ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「文系力」こそ時代をサバイバルする最強スキル!齋藤孝が教える「文系力」の鍛え方・生かし方とは?

「文系力」こそ時代をサバイバルする最強スキル!齋藤孝が教える「文系力」の鍛え方・生かし方とは?
AI時代をけん引する文系の強みとは!?

株式会社詩想社(本社:渋谷区 代表取締役社長:金田一 一美)は、 『「文系力」こそ武器である』(齋藤孝著・詩想社新書) http://www.shisosha.com/saito.html を2017年10月23日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

『「文系力」こそ武器である』齋藤孝著・詩想社新書
『「文系力」こそ武器である』齋藤孝著・詩想社新書


理系偏重の時代だからこそ「文系力」で生き残れ!
ベストセラーを連発する(明治大学教授)齋藤孝先生が最重要ととらえているのが、 「文系力」。 かつて、 文科省が国立大学文系学部の縮小方針を示した際に、 「文系軽視」であるとして多くの知識人から異論が噴出したことは記憶に新しい。 役に立つ理系に対し、 役に立たない文系とみなされがちな昨今、 実は「文系力」こそ時代をサバイバルする必須スキルなのです。

 

では、 「理系的な頭の良さ」を凌駕する「文系的な頭の良さ」とはいったい何なのか?
段取り力・俯瞰力・語彙力・要約再生力・改革力・概念創造力・感性・鑑識眼・コミュニケーション力・教養……その他幾多の才能を内包する「文系力」を知の巨人齋藤孝氏が徹底解説。

 

明治維新や近代日本の発展を支えた文系力や、 古代から最先端のベンチャー企業まで世界をリードしてきた文系力のエピソードをひもとき、 弱肉強食が強まる現代・先の読めない未来を生き抜く武器として生かす方法をあらゆる角度から伝授します。
「文系力」を一気にバージョンアップする読書法2種と、 理系マインドをも獲得できる読書術、 超速新書活用法も公開。

 

時代を引っぱり、 未来を切りひらく「文系力の磨き方・生かし方」が詰まった1冊。

IT全盛・AI時代の今だからこそ文系の強みを発揮するための必読の書です。
 


【もくじ】

まえがき 眠っている「文系力」を呼び覚まそう
第1章 なぜいま、 「文系軽視」の時代なのか
第2章 文系人間、 理系人間とは何者か
第3章 理系にはない文系の強み
第4章 社会から求められている文系の力
第5章 「文系力」が世界を変える
第6章 「文系力」を磨く読書法

【著者:齋藤 孝(さいとう たかし)】
1960年静岡県生まれ。 東京大学法学部卒業。 同大学大学院教育学研究科博士課程等を経て、 明治大学文学部教授。 専門は教育学、 身体論、 コミュニケーション論。 著書に『声に出して読みたい日本語』『雑談力が上がる話し方』『語彙力こそが教養である』などがある。


【書誌情報】
書名:『「文系力」こそ武器である』詩想社新書 http://www.shisosha.com/
定価:994円(税込)
判型・体裁:新書判・並製
頁数:224頁
ISBN:978-4-908170-02-7
発行日:2017年10月23日

【販売サイト】
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4908170029/
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15172074/
セブンネットショッピング: http://7net.omni7.jp/detail/1106822583
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です