ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ヘルステックベンチャーのFiNC アプリを活用した特定保健指導サービスを提供開始

ヘルステックベンチャーのFiNC アプリを活用した特定保健指導サービスを提供開始
~日本航空・日本旅行・ファイザーなど、大手健保26団体が導入を決定!~
予防ヘルスケアxAIテクノロジーに特化したヘルステックベンチャー株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:溝口勇児、 以下「FiNC」)は、 厚生労働省により義務づけられている特定保健指導※1に対応した新サービス「FiNC特定保健指導」を、 平成29年度より提供することをお知らせいたします。
既に日本航空健康保険組合・日本旅行健康保険組合・ファイザー健康保険組合 (五十音順)など、 大手健康保険組合26団体への導入が決定いたしました。

特定保健指導は、 医療費削減の一環として厚生労働省により平成20年に始まった制度で、 加入者のメタボリックシンドロームの解消を図っています。 管理栄養士などの専門家との対面面談や、 月に1度程の電話やメールによる継続支援等を実施していますが、 参加負担の大きさと成果がでにくいことから、 全国平均実施率が17.5%以下と低く※2、 参加者の約60%※3の人がメタボリックシンドロームを解消できていないという結果がでています。

 

新サービス「FiNC特定保健指導」は、 FiNCがこれまで150以上の企業・団体に提供してきた、 健康経営・ウェルネス経営サポートサービス「FiNC for BUSINESS」※4の実績と、 蓄積された膨大なデータやノウハウをもとに開発しており、 人工知能(AI)など最新のヘルスケアテクノロジーと、 医師や栄養士・トレーナー等といったヘルスケアの専門家による、 FiNCアプリを介したオンラインマンツーマン指導を行なうことで、 実施率向上ならびに生活習慣改善を促進させ、 メタボリックシンドロームの解消を実現するプログラムとなっています。

【参照】
◇       FiNC特定保健指導について
FiNC特定保健指導はFiNCアプリを活用したオンライン完結型のプログラムです。 管理栄養士との遠隔面談やFiNCアプリを介した専門家によるオンラインマンツーマン指導によって実施率を向上させるだけでなく、 生活習慣改善のための行動変容を促進させる仕組みを作り、 メタボリックシンドロームを解消させるためのプログラムを開発しました。

遠隔面談やFiNCアプリによるフォローなど従来よりも手厚いサポートにより、 対面の面談・指導が困難であった地方拠点の従業員や、 複数回対象者に該当する方、 被扶養者に対する実施率向上が期待され、 既に日本航空、 日本旅行、 ファイザーなど健康保険組合26団体に導入が決まっています。 なお、 FiNC特定保健指導は、 成果報酬型プランと通常プランの2つのプランからお選びいただくことができます。

 

◇       FiNC特定保険指導 導入企業様(一例)(50音順)
カゴメ健康保険組合
キユーピー・アヲハタ健康保険組合
グラクソ・スミスクライン健康保険組合
日本航空健康保険組合
田辺三菱製薬健康保険組合
東洋製罐健康保険組合
日本交通健康保険組合
日本事務器健康保険組合
日本旅行健康保険組合
野村證券健康保険組合
BIJ健保保険組合
ファイザー健康保険組合
古河電工健康保険組合
 

◇       FiNC特定保健指導ご採用のメリット
1. 実施率向上
以下により、 加入者の利用負担を大幅に軽減し実質率を向上させます。

・遠隔面談の実施
   指定の場所に足を運ばなくても面談を実施できるので、 これまで参加が困難だった地方拠点の従業員や被扶養者の方も面談を手軽に受けることが可能です。

・FiNCアプリで手軽に歩数などのライフログを自動で記録
 FiNCアプリでは、 スマートフォンを持って歩くだけで歩数が自動的に記録されます。 他にも、 「スマート体組成計」や指定のウェアラブルデバイスにより、 体重・睡眠も自動的に記録することができます。

 
2. 加入者のメタボリックシンドロームを解消
指導で受けたアドバイスを、 加入者が継続して実施することができるよう、 以下の取組みを行ないます。 継続することでメタボリックシンドロームの解消をめざします。

 ・FiNCアプリで一人ひとりのライフスタイルにあわせたマンツーマン指導
 プログラム開始後、 面談を行ない個人にあったパーソナライズな生活習慣改善のための計画を策定します。 その後は、 スマートフォンで食事を撮影し、 投稿するだけで、 栄養士などの専門家によるマンツーマンの食事および生活習慣指導を受けていただくことができます。 その方のライフスタイルにあわせたアドバイスを行うので、 加入者はモチベーションを保ちながら継続することができます。

  ・1年間の継続フォロー(成果報酬型プランの場合)
    特定保健指導要綱で定められている6ヵ月間の指導ではなく、 次の健診までの1年間を加入者の負担のない形で継続フォローを行い、 リバウンド防止及び生活習慣改善のための行動変容促進を行います。

3.事務作業の軽減
これまで特定保健指導対象者に対して参加呼びかけのための通知文の作成、 また参加者に対する面談日程調整取りまとめなど膨大な事務作業が発生していました。
FiNC特定保健指導では、 チラシや通知文書の作成をサポートいたします。 また電子化された申込フォーマットをご用意して参加希望者とFiNCが直接、 申込から面談日程調整まで行なうことで、 健康保険組合の担当者の方は、 事務作業の軽減を図ることができます。

 

【特定保健指導の概要】
名称:FiNC特定保健指導
プラン:
   (1)成果報酬型プラン(1年間サポート)
    積極的支援・動機付け支援
   (2)通常プラン(6ヵ月間サポート)
    積極的支援・動機付け支援

FiNCは、 今後も企業の健康経営の実現をサポートし、 世界一のウェルネスカンパニーを目指して邁進してまいります。


※1 特定保健指導は、 健康診断(特定健診)でメタボリックシンドローム、 又はメタボリックシンドローム予備軍と判定された40歳以上の方を対象として、 厚生労働省が健康保険組合に実施を義務付けている保健指導プログラムです。 特定健診の結果から、 生活習慣病の発症リスクが高く、 生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、 専門スタッフ(保健師、 管理栄養士など)が生活習慣を見直す指導を行います。
※2 平成27年度、 「特定健康診査・特定保健指導の実施状況について」より
※3 平成27年度、 「特定健康診査・特定保健指導の実施状況について」より
※4 法人向けウェルネス経営サービス「FiNC for BUSINESS」は、 従業員とご家族の心身の健康向上をサポートするオールインワンパッケージサービスです。 「FiNC for BUSINESS」を利用している企業の従業員は、 専用アプリケーション「FiNC@WORK」で生活習慣等を調査する質問に回答すると、 一人ひとりにパーソナライズされたアドバイスや優待サービスを受けることができます。 特許を取得した「パーソナルコーチAI」テクノロジーを内蔵するアプリケーションが、 従業員一人ひとりの生活習慣や悩みにあわせた健康・美容アドバイスをいたします。 また、 人事や経営層は、 「FiNC INSIGHT」で組織・部門ごとに「従業員の心身の健康状態を数値で『見える化』することができる」ので、 人事制度の見直しや人材配置の調整などの具体的対策を講じることが可能となります。



<株式会社FiNCについて>
当社は、 「すべての人にパーソナルコーチを…」をミッションに掲げる予防ヘルスケア×AIテクノロジーに特化したヘルステックベンチャーです。 社内には医師や薬剤師、 栄養⼠やトレーナー等の予防領域の専⾨家と、 データサイエンティストやエンジニア、 遺伝子や生物学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団です。


会社名 : 株式会社FiNC        設 立 : 2012 年 4 月 11 日
代表者 : 代表取締役社長 溝口勇児  資本金 : 2,241百万円
所在地 : 東京都千代田区有楽町1丁目12−1 新有楽町ビル 5階
URL :  https://company.finc.com/

 

〈提供サービスURL〉
パーソナルトレーナーAIアプリ「FiNC」: https://finc.com
法人向けウェルネスサービス「FiNC for BUSINESS」: https://corporate.finc.com/business/
FiNC MALL:  https://mall.finc.com/
FiNC ダイエット家庭教師:  https://dietcoach.finc.com/
FiNCオンラインワークス: https://onlineworks.finc.com/
プライベートジム事業(有楽町/赤坂・永田町/銀座/原宿):  https://gym.finc.com
遺伝子及び血液検査等各種検査サービス


※記載されている会社名・商品名は、 各社の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、 サービス/製品の価格、 仕様、 お問い合わせ先その他の情報は、 発表時点の情報です。 その後予告なしに変更となる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です