ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

クラウドECプラットフォーム「ebisumart」が、クレジットカードセキュリティに関する国際基準「PCI DSS」の準拠証明を取得した決済オプションサービスを提供開始

クラウドECプラットフォーム「ebisumart」が、クレジットカードセキュリティに関する国際基準「PCI DSS」の準拠証明を取得した決済オプションサービスを提供開始
株式会社インターファクトリー(本社:東京都千代田区、 代表取締役:蕪木 登、 以下 インターファクトリー)が提供するクラウドECプラットフォーム「ebisumart」は、 クレジットカードセキュリティに関する国際基準「PCI DSS」の準拠証明を取得した決済オプションサービスの提供を開始します。


背景
2016年2月に経済産業省が主導し、 クレジット取引セキュリティ対策協議会より「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が発表されました。 なりすまし等の不正使用によるEC加盟店からのクレジットカード情報の漏えい事故対策として、 EC事業者は2018年3月までに、 下記いずれかの対応が求められています。
 
  • クレジットカード業界の国際セキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠する
  • クレジットカード情報を非保持化する(自社で保有する機器・ネットワークにおいてカード情報を「保存」「処理」「通過」しないこと)

現在ECにおいてクレジットカード情報を保持するEC事業者は、 国際カードブランド5社(American Express、 Discover、 JCB、 MasterCard、 VISA)が共同で策定したクレジットカード業界の国際セキュリティ基準「PCI DSS」への準拠が必要です。 しかし、 EC事業者が独自で「PCI DSS」に準拠するには多大な費用と労力がかかります。

そこで、 クラウドECプラットフォームを提供する「ebisumart」は、 クレジットカードセキュリティに関する国際基準「PCI DSS」の準拠証明を取得しました。


サービス概要
「ebisumart」を導入するEC事業者は、 「PCI DSS」の準拠証明を取得した決済オプションサービスを導入することで、 決済画面の個別カスタマイズを行いながら、 クレジット取引セキュリティ対策協議会からの計画に対応することができます。
 
サービス名 PCI DSS準拠証明オプション
導入初期費用 1店舗あたり10万円(税抜)~*1
月額費用 1店舗あたり5万円(税抜)
サービス対応済決済会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社*2
利用環境 TSL1.2対応ブラウザ



インターファクトリーは、 今後もEC業界の発展および導入企業のECビジネス活性化に寄与するため、 お客さま目線の価値のあるソリューションを提供してまいります。


*1 決済画面のカスタマイズ内容によって導入初期費用が変動する場合がございます。
*2 サービス対応決済会社につきましては、 随時追加予定です。
   決済会社対応状況の詳細は、 弊社までお問合せください。


 

【インターファクトリー会社概要】
会社名:株式会社インターファクトリー
所在地:東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4階
代表者:代表取締役 蕪木 登
設立:2003年6月
資本金:116,400,000円
事業内容:クラウドECソリューション「ebisumart」事業
http://www.ebisumart.com
URL: http://www.interfactory.co.jp

【本件に関するお問合せ先】
会社名:株式会社インターファクトリー
担当:マーケティング戦略部 広報担当 花田・窪田
TEL/FAX:03-5211-0056(平日 9:30~18:00)/ 03-5211-0059
E-mail:contact@interfactory.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です