ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『アサヒもぎたて期間限定まるごと搾りスウィーティー』発売

『アサヒもぎたて期間限定まるごと搾りスウィーティー』発売
爽やかで甘酸っぱいスウィーティー果汁使用!
アサヒビール株式会社(本社 東京、 社長 平野伸一)は、 RTD(※1)の主力ブランド「アサヒもぎたて」より、 期間限定フレーバー<まるごと搾りスウィーティー>(缶500ml・缶350ml)を2017年11月14日(火)から2018年1月末まで、 全国で発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。 購入後、 そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。 以下同じ。



 『アサヒもぎたて期間限定まるごと搾りスウィーティー』は、 柑橘類の一種“スウィーティー”(※2)の爽やかな甘さと程よい酸味のある、 みずみずしい味わいが楽しめる缶チューハイです。 収穫後24時間以内に搾汁したスウィーティー果汁を使用し、 独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※3)を採用することで、 果実本来の香味成分の劣化を抑制し、 つくりたてのおいしさと活きた果実の味わいを実現しました。

パッケージデザインは、 商品名「もぎたて」と、 「収穫後24時間以内搾汁」の文字を、 缶体中央に大きく記載し、 鮮度にこだわった商品であることを訴求します。
(※2)グレープフルーツと文旦の一種を配合して生まれた、 柑橘類の品種です。
(※3)香味劣化抑制技術と低温殺菌技術を掛け合わせた「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、 より低い温度帯での低温殺菌を実現し、 果実由来の新鮮な味わいをより高める製法。

 「アサヒもぎたて」は、 本年4月にクオリティアップを実施し、 各フレーバーに合わせて果汁や香味のバランスを見直すことにより、 活きた果実の味わいを強化するとともに、 ガス圧を高めることで、 よりすっきりとした後味を実現し、 飲み飽きない味わいとしました。 クオリティアップ後の味わいもお客様に高く評価いただき、 2017年4-9月累計の販売数量は、 前年比約106%と好調です。

アサヒビール(株)は、 これからの季節に旬を迎えるスウィーティーの果汁を使用した期間限定フレーバー発売により、 「アサヒもぎたて」の店頭での存在感をさらに高めていきます。 また、 TVCMを中心とした広告を始め、 積極的な販促活動を展開し、 RTD事業における代表ブランドとして取り組んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です