ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

JTB中部×熱海市熱海市観光ブランド・プロモーション事業 「意外と熱海」から「やっぱり熱海」へ

JTB中部×熱海市熱海市観光ブランド・プロモーション事業 「意外と熱海」から「やっぱり熱海」へ
~V字復活の熱海が新たなキャンペーンを発表~
株式会社JTB中部(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長:松本 博 以下、 JTB中部)は、 熱海市より平成25年度から受託している熱海市観光ブランド・プロモーション事業の一環で、 新たなキャンペーンを展開することを熱海市長(齊藤 栄)とともに熱海市役所にて、 本日発表いたしました。
昨年度の熱海市の宿泊者数は、 301万人と2年連続300万人を超え、 平成25年度当初立てた入湯人員275万人泊の目標を大きく超えています。 同年よりスタートした「熱海市観光ブランド・プロモーション事業」をJTB中部が3年間一括受託し、 熱海市と連携して事業を推進してきた「意外と熱海」キャンペーンの成果であると言えます。 本日、 「意外と熱海」キャンペーンの検証と、 更なる熱海市への誘客を目的とした新キャンペーン、 「やっぱり熱海」の事業内容を下記の通り発表いたしました。
■事業概要
1.四季のテーマに沿った新コンテンツ開発:橙(だいだい)の新メニューを平成30年2月にリリース熱海の名産である「橙」を、 市・JAあいら・料理研究家・市内飲食店がタッグを組みメニュー開発する。 海産物だけでなく、 季節を感じることができる熱海ブランドの一つとして確立させる。
2.熱海ゆかりのテーマ観光:強運めぐり 頼朝の三社詣(伊豆山神社、 箱根神社、 三嶋大社)バスツアー
3.官民協働:ご視察さんいらっしゃいの仕掛けづくり
行政視察や、 民間企業視察など、 V字回復の話題と共に積極的に受け入れる。 視察メニューは「意外と熱海」で開発した「まちあるきスイーツクーポン」など。
4.リピーター調査:実際に熱海に来たことのあるリピーターのデプスインタビュー実施し改めて強みと弱みを精査する。
5.先進地視察:ハワイ州観光局訪問をきっかけに次世代ブランドや移民マーケット取込を狙う
6.外国人受け入れ態勢整備とマーケティング:静岡県立大学共同研究開発 外国人対応アプリ来春リリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です