ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

天体を追尾する赤道儀機能と、タイムラプス撮影を行う際に便利な回転モードを搭載した小型・軽量の電動雲台「スリックECH-630」発売

天体を追尾する赤道儀機能と、タイムラプス撮影を行う際に便利な回転モードを搭載した小型・軽量の電動雲台「スリックECH-630」発売
11月10日(金)から、全国カメラ店・量販店にて
株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、 代表取締役社長:山中 徹)は、 スリック株式会社(本社:埼玉県日高市、 代表取締役社長:山中 徹)製造の小型・軽量の電動雲台「スリック ECH-630」の販売を、 2017年11月10日より開始いたします。 天体を追尾する赤道儀機能と、 タイムラプス撮影を行う際に便利な回転モードを搭載した製品で、 希望小売価格は57,900円(税別)。
スリック ECH-630


小型軽量ながら最大5kgまでの機材を搭載可能。 天体を追尾する赤道儀機能と、 タイムラプス撮影を行う際に便利な回転モードを搭載した電動雲台。 [2017年11月10日発売]

起動画面

メニュー画面

●寸法
縦84×横86×高さ65mm(突起部含まず)

●重量
630g

●雲台取付ネジ
U1/4

●三脚取付ネジ
U1/4・U3/8(アダプターを外した場合)

●赤道儀モード使用時の最大搭載重量
5kg(モーメント荷重20kg・cm以下、 回転中心より10cmで約2kg)

●タイムラプスモード使用時の最大搭載重量
本体テーブル面と地面が水平に近い状態:5kg
本体テーブル面と地面が垂直に近い状態:2kg
(モーメント荷重20kg・cm以下、 回転中心より10cmで約2kg)

●電源
単3電池4本(ニッケル水素電池も使用可能)
DC5V(マイクロUSB、 使用時には乾電池も必要)

●動作時間
約20時間(アルカリ電池、 20℃)

●動作温度
-10℃-40℃

●駆動方式
ウォームホイル(ステッピングモーター駆動)

●赤道儀モード
恒星、 月、 太陽時、 星景(0.5倍速)、 南天・北天

●タイムラプス
右回転、 左回転、 往復
回転角度:5度-360度(5度単位)、 エンドレス
回転速度:1回転あたり48時間、 24時間、 12時間、 6時間、 3時間、 1.5時間、 1時間、 30分、 15分

●希望小売価格
¥57,900(税別)

●JANコード
4906752209745

ECH-630の特長
天体撮影ができる赤道儀機能と、 タイムラプス撮影を行う際に便利な回転モードを搭載した電動雲台です。 小型、 軽量で出っ張りの少ないスクエアデザイン。 液晶ディスプレイ付きで多彩なモード変更が可能。 大小2つの北極星のぞき穴と、 Vカット溝で極軸あわせが簡単。 さらに別売の微動雲台「SMH-250」を使用すれば、 より簡単に行えます。


単3形電池4本で駆動(電池は別売)
ECH-630は単3形電池4本で駆動。 写真には2本しか写っていませんが、 残り2本は反対側の電池ボックスにセットする構造になっています。
また、 マイクロUSBポートを備え、 モバイルUSBチャージャーからの給電に対応する。 (USB給電時にも単3電池4本は必要)
 


大小2つの北極星のぞき穴
底面に大小2つの北極星のぞき穴を装備しており、 極軸合わせが簡単。 大きなのぞき穴でおおまかに合わせてから、 小さなのぞき穴で微調整します。
また、 ダブルネジアダプターが付属し、 U1/4ネジ(小ネジ)とU3/8ネジ(大ネジ)の両方に対応。
 


赤道儀として使用時のイメージ(一例)
三脚上にSMH-250微動雲台を高度調整ウェッジを取り付けた状態で載せ、 その上にECH-630を取り付けます。 SMH-250を使って北極星を導入します。 ECH-630には自由雲台(写真ではSBH-330)を取り付け、 その上にカメラを搭載します。
 


上下方向タイムラプス機能使用時のイメージ(一例)
雲台をつけた状態の三脚上にECH-630を取り付けます。 上下タイムラプスの場合、 カメラを横位置にセットする必要があるため、 ECH-630上にさらに雲台を取り付けて、 その上にカメラをセットします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です