ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

今なお語り継がれる伝説のロックバンド、レッド・ウォーリアーズ、彼らのデビュー30周年を記念した中野サンプラザ公演(昼の部)を、WOWOWで全曲ノーカットにて11月5日(日)独占放送!

今なお語り継がれる伝説のロックバンド、レッド・ウォーリアーズ、彼らのデビュー30周年を記念した中野サンプラザ公演(昼の部)を、WOWOWで全曲ノーカットにて11月5日(日)独占放送!
レッド・ウォーリアーズ デビュー30周年記念ライヴ『King's Rock'n Roll』11月5日(日)夜8:00 [WOWOWライブ]
http://www.wowow.co.jp/reds30th/


 レベッカのリーダーとしてバンドの初期を牽引したギタリストの“シャケ”こと木暮武彦がレベッカ脱退後に結成したロックバンド、 レッド・ウォーリアーズ。 シャケの変幻自在のギターとワイルドでブルージーなロックスター、 ダイアモンド☆ユカイのヴォーカル、 そして小川清史のグルーヴ感溢れるベースが融合したスケールの大きなロックサウンドは、 1985年の結成から解散まで僅か4年間の活動ながら“伝説”として今なお語り継がれている。
1989年の解散後、 活動再開と休止を何度か繰り返してきた彼らだが、 今年に入りデビュー30周年を記念したスペシャルライヴの開催を発表、 チケットは争奪戦となった。 そして、 9月2日。 中野サンプラザで30周年記念ライヴの待望の追加公演が行われた。

 会場に詰めかけた誰もが高揚を隠せずにいる。 期待と興奮で張り詰めた空気感が会場を包む。 SEが鳴り止み、 そしてシャケがギターかき鳴らす。
1曲目は「King's Rock'n'Roll」だ。 デビュー3年目にしてKINGの風格を感じさせた王道のナンバー。 ユカイのヴォーカル、 そしてシャケとキヨシのコーラスが「王様の帰還」を高らかに宣言する。 それを満場の観衆が熱く迎え入れる。
続いて、 「Foolish Gambler」。 仲間たちを馬鹿正直に信じて突き進む。 そんな意思表示が改めて歌われる。 マイクスタンドを振り回し、 ステージ狭しとユカイが歌い叫ぶ。 そして、 骨太でブルージーな「Wild And Vain」。 赤い照明に染められながら、 あっという間に会場がRED’S一色となった。


 衝動を駆りたてるスリリングなナンバーが続き、 聴衆が高揚で満たされる。 その後で、 純度の高いラブソングが披露される。 ユカイもアコースティックギターを手にして歌ったロッカバラード「Lady Blue」。 イントロが奏でられるだけで胸がかきむしられる名曲「ルシアン・ヒルの上で」。
彼らがただのストリートのならず者であったならば、 時代の心を鷲掴みにはしなかったかもしれない。 ワイルドさと表裏一体の刹那さと儚さが、 誰もの心を魅了したのだ。 会場では涙を浮かべて聴き入るオーディエンスの姿が目立った。 彼らの琴線に触れたのは、 汚れなきピュアな心そのものだった。

 会場を感動の余韻が包んだ後は、 再びロックナンバーによる快進撃が始まる。 「Casino Drive」は、 夢を追い求めることを宣言した彼らのセカンドアルバム表題曲。 今なお転がり続ける彼らの生き様を象徴するアンセムだ。 「Shock Me」「Royal Straight Flush R&R」と続き、 ボルテージがMAXIMUMを刻んだところでステージ本編が終了した。
 そして熱狂的に迎えられたアンコール。 演奏されたのはデビューシングルにして反逆の歌「Outsider」だった。 そこに彼らの変わらぬ信念を感じた者も多いことだろう。 ラストの「Wild Cherry」に至るまで、 アニバーサリーライヴ特有のノスタルジーが混ざる隙間は無かった。
グルーヴ感、 疾走感、 そして、 ヒリヒリとした緊張感。 レッド・ウォーリアーズのステージは、 ロックンロールそのものだった。

 愚直なまでにバンドに全てを賭けた彼らは、 流行りすたりとは一線を画していた。 格好だけの音楽とは対極の存在だった。 生き様がロックンロールだった。 活動に一切の妥協を許さなかったからこそ、 僅か4年で解散し伝説となった。
 デビュー30周年。 彼らが描いた活動の軌跡は、 後進のミュージシャンたちにとって、 ロックの道標となっている。 伝説の封印が解かれた奇跡のステージを、 11月5日(日)にWOWOWで全曲ノーカットにて独占放送される番組で見届けて欲しい。


■■■WOWOW番組情報■■■
レッド・ウォーリアーズ デビュー30周年記念ライヴ『King's Rock'n Roll』
11月5日(日)夜8:00 [WOWOWライブ]

収録日/場所:2017年9月2日/東京 中野サンプラザ

<放送楽曲>
「King's Rock'n'Roll」
「Foolish Gambler」
「Wild And Vain」
「John」
「Old Fashioned Avenue」
「Monkey Dancin'」
「欲望のドア」
「野生の風」
「Lady Blue」
「ルシアン・ヒルの上で」
「Casino Drive」
「Back to Life」
「Shock Me」
「Royal Straight Flush R&R」
「Outsider」
「バラとワイン」
「Wild Cherry」
※昼の部の公演を全曲ノーカットにて放送

  <プレゼントキャンペーン実施中!>
抽選で100名様にRED WARRIORS × WOWOW 限定Tシャツ(Lサイズ)プレゼント!

ご応募は11月30日(木)まで受付。


★ライヴダイジェスト映像を番組サイトで公開中!

詳しい情報は番組サイトをチェック!
【番組サイト】 http://www.wowow.co.jp/reds30th/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です