ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

アジア小学生新聞、4年目突入!

アジア小学生新聞、4年目突入!
インドネシア、タイ、台湾の小学校・先生を対象とした市場調査・視察のコーディネートを開始
アジア・日本でエンタテイメントビジネスをプロデュースする株式会社トキオ・ゲッツがインドネシア・タイ・台湾で展開する小学生向けの新聞教材・アジア小学生新聞「ASIAN ELEMENTARY TIMES」が、 発行から4年目を迎えました。 アジア小学生新聞は2013 年にインドネシア・ジャカルタにて発刊。 科学、 実験、 英語などの楽しく学べる教育コンテンツを、 配布地域の言語に翻訳し、 無料配布しています。 現在ではインドネシア・タイ・台湾の小学校計2700校以上に配布される大きなメディアとなりました。 株式会社トキオ・ゲッツでは、 この小学校との直接のネットワークを活かし、 アジア子ども市場参入を狙う企業の広告掲載やプロモーション、 調査などを請け負っています。 また、 現在では小学校の先生向けに紙面のPDF版のメール配布をスタート。 今後は小学生だけではなく、 先生ネットワークを活用したアンケート調査なども可能となり、 アジア子ども教育市場のマーケティング活動にさらにお役立ていただけるようになりました。

[ アジアキッズマーケティング事例 ]

トピックス1. アジア小学生のお小遣い事情   
※トキオ・ゲッツ各支店にて独自調査
○日本 【平均金額(一か月)】低学年…407円 高学年…653円
【使い道】 1位…お菓子 2位…マンガ、 本 3位…ゲーム
※洋服や交通費などは家庭から支払うのが一般的、 必要な分だけその都度、 渡すという家庭も多い
○台湾【平均金額(一か月)】
低学年:~500元(約1,700円)…68.8% 高学年:500元~999元(約3,300円)…6.0%
【使い道】お菓子や飲料…66.0% 文房具…64.9% 服、 靴、 鞄…19.1% 
     ゲーム、 おもちゃ…13.7% アニメ製品…13.1% 貯金…約80%
※全体の約58.4%がお小遣いをもらっている
○タイ 【平均金額(一日)】 低学年 …約45B(約140円)高学年 …約65B(約200円)
【使い道】学校にお金を持参し、 売店でお菓子、 飲み物、 おもちゃを買うという意見が大多数です。 ランチがない学校ではランチ代、 バス通学の子はバス代をプラスしてもらいます。
※タイは1日毎にお小遣いをもらうのが一般的
○インドネシア 【平均金額(一か月)】
高学年~Rp100,000(約830円 )…80% Rp100,000~Rp 300,000(約2,500円)…20%
【使い道】お菓子や飲料…80% 文房具…40% 本や雑誌…40% マンガ…20% 貯金…80%
※もらう頻度としては1週間に1回が最も多い。


トピックス2. タイの子どもが好きな日本のキャラクターベスト20

※タイ・バンコク近郊の小学生300名を対象にアンケートを実施。
※ご要望に合わせたトピックでのアンケートが可能です。

アジア小学生新聞「ASIAN ELEMENTARY TIMES」概要

●配布先  :インドネシア(ジャカルタ近郊)、 タイ(バンコク)、 台湾(台北近郊)
●配布数  :2700校 (最大アプローチ可能人数⇒148万人*)
●判型   :タブロイド版 フルカラー 全4ページ
●購読料  :無料
●発行頻度 :隔月・年6回※学校の長期休暇に合わせて変動あり
●ターゲット:小学校の生徒、 およびその家族、 教員
●配布方法 :弊社契約のデリバリー会社が小学校へ直接デリバリー
       学校が生徒へ配布(図書館への設置、 食堂への設置、 他)

※最大アプローチ可能人数…新聞配布学校数×1学校の平均生徒数から換算


アジア小学校、 キッズマーケットの市場調査、 視察、 アンケートサンプリング等にご興味のある方は、 お問い合わせください。 また、 小学生新聞紙面ではインドネシア、 タイ、 台湾の小学生とその家族、 先生をターゲットとする商品・サービスをお持ちの企業様の広告掲載を募集しています。 媒体詳細などについて、 ご興味がございましたらぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です