ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「相田みつを手帳2018」10月16日(月)より発売。こころの支えになる、これからの生き方の指針になる大切な言葉を収録!

「相田みつを手帳2018」10月16日(月)より発売。こころの支えになる、これからの生き方の指針になる大切な言葉を収録!
手帳を開くたび、大切な言葉と出会えます。
スターツ出版株式会社(東京都中央区、 代表取締役社長:菊地修一)は、 「相田みつを手帳2018」を10月16日(月)より全国書店、 および相田みつを美術館で発売いたしました。


自分の書、 自分の言葉で「いのち」を見つめつづけた相田みつを。 「相田みつを手帳2018」は、 こころの支えになる、 これからの生き方の指針になる大切な言葉を月ごとに紹介。 切り取って飾ったり、 人に贈ることができる作品ページもついています。

【相田みつをプロフィール 】
1924年、 栃木県足利市生まれ。 1954年、 第1回個展を足利市にて開催。 その後、 亡くなるまで約20回の個展を開いた。 1955年、 ろうけつ染めの技術を学び暖簾、 風呂敷等を制作。 足利の老舗商店の包装紙やしおりのデザインを手がけた。 1984年、 初めての本『にんげんだもの』を出版。 大きな反響を呼び発行部数は200万部を超えた。 1991年、 足利市内の病院で永眠。 享年67歳。 没後も作品の評価は高まる一方で、 2017年ノーベル経済学賞を受賞した米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授も絶賛している。

10月16日(月)全国書店または相田みつを美術館にて発売!
定価1,500円+税 ISBN978-4-8137-7014-5

◆問い合せ先 :スターツ出版株式会社  広報担当 佐々木 
TEL:03-6202-0311 Mail: contact-stp@starts-pub.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です