ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

米国の老舗オーディオブランド、NuForceが、その持てる音響技術の全てを投入して造り上げた、初のトゥルーワイヤレスイヤホン 「BE Free8」 10月13日発売

米国の老舗オーディオブランド、NuForceが、その持てる音響技術の全てを投入して造り上げた、初のトゥルーワイヤレスイヤホン 「BE Free8」 10月13日発売

 

 

 

 

米国 の老舗オーディオブランド、 NuForce が、 その持てる音響技術の全てを投入して造り上げた、 初の トゥルーワイヤレス イヤホン BE Free8 」  10 13 日発売

ワイヤレスオーディオ機器やIoT機器の輸入販売を行うバリュートレード株式会社(本社:東京都豊島区、 代表取締役:土山 裕和)は、 米国Optoma / NuForce (オプトマ ニューフォース)社が新たに手掛けた完全ワイヤレスイヤホン
“BEFree8”を2017年10月13日(金)に発売いたします。

 

 

 
  • ブランド紹介
    米国ハイエンドオーディオブランドにして、 数々の銘機をリリースし、 世界中から称賛を受け続けている Optoma/NuForce。 ハイエンドオーディオ製品開発の中で蓄積されたポータブルオーディオのラインナップは、 世界中の著名レビューアやメディア、 そしてオーディオマニアの方だけでなく、 より良い音をもっとカジュアルに楽しみたいという新しいユーザー層の方々からも熱い支持を集めています。
 
  • そんな、 世界中のオーディオファンに支持をされているNuForceブランドが、 高い音響設計スキルと高周波技術の全てを投入し、 現存する全てのトゥルーワイヤレスイヤホンの中で、 最高の音質を目指して設計されたのが、 「BE Free8」です。

  • ■商品の特徴
    【Sound quality(音質)】
    I . True Hi-Fi
  • その小さなケースに、 高周波回路など多くの部品を詰め込まなければならないトゥルーワイヤレスイヤホン。 その中でも、 スピーカードライバーがその音質を決定づける、 もっとも重要なパーツです。 「BE Free8」に採用されたドライバーには、 水素よりも高いイオン化エネルギーをもつ不活性金属を使用した「5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム」を採用した、 新開発ドライバー」を使用。
    大編成クラッシックを朗々と再生するフラットでパワフルな低音、 ハイハットの余韻さえ正確に伝える高音、 そして位相特性に優れ、 まるでアーティストの口元の形が分かるほどリアルな中音など、 すべてのレンジに渡り、 一聴してオーディオ専業ブランドが、 一切の妥協を廃して作り込んだとお判り頂けるサウンドです。




  • II  AACと aptX LL (Lo w Latency) に対応
    対応コーディックは、 高圧縮率で高音質なAACおよびSBCなどの他、 aptX LL (Low Latency)にも対応。 特にaptX LL対応スマホをご使用いただければ、 僅か-40msのレイテンシー(遅延)しかありませんから、 動画サイトやゲームなども、 映像と音のズレをほとんど気にすることなく、 快適に楽しんでいただけます。


  •   III NFMI (近距離磁界誘導)

  • 最先端技術「NFMI」とは左右の耳の間で双方向に音を伝送しあうために開発された技術、 通信に電波ではなく電磁誘導を利用します。 ワイヤレス機器にはつきものの音切れを最小限に抑え、 より快適に音楽を楽しむことができます。

    IV   簡単ペアリング機能

  • 「NFMI」と「Bluetooth4.1」、 2つの最先端テクノロジーにより、 ペアリングの煩わしさを極限まで排除しました。

  • 初めての接続から約12時間の間、 左(L)側のイヤホンをバッテリーボックスから取り出しただけでBluetooth機器に自動的にペアリング。 右(R)側ボタンの2秒間の長押しで「トゥルーワイヤレスイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)」が完成します。

    V  コンファタブルフィット

  • イヤホンのフィット感にもストレスフリーを実現、 快適なリスニングに向け3つのコンファタブル(快適)を設定しました。
    1. 人間工学的「エルゴノミクス」で設計されたイヤホンは快適なフィット感

  • 2.日米で特許を取得しているSpinFitがBE Free8用に開発した超薄型フランジのイヤーチップを採用。

  • 3.防水規格IPX5による使用環境を選ばない使用感。


  • VI  バッテリーボックスII(Cocoon(繭型))

  • バッテリーボックスは、 「Cocoon(繭型)」タイプで作成しました。 僅か、 縦7cm×横(最大)6cm×厚さ(最大)2.5cmのコンパクトサイズ。 手のひらにスッポリ入る大きさで、 角のないCocoon(繭型)シルエットはナチュラルな感触です。



  • バッテリーボックスの充電は付属のUSBケーブルを通じてUSBポートより行います。 三つの白色LEDインジケーターでの表示内容でバッテリー残量が確認できます。



  • 「Cocoon(繭型)」バッテリーボックスは、 500mAhリチウムイオンバッテリーを搭載したロングバッテリー設計です。 最大3回のフル充電(合計12時間分の容量)を可能にし、 イヤホン本体は「Cocoon」の中で、 約180分でフル充電となります。

    VII  高い通話品質

  • CVCノイズキャンセリングマイクが内蔵されています。 喧騒の街中でも快適に会話のできる高い通話品質を実現しました。

    ■主な商品仕様
    【サウンド】
    ドライバーダイヤフラム: 5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム
    ドライバーユニット: Dynamic型6mmドライバー
    応答周波数: 20Hz-20KHz
    インピーダン: 32Ω
    感度: -42dB+-3dB
    イヤホン感度 : 92±3dB at 1K Hz
    【接続】
    BE Free8 : Bluetooth 4.1、 範囲10m(フリースペース)、 サポートヘッドセット(HSP 1.2) 、 ハンズフリー(HFP 1.6)、 A2DP 1.3/AVRCP 1.4プロファイル
    バッテリーボックス :MicroUSB-コネクタ
    【オーディオ】
    SBC, AAC, aptX low latency
    【マイクロホン】
    CVCノイズキャンセリングマイク
    【バッテリー/電源】
    イヤホン本体:左(L) 80mAh, 右(R) 50mAh, / 音楽再生および通話時間 約4時間
    バッテリーボックス:500mAh / イヤホン本体へ最大3回のフル充電(12時間分の容量)
    【その他】
    重量 (kg):イヤホンセット(CP350 tips含め) 11g バッテリーボックス 44g
    充電時間:イヤホン 2時間(フル充電)バッテリーボックス3時間(フル充電)
     【付属品】
    ・Spinfit (CP350) イヤピース S/M各1pcs
    ・Spinfit (CP100Z)イヤピース SS/S/M 各1pcs
    ・バッテリーボックス
    ・MicroUSB-ケーブル
    ■商品概要
    <商品名>
    BE Free8 Black(トゥルーワイヤレスイヤホン)
    <価格>
    16,880円(税抜)
    <カラーバリエーション>
    ブラックのみ
    <発売日>
    2017年10月13日(金)
    <予約開始>
    2017年10月7日(土)下記販売店にて受付開始
    <販売店>
    eイヤホン、 ビックカメラ、 ヨドバシカメラ 、 フジヤエービック、 アマゾン、 蔦屋家電、 蔦屋書店など(順不同)

    ■会社概要
    商号  : バリュートレード株式会社
    代表者 : 代表取締役 土山 裕和
    所在地 : 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-27-17
    設立  : 2014年1月
    事業内容: 1) ワイヤレスオーディオ機器、 IoT機器の輸入販売
          2) モバイルアクセサリーの輸入販売
          3) 自社ECサイトの運営
    URL   :  http://www.v-trade.co.jp/
    商品紹介URL : https://youtu.be/6LitgmEZNzw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です