ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

中部全「6」路線で片道「6」円のスーパースターセール

中部全「6」路線で片道「6」円のスーパースターセール
ジェットスター・ジャパン 2018年春 名古屋拠点化へ向けたキャンペーン第一弾
10月17日(火)~22日(日)まで、 毎日午後「6」時に「ラッキー6」が訪れる特別な6日間
ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、 代表取締役社長:片岡優)は、 2017年10月17日(火)18時より、 中部国際空港を発着する国内・国際全6路線を対象とした片道6円(座席数限定)のスーパースターセールを実施いたします。

ジェットスター・ジャパンは、 今後の機材数増強による路線網の拡充、 および運航品質の向上を図るため、 2018年春を目処に名古屋(中部国際空港)の拠点化を計画しています。

2013年3月中部国際空港に新千歳線および福岡線の2路線、 合計1日最大4往復8便で就航したジェットスター・ジャパンは、 同空港から国内外に就航する唯一のLCCとして、 中部路線を6路線、 1日最大8往復16便にまで拡大し、 おかげさまでこの夏までに、 名古屋市の人口*1を超える300万人のお客様にご利用いただきました。

中部国際空港のある東海地方は、 三大都市の一つである名古屋市を中心に、 世界遺産や歴史的建造物といった観光名所や、 テーマパークなどのエンターテイメント、 万博やサミットへの国際対応力、 旅行者を惹きつける地元グルメなど、 国内外問わず幅広い世代の人気を集めるエリアです。 また、 航空機や自動車など製造業の一大集積地でもあります。 中部国際空港に拠点を置くことで、 新規路線の開設や増便などによる路線網の拡充が可能となり、 レジャーやビジネスを目的にとしたお客様の選択肢を広げ利便性を向上します。 さらに、 関係各所との連携を強化し、 中部経済圏の発展に貢献していきたいと考えています。

今後ジェットスター・ジャパンでは、 2018年春の名古屋(中部国際空港)の拠点化に向けて様々なキャンペーンを開催する予定です。 まずは第一弾として、 先月9月より開始したジェットスターの新ブランドセール「Super Star Sale(スーパースターセール)」を明日10月17日(火)よりスタートします。 どこでも颯爽と飛び立つスーパースターのように、 このセールを活用して中部の空をもっと自由に、 そして楽しい旅へ飛び立って欲しいと考えています。

今回のセールでは、 中部「6」路線を支えていただいた、 お客様への感謝の気持ちと今後さらなる利便性の向上にご期待いただきたいという思いを込め、 新千歳、 福岡、 沖縄、 鹿児島、 台北、 マニラの中部全「6」路線にて、 片道「6」円で航空券を提供します。 10月17日(火)より22日(日)まで、 毎日午後「6」時にやってくる「ラッキー6」に是非ご期待ください。

*1 平成29年9月1日現在の名古屋市推計人口総数 2,313,524人 名古屋市HPより

■スーパースターセール概要
名古屋(中部)全6路線 片道6円~ ※曜日・座席数限定
※中部全6路線が、 セール開始日から6日間、 毎日午後6時に1路線ずつ片道6円になります。
その他の国内線も片道2,990円~の運賃にてセール期間中常時販売(完売次第終了)

<セール期間>
2017年10月17日(火)12:00~10月23日(月)18:00
※名古屋6路線片道6円セール:2017年10月17日(火)18:00~10月22日(日)の毎日午後6時スタート

<搭乗期間>
6円対象路線:2017年11月7日(火)~2018年2月1日(木)
その他国内線:2017年11月7日(火)~2018年3月1日(木)

6円セール詳細:

※国内線のセール対象となる搭乗日は、 上記期間内の火、 水、 木曜日となります。

※セールは完売次第終了となります。 セール期間は延長される場合があります。 2017年12月28日(木)~2018年1月9日(火)を除きます。 販売座席数には限りがあります。 上記搭乗期間内でも、 セールが適用されない日があります。 セール運賃はエコノミークラス「Starter」の片道運賃です。 支払手数料、 空港使用料等が別途必要です。 国際線は燃油サーチャージ不要です。 受託手荷物の料金は含まれません。 セールには諸条件が適用されます。


【ジェットスター・ジャパンについて】
「日本の空、 世界の空を、 もっと身近に。 」をビジョンとして掲げ、 2012年7月より東京(成田)、 大阪(関西)、 札幌(新千歳)、 福岡、 沖縄(那覇)に就航し日本国内線の運航を開始しました。 その後、 名古屋(中部)、 大分、 鹿児島、 松山、 高松、 熊本へと国内の就航地を広げたのち、 2015年2月の香港線の開設を皮切りに同年11月の台北線、 2016年3月のマニラ線、 2017年6月の上海線と国際路線網を拡充しています。 また、 2017年12月に初の成田と宮崎を結ぶ定期運航便を就航します。 現在、 国内最大のLCCとして国内16路線、 国際9路線を21機のエアバスA320型機(180人)で1日約100便を運航しており、 就航から5年で2,100万人以上のお客様にご利用いただいています。 なお、 ジェットスター・ジャパンには豪カンタスグループ、 日本航空株式会社、 三菱商事株式会社、 東京センチュリー株式会社が出資しています。 http://www.jetstar.com 
*国内路線数、 国内運航便数(2017年9月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です