ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ジェイテクト、東京モーターショーサテライト企画を銀座ショールームで開催

ジェイテクト、東京モーターショーサテライト企画を銀座ショールームで開催
株式会社ジェイテクトは、多摩美術大学とのコラボレーション企画として「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」をコンセプトに、50年後のクルマの「曲がる」を思索。
株式会社ジェイテクトは、 第45回東京モーターショー2017 に合わせて、 サテライト企画「MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~」を開催。 銀座ショールーム「JTEKT ROOM Ginza」を会場に10月18日(水)からオープン。

株式会社ジェイテクトは、 第45回東京モーターショー2017 に合わせまして、 当社ショールーム「JTEKT ROOM Ginza」 にて2017年10月18日(水)から11月24日(金)まで、 東京モーターショーサテライト企画を実施。

多摩美術大学のデザインチームが、 50年後のモビリティ社会におけるJTEKTの「曲がる技術」の意味を、 一年に渡って思索。 アート、 メディア、 工学…異質な経験とスキルを兼ね備えたメンバーが、 本プロジェクトのために集結。 自動運転や相互接続があたりまえのものとなった未来環境を踏まえつつ、 美術大学ならではの表現方法で、 JTEKTの技術の未知なる可能性と、 可動する宇宙「MOBIVERSE」の姿を予言。

【 企画コンセプト 】
『 MOBIVERSE ~未来のモビリティの可能性~ 』
情報技術が発達し、 様々なものを知ることができるようになる未来社会、 それでも人々は体験を求めます、 体験をするために、 それでも人は「移動」する。
未来のクルマの形は、 今のような姿形をしているとは限りません。 日常で使っている、 イスやベッドにモビリティ機能を付け加えることで、 移動手段となるのかもしれません。 そしてその移動体1つ1つがネットワークでつながることで、 生物の群れのように調和しながら、 優雅な振る舞いを披露する。 そんな未来社会の可能性を、 ジェイテクトが手がける「曲がる」をキーに表現。

【 企画内容 】
1.Drive Simulator
JTEKT ROOM Ginzaの80インチモニターを用いて、 来場者自らが操作できる体感映像。
来場者はオブジェクトとモビリティユニットを組み合わせる未来の移動装置を操作して様々な環境の中でどのように走行するかを操作・体感。

2.Web Site
Drive Simulator のLite版をウェブサイト(URL: http://jtekt-sp.com/mobiverse/ )を通じて体験。
JTEKT ROOM Ginza 以外の場所でもバーチャルに体感。

3.3D Data Down Load
Drive Simulator で登場するオブジェクトの3Dデータを配布。
3Dプリンターでオブジェクト実物を作り出すことが可能に。

【プロジェクトメンバー】
多摩美術大学メディア芸術コースの教員2名と卒業生3名からなる、 スペシャルユニット。
異質な経験と思考、 スキルを交錯させることで、 モビリティの未だ見ぬ可能性を思索する。

■谷口 暁彦 : 1983年生。 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース講師。

■小林 諒  : 1992生。 同校大学院 美術研究科 修士課程修了。 京都市立芸術大学大学院
美術研究科 修士課程 彫刻専攻在籍。

■ひつじ : 1989年生。 同校大学院デザイン専攻情報デザイン研究領域修了。

■上 航  : 1990生。 同校メディア情報コース卒。 コンセプトアーティスト/デザイナー。
近年の作品は 「Code of the Revolutionary : PV00(XSHELL inc.)」など。

■久保田 晃弘 : 1960年生。 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授/メディアセンター所長。
衛星芸術プロジェクトARTSATをはじめ、 自然知能と美学の数字的構造、 ライヴ・パフォーマンスなど、 領域を横断・結合するハイブリッドな創作の世界を開拓中。
 

MOBIVERSE
MOBIVERSE

JTEKT ROOM Ginza 休館日
原則 土曜・日曜(当社カレンダーによる)
※ゴールデンウィーク、 夏季休暇、 年末年始の休館予定は 随時お知らせします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です