ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「ブラザーの森 郡上」で森林保全活動を実施

「ブラザーの森 郡上」で森林保全活動を実施
植樹開始から10年の節目 郡上市長から感謝状
ブラザー工業は、 「ブラザーの森 郡上」で20回目となる植樹活動を10月14日に実施し、 従業員やその家族、 郡上市職員、 森林組合員など約150名が参加した。

ブラザー工業は、 岐阜県、 岐阜県郡上市とともに、 郡上市内のスキー場跡地をはじめとする計3カ所を「ブラザーの森 郡上」とする協定を2008年に締結し、 森林の復元を目指して活動してきた。 締結以降、 年に2回、 春と秋に植樹を行っており、 今回を含め、 これまでに植えた樹木が約5,900本に達した。

今回は、 締結10年の節目として、 日置(ひおき)郡上市長から感謝状が贈られたほか、 全20回すべての植樹活動に参加した従業員4名が記念植樹を行った。

今後、 ブラザーではさらに5年の協定期間延長を予定しており、 本活動を継続していきたいとしている。

全植樹活動に参加した従業員の記念植樹
全植樹活動に参加した従業員の記念植樹

日置郡上市長(右)から感謝状を受け取る代表取締役 専務執行役員の石黒氏(左)
日置郡上市長(右)から感謝状を受け取る代表取締役 専務執行役員の石黒氏(左)

木を植える参加者
木を植える参加者

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です