しました。  

 


 

 





鳥取市副市長 羽場恭一(はば きょういち)氏は「4月から始まった第10期の展示と、 今回の『ウォーキング・デッド』とのコラボレーションをきっかけに、 砂の美術館が全国、 そしては世界に広くPRできたらと期待しています。 茶圓さんのテクニックをぜひ多くの方に見て頂けたらと思います。 」とご挨拶。 さらに、 茶圓氏は「ゾンビを砂の彫刻で表現するというのは、 大きなチャレンジでした。 デジタル技術、 CG技術を駆使した映像の世界を、 砂というフットワークの軽い素材ならではの特徴を生かして、 飛び出す様子や、 逆に吸い込まれる感じを再現したので、 見て頂く方がびっくりして頂けたり、 感動して頂けるような表現ができたかな。 」と作品の魅力をご紹介されました。 当社取締役の杉田は「『ウォーキング・デッド』の最新シーズンが日本最速放送する絶妙のタイミングで、 今回このような機会を頂けたことに、 心から感謝します。 ゾンビの顔の腐敗感や表情と、 今にも飛び出してきそうな、 襲い掛かる手の感じの迫力に圧倒されています。 この砂像をきっかけに、 作品を知り、 FOXで観てみようと思ってくれる方が一人でも多くいてくださったら、 幸いです。 」と語りました。 イベントでは約40体のゾンビも登場し、 砂像完成を盛り上げました。
なお、 本作品は鳥取砂丘砂の美術館第10期展示アメリカ編と同じく2018年1月3日まで展示されています。
※天候による影響、 砂像の状態により、 展示期間が変更になる可能性があります。

   【お披露目式概要】
●日時: 2017年10月4日(水) 11:00~11:30
●場所: 鳥取砂丘 砂の美術館駐車場(鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17)
●展示内容: 『ウォーキング・デッド』の世界観を再現したゾンビの砂像を展示
●作品規模: 高さ3.4m ×幅6.9m×奥行4.2m (砂総量:約145トン)

【登壇者】
・鳥取市副市長 羽場 恭一(はば きょういち)氏
・茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)氏
・FOXネットワークス株式会社 取締役 杉田 真太郎(すぎた しんたろう)

【鳥取砂丘 砂の美術館】
鳥取砂丘にある世界初の「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館。
砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、 毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、 世界最高レベルの砂像を展示。
「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、 毎年テーマを変えて展示している。 2017年4月15日~2018年1月3日には第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」を開催。

茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)氏
鹿児島県南さつま市出身。 武蔵野美術大学卒業。
鹿児島県「吹上浜砂の祭典」にて総合プロデュース。
鳥取市「砂の美術館」にて総合プロデュース。
鳥取市「世界砂像フェスティバル」にて総合プロデュース。
WSSA主催砂像世界選手権シンガポール大会にて優勝。
その他各種砂像選手権大会に参加し入賞。
イタリア・トリノオリンピックコマーシャル砂像制作。
小澤征爾指揮の「東京オペラの森2007」では、 上野公園にて砂像制作。
2008、 2009年「OSAKA光のルネサンス」において大阪・中之島で砂像制作。
2011年鳥取市・第31回全国豊かな海づくり大会で「天皇皇后両陛下お出迎え砂像」「ウェルカム砂像」制作。
ニューズウィーク2009年7月8日号にて「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。
2015年「スター・ウォーズの覚醒」映画公開記念、 世界初ルーカスフィルム公認、 ウォルト・ディズニーがデザイン監修の砂像を制作。

【『ウォーキング・デッド』 放送スケジュール】
※放送スケジュールは変更になる場合があります 

『ウォーキング・デッド』シーズン8
FOXチャンネルで2017年10月23日(月)午後10時 日本最速!独占放送スタート
毎週月曜 午後10時~他 放送

※シーズン8は全16話の予定です。 前半8話は10月23日(月)から放送し、 後半第9話目以降は2018年2月に放送再開予定です。
※シーズン8放送直前の10月23日(月)午前6時よりシーズン7全16話を一挙放送します。

<ウォーキング・デッドとは・・・>
ベストセラーのアメリカン・コミックを原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。 コミックの作者ロバート・カークマンが本ドラマの脚本にも携わり、 製作には映画『ターミネーター』のゲイル・アンハード、 特殊メイク界の巨匠グレッグ・ニコテロなど多数の実力派クリエイターたちが参加。 2010年の放送開始以来、 毎シーズン常に記録を塗り替え、 アメリカで異例の高視聴率を記録し続けている。 人気はアメリカのみならず、 全世界からも注目を集め、 日本でも社会現象に。 各界の著名人にもファンが多く、 安倍首相がファンであることを公言したことでも話題となった。
“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる廃墟と化した世界で、 元保安官のリック率いる生存者たちが安住の地を求めて、 脅威に立ち向かう姿を描く。 過酷な状況下で、 人々は理性や道徳心を保つことが出来るのか。 極限状態に追い込まれた人間の心理を絶妙に描く。 シーズン8では、 リックたちが宿敵ニーガン率いる”救世主”とどう戦うのか、 また複数のコミュニティーの力関係や思惑が複雑に絡み合う、 壮絶な人間ドラマが見どころ。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です