ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

映画ファンよ集え!映画愛を戦わせるTwitterバトルTSUTAYAとFilmarksによる「映画ドラフト会議」開催決定!

映画ファンよ集え!映画愛を戦わせるTwitterバトルTSUTAYAとFilmarksによる「映画ドラフト会議」開催決定!
700人以上が参加した企画がパワーアップ!Tポイント100ポイントが当たるキャンペーンも
株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼COO:中西 一雄/以下、 TSUTAYA)は、 国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」(運営会社:株式会社つみき 本社:東京都目黒区/代表取締役社長:鈴木貴幸)と共同で、 Twitter上でテーマ毎にオススメ映画を紹介しあって映画愛を競う、 映画好きによる映画好きのための企画「映画ドラフト会議」を、 本日17時より開催いたします。

また、 SNSでのオススメ映画の投稿や、 「映画ドラフト会議」への投票でTポイントが当たるキャンペーンもご用意し、 全国の映画ファンと共に本企画を盛り上げます。


「映画ドラフト会議」特設ページ: http://tsutaya.tsite.jp/feature/movie/eiga_draft/index

TSUTAYA公式Twitter: https://twitter.com/shop_TSUTAYA
Filmarks公式Twitter: https://twitter.com/filmarks

9月にハッシュタグ「#映画タイトルマッチ」を使用して、 Twitterでゲリラ的に実施したバトルでは、 勝敗を決める投票やユーザーによるオススメ作品の投稿など、 のべ700人以上がSNS上で参加しました。 「#ご飯が食べたくなる映画」「#かっこいい死に様」などのテーマにあわせた、 映画通なら思わず反応してしまうタイトルの掛け合いが話題を呼び、 今回パワーアップしての実施が決まりました。

今回はスポーツファンが注目する秋の大イベント、 プロ野球ドラフト会議の開催にあわせ、 同じように映画ファンが集い盛り上がるイベントを目指す「映画ドラフト会議」と名を変え、 TSUTAYA、 Filmarksの両アカウントが映画愛を競わせます。

プロ野球ドラフト会議の最注目トピックにかけた『清宮選手におすすめしたい!「#ベスト野球映画」』や、 季節に合わせた『芸術の秋。 やっぱり映画に欠かせない「#音楽が最高すぎる映画」』など、 7つのテーマに沿ってオススメ映画を紹介しあい、 TSUTAYAとFilmarks、 どちらの映画チョイスが映画ファンの心に響いたかを、 ユーザーの投票によって決定いたします。 (※お題一覧は文末を参照)

本企画に併せ、 Tポイントが当たる参加型のキャンペーンも開催します。 特設ページから投票をいただいた方全員にTポイント1ポイントを、 さらに「#映画ドラフト会議」と「#(お好きなお題)」の2つのハッシュタグをつけて、 自身のオススメ映画をSNSで投稿いただいた方の中から、 抽選でTポイント100ポイントを100名様にプレゼントいたします。

TSUTAYAとFilmarksは、 「映画ドラフト会議」などの企画を通じて、 お客様が素晴らしい映画と出会える作品の提案を行い、 また映画ファンが集い楽しめる場を提供してまいります。

【映画ドラフト会議 Tポイントキャンペーン概要】
1.SNSへのオススメ作品の投稿、 2.特設ページからの投票、 にてTポイントをプレゼントいたします。

応募期間:
1.10月24日(火)~11月17日(金)24時
2.10月26日(木)19時~11月17日(金)24時
賞品:
1.Tポイント100ポイント(100名様)
2.Tポイント1ポイント(全員プレゼント)
応募方法:
1.ハッシュタグ「#映画ドラフト会議」と、 7つのテーマから選んだ「#(お好きなお題)」をつけてSNSにて投稿
2.特設ページより必要事項を記入し投稿
当選発表:
ポイントの付与をもって発表にかえさせていただきます

<参考資料>
■10月26日実施 「映画ドラフト会議」テーマ一覧


第1巡目:清宮選手におすすめしたい!「#ベスト野球映画」
第2巡目:もうすぐハロウィン!「#思わずコスプレしたくなるキャラ」
第3巡目:秋の夜長におすすめ!「#観始めたら止まらない傑作ドラマ」
第4巡目:芸術の秋。 やっぱり映画に欠かせない「#音楽が最高すぎる映画」
第5巡目:秋の夜長、 じっくり見返したい名優ロバート・デ・ニーロの傑作は?「#ベスト・オブ・デニーロ」
第6巡目:秋だけに…Fall in LOVE「#俳優に恋しちゃう映画」男性編
第7巡目:秋だけに…Fall in LOVE「#俳優に恋しちゃう映画」女性編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です